« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016.02.28

仮面ライダーゴースト(2月3週目)

 第19話 爆発!絵を描く心!

 アベルがイゴールに次の計画の話してたよね。今、ふと気が付いたんやけどアベルとジャベル、名前が似てるということはジャベルはアベルの手足ともいうべき部下ってことなんかな。となるとアランが命令しても全然あかんよね。
 アベルはいずれ私がすべて支配するためにもなとつぶやいてる、自分が跡継ぎであるという自覚からきてるんやろけど。ということはアランの立場は危ういんちゃうん。邪魔になったらアベルから消されるかもしれへんやん。

 イゴールの今回の作戦は、地上の物体を抽象画にしちゃうこと。なんか抽象画を立体化したような眼魔で裸の大将みたいなしゃべり方、芦屋雁之助さんが懐かしくなるような。
 八百屋にお供え物を買いに来た御成。リンゴを手にしようとしたらリンゴが絵になっちゃうし、あれっと思ってると急に頭がむずむずしてきて御成の頭も抽象画になっちゃう。むずむずしてるときの御成の頭にこぶみたいなのがもこもこ動いてたよね、最近のCGは違和感なくこういうのも見せちゃうんやね。

 びっくりして風呂敷をかぶって店から飛び出していく御成。

 地下研究室の方では、眼魂の成分を研究中のアカリ。イゴールにめっちゃ刺激されてるし。そう言えば最近のアカリは完全に地下室の主になっちゃってるよね。仙人が忙しくて留守がちなのを幸いに。

 街のあちこちで物体が抽象画になっているということで現場を見に行くタケルたち。そこで画材眼魔と遭遇する。タケルとしては画材眼魔は絵を描いてるだけなんでやっつけようという気にならない。

 イゴールは一番最初に抽象画にしたビルにやってきていた、そこにはディープコネクトって言う名前の会社が入ってて、そこの設備から何かを抜き取ってたよねぇ。そのあとに社長室にやってきてたけど、久々に社長役のセイン・カミュ見たな。イゴールとしては自分の用件は済んだので、抽象画の描かれた画用紙破ってビルを元通りにしたけど、眼魂を社長に投げつける。

 アランは川辺でネクロムスペクターにされてるマコトに話しかけてたけど、何を言ってもうなずくだけのマコトに対してそれで満足なのかねぇ?

 アランは次にたこ焼き屋にやってきたけど、おばちゃんはアランのことをカノンの彼氏だと勘違いしてる。アランはカノンに対して、さほど興味が無いから話がかみ合わない。

 アランのセリフのなかで父親が語られて、勝野洋さんが出てこられてたけど、ゴーストって竹中直人さんは出てくるは勝野洋さんは出てくるは、凄いよな。平成ライダー見始めたころには考えられへんかったし。

 カノンを探しにたこ焼き屋まで来たタケル。アランがいてたんで早速戦闘開始。アランは三蔵法師眼魂。アランが指を動かしただけで、ネクロムスペクター出てくるんや。ネクロムスペクターの方がタケルと戦い始める。カノンが元に戻してと声をかけても、今回はカノンの声に反応しなかったやんか。

 ネクロムスペクターがゴーストを銃で撃とうとしたときカノンが間に入る。そこでアランがもういいとネクロムスペクターの銃を下げて、キントンウンを出してネクロムスペクターと共に一旦退却。
 カノンに見つめられて、アランはなんか弱気になってたけど、なんでやろ。

 次の計画のために画材眼魔を連れていこうとして嫌がられるイゴール。友達になる友達になるって何回もタケルは言うてるけど、アランに対抗してるのかぁ?
 変身したイゴールと戦う弁慶ゴースト。イゴールが変身するのは今まで出てきた眼魔っぽいな。弁慶の攻撃でイゴールと画材眼魔も退却しちゃう。

 大天空寺に戻ってきたタケルたち。弁慶眼魂に入ったタケル。五条の橋をイメージしてどこかのお寺の門前みたいなところで弁慶からの言葉を聞くタケル。弁慶からのお言葉は「視野を広く持つのだ。周りの言葉にも耳を傾ける、さすればさらに大きな力になるであろう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.26

動物戦隊ジュウオウジャー(2月3週目)

 第2話 この星をなめるなよ

 街にやってきたレオたちジュウマン。めっちゃ興奮中。もう勝手に動き回って大和の手に負えず。

 木に登ってライオンに戻っちゃうレオがやばいと思ったら、噴水に入って行ってシャークに戻って泳ごうとするセラが完全にやばいでしょ。この寒いのに大変な役やな。

 怒った大和はレオ・アム・セラの首に首輪を付けて紐で引っ張ってくる。それって表現としてどうかな隷従させてるみたいで、わたしとしてはそこまでするのは行き過ぎというか、見ていてあんまりいい気はしなかった。小さなお友達がたくさん見てる番組なので気を付けて欲しいなと思うんやけど。

 アムは味覚が鋭くて、セラは聴覚が優れていると自己紹介したところで、レオが俺は声がでかいってのおもろかったやんか。

 大和のおじさん・森真理夫は動物の彫刻家で作品を作る時は一回動物になりきってみる。前回も動物になりきって、ちらっと出てきたやんか。なんなんだと思ってたら、こういう訳があったんか。

 取り敢えず大和は野生生物の研究をしてる仲間ということでおじさんに紹介し、一緒に住まわせてもらうことに。  

 翌朝、タスクを迎えに行く大和。タスクはリンクキューブの側にいてた。王者の資格が6個揃わないとリンクキューブを使ってジュウランドに戻れないって言うてたけど、この間の攻撃でリンクキューブ潰れてるように見えるんで王者の資格が揃っても動かないような気がするな。先週、王者の資格を四角って書いてました。キューブが四角形なんで四角だとばかり思ってたんやけど、資格と四角をかけてるんかな。

 デスガリアンでは初回から敵幹部が現れて、今回もジニスがアザルドとクバルにどちらが行くのかなんて話してたら、今回からは幹部自らではなく配下が動くみたいやね。ということでビルやら街やらを爆破して回ってる。
 またまた人間のままでデスガリアンに向かって行く大和。そこにレオたちとタスクまでが登場し変身名乗り上げ。

 ジュウオウジャーに変身したら、ばっちりチームワークが取れてるやん。5人が5色の爪みたいになって、ライオンの足みたいな感じで敵を踏み潰すみたいな必殺技がいいやんか。

 でデスガリアン側が巨大化したとき、自分たちもジュウオウイーグルとか出してきて搭乗するけど、操縦桿がキューブをぐるぐる回すだけっていう、めっちゃ大雑把な運転、真剣な戦いのはずなのにちょっとおもろいやん。
 そして今週の合体は大和とアムとタスク。今はまだ3体やけど、そのうち全部合体でゴテゴテになるんやろな。

 戦いが済んでおじさんの家に戻ってきたジュウオウジャー。おじさん、大量の納豆をかき混ぜてたんで臭いが凄く、臭覚に敏感なタスクが倒れちゃう。やっぱりここでみんなとは暮らせないと言い出したところで次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.24

相棒 「右京の同級生」

 右京さんが帰宅途中道端でぜんそくで苦しんでいる青年・マリオを見つける。そのマリオに言われて連れていった小峰医院の女医さんが右京さんの小学校時代の同級生だった。
 マリオはエルドビアから出稼ぎに来ている日系三世でビルの清掃をしていた。

 その頃冠城は入国管理局の入国警備官の野坂と一緒に花の里で飲んでいた。冠城が新人のころお世話になっていた先輩って言うてたな。
 入国警備官なんて言葉初めて聞いたな。

 さて事件発生。雑居ビルの裏手に変死体が見つかったとの報が入ったんやけど、そこがマリオが清掃に入っているビルだったので、右京さんのアンテナに引っかかって首を突っ込むことに。

 冠城が野坂と飲んでいたのは、最近入管の摘発情報が洩れているとのことで、情報を探ろうとしていたんやけど、たまたま野坂が持っていたマッチがこの雑居ビルに入っている居酒屋の名前が入っていた。
 殺された高井の名刺には外国人職業あっせん業と書かれてあったので、何かの関わりがあるのではないかと右京さんが動きだす。

 高井が働いていたところは国際ディスパッチ協会というところやったんやけど、そこの理事長役は桜木健一さん。昔の面影もあるけど、恰幅が良くなってはるやんか。
 ディスパッチ協会の後、右京さんたちは指を怪我した二コラが働いていた金属加工の工場へ事情を聞きに行く。金属加工会社の社長が右京さんたちのことを入国管理局とか労働基準局じゃないかと疑ってたよね。どっちにも引っかかるようなことしてるのまるわかりやんか。オーバーステイの外国人をあえて雇って低賃金の過重労働で事故を起こす会社があるとかって、ちょっと社長を脅してたけど。
 まともな給料払えるのなら、上納金払って外国人なんか雇わないよって、社長も開き直ってるし。

 ここ最近の不法滞在の摘発失敗の報告書を冠城が手に入れる。会社はさまざまでもどれもディスパッチ協会がらみと考えられる。
オーバーステイと知って働かせれば不法就労助長罪になるのか。一応日本にはちゃんとした法律はあるんやな。

 高井の遺体の側に、マリオがもらったぜんそくの薬が落ちていたということで、任意の事情聴取に警察に連れて来られる。
 それで小峰がマリオを引き取りにやってきて、右京さんにも協力を頼む。
 その時小峰は二コラがもらえる労災のお金も高井にそっくり持って行かれてしまうと打ち明けられたことを話しだす。二コラの国にいる家族が病気で利息が元本の何倍にもなる不当な利子でお金を借り、返済できない二コラに高井が職場で怪我をすればお金がもらえると吹きこんでいた。
 それ以外にも日本に働きに来る人たちは、国を出るとき地元のブローカーに高いお金を支払ってる、日本で働けばすぐにでも返せると教えられるんで借金してでも払うんやけど、実際日本に来れば低賃金で返済できないままオーバーステイになる人が大勢いる。

 なんか現代の蟹工船やな。去年小林多喜二の「蟹工船」の舞台を見に行ったんやけど、そこで労働者は借金を払うために過酷だと分かっていても前渡金もらって蟹工船に乗っていた。

 話は相棒に戻って、国際ディスパッチ協会の理事長はエルドビアからの公的送り出し機関の実質的経営者で出国手数料を取り、日本では就労斡旋料を取る。1人の外国人労働者で2度儲ける、元手のかからない人買いビジネスでその上、上納金や労災まで巻き上げる。悪徳ブローカー。

 米沢さんが亡くなった男の毛髪からコカイン反応が出たって知らせに来る。亡くなったこの男、上納金や労災を巻き上げる係りやったんやけど、なんか協会が設定した金額よりも高く請求して、自分の遊興費にでも使ってた感じがするよな。

 結局悪徳ブローカーから背負わされた借金に苦しむ外国人を救おうとして、かえって自分たちが罪を犯してしまった野坂やマリオそして協力者の小峰。悪い方の理事長はエルドビアに守られてるから手も足も出せない。苦い話やったな。

 それにしてもマリオが働いている野坂がちょくちょく飲みに来ているビルの陰に死体を遺棄したのがまずかったよね、いくら慌ててたとはいえ。

 小学生時代の右京さん、休み時間にも机に本を広げて勉強してたんや。右京さんらしいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.21

仮面ライダーゴースト(2月2週目)

 第18話 逆転!神秘な科学!

 ニュートンが何度も家出しちゃうんで困ってるタケル。アカリと御成が卑弥呼とニュートンのことで言い争いしてる間に、卑弥呼の眼魂の中に入ってしまったタケル。
 卑弥呼のシーンのためにわざわざ登呂遺跡まで行ったのかな?その卑弥呼からもニュートンとは水と油、諦めよって言われてまう。

 一旦は大天空寺の居間に戻ってきたけど、なんと眼魔の世界に行かされてしまったやんか。

 さてカノンはアランに会いに行く。アランと初めて会った時の思い出のシーン。アランには姉もいるんや。で、眼魔なんやから当然なんやけど、マコトとカノンは子供やったけど、アランは今と同じやんか。アランに一緒にマコトを探してほしいと頼むカノン。そう言いながら、思い詰めてる感じ

は無く、どことなくデートにでも行くような雰囲気に見えたよね。

 最初は失敗したので、新たなシラヌイ改マークⅡを製作中のアカリ。そこにナリタから連絡が入るんやけど、ナリタもナイフ眼魔に切られてしまう。
 リベンジに燃えるアカリ。

 タケルはチラッとだけ眼魔の世界を眺めただけで、こちらに戻ってくる。誰の意思でタケルに眼魔の世界を見せたんやろ。どんな世界か気にしてたから行けちゃったのかな。

 アランとカノンがデートしてたと聞いて、タケルは二人を見つける。早速戦いが始まるんやけど、今日のアランは三蔵法師の眼魂。ちゃんと豚とカッパと孫悟空がくっついてるやん。カッパにも鳴き声の音声が付いてたけど、苦肉の策な感じやったよね。

 アランが呼び出すとネクロムスペクターが現れる。ゴーストとネクロムスペクターが戦おうとしたとき、カノンのお兄ちゃん止めてという言葉が聞こえて、ネクロムスペクターは躊躇する。ということはカノンの声が聞こえてるってことなんや。アランはネクロムスペクターを連れて消えちゃったけど、カノンはまだアランのことを慕っていけるんやろか。

 霧が立ち込めている場所にやってきたアカリと御成。ナイフ眼魔を見つけたのでシラヌイ改マークⅡを向けたら、変身解除してイゴールになっちゃう。先週ナイフ眼魔倒されてたから、イゴールがナイフ眼魔にならないと魂集められへんからな。

 アカリを守ろうとしてナイフ眼魔に切られた御成。御成の魂は純度が低いって言うてたけど、禅宗の坊さんなのに魂の純度が低いってどういうことやねんと思ったんやけど。修業を積んできてるはずやから、一般人よりは純度が高いはずやねんけどなぁ。眼魔の世界で利用するには純度が低いってことなんかな。

 純度が低いゴミだと聞いて怒るアカリ。その武器は使えないって言われてたけど、一発お見舞いできたやんか。改良した甲斐があったというもんやん。
 いよいよゴーストとナイフ眼魔が戦い始める。前回は霧の中でも卑弥呼の力でやっつけられたけど、今週は苦戦。というのも卑弥呼のパワーをイゴールは分析済みやったから、そこで卑弥呼の力にニュートンの引力パワーを合わせればこの霧を消せるとアカリが助言する。

 ずっとタケルたちの行動を見ていたニュートンが卑弥呼と共に力を貸してくれることを承諾し、サングラスラッシャーに入ってくれる。そしてゴーストがサングラスラッシャーを一振りしただけで霧が消え、ナイフ眼魔は倒せたけど、イゴールは上級眼魔なので倒せず、消える。

 アランがマコトと組手をしたことを思い出してたけど、あの頃からマコトは自分たちが地上に戻るためにアランを倒そうと考えてたんやろか。それで組手の相手をするふりをしてアランの腕前を確認してたとか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.19

動物戦隊ジュウオウジャー(2月2週目)

 第1話 どきどき動物ランド
 

 動物学者の風切大和が今年のレッド。動物観察会で森の中を案内中。子供が野鳥の卵を拾ったのでそれを鳥巣に返してあげる心優しい青年。
わりにレッドってドラマの展開と共に成長していくから、ブルーの方がしっかり者のリーダーが多かったりするんやけど、今年は節目のシリーズなんでリーダー格のレッドになったんやろな。

 リュックに付けていたお守りのキューブが外れて坂を転がっていったんで、自分まで転がり落ちた河原にでっかいキューブが。そこにちょうどキューブを入れてくれと言わんばかりの穴が開いていたんで、嵌めてみたらでっかいキューブがパカッと開いて、大和が吸い込まれてしまう。

 大和が放り出されたのは頭が動物という不思議な場所・ジュウランド、ちょっとおとぎの国風というかどことなく懐かしい感じがするというか。そして頭が動物な人たちはジュウマンという種族。

 ジュウランドと地球はリンクキューブでしかつながってない。あのでっかいキューブがリンクキューブ。

 リンクキューブを使うための鍵が盗まれたのでジュウマンたちは地球に行くことができなかった。キューブはジュウマンを守るための力を秘めていると言われていた。そこで大和の記憶に、森の中で雨が降ってる夜、謎のジュウマンにきっとこれがお前を守ってくれると言って手渡されてる。

 そんな話をしているとリンクキューブが怪しい動きをし始める。それでリンクキューブが壊れたら元の地球に戻れなくなるかもしれないと、ライオンの手にあったキューブを奪って穴に入れると大和とジュウマンがリンクキューブに吸い込まれ、元の森の中に戻ってくる。

 すると森は火の海で動物観察会に来ていた人たちが逃げ惑っている。今回の敵の名はデスガリア。そういえば地球は100個目の星とかって言うてたな。暴れてたのはジャクドやったっけ。こいつの攻撃でリンクキューブが壊されジュウマンたちはジュウランドに戻れなくなってしまう。

 ジュウマンたちはキューブを拾うとそれが変化し、変身アイテムに。パカッと開くと数字があるんでそれを押して、それを閉じてルービックキューブみたいにくるっと回して変身名乗り上げ。
 ジュウマンたちが戦ってるのを見ていた大和は近くにキューブが落ちていたのを見つけ、それを持って走り出す。

 そうしてもう一つのキューブを川の中から拾う謎のジュウマン。

 ジャクドの方が強すぎて劣勢に立たされてるジュウオウジャー。そこにやってきた大和はジャクドにむしゃぶりついていく、まだ変身もできてないからレオに馬鹿かお前はって言われちゃってるし。地球に生きる命を守りたいんだとキューブに願いを込めるとキューブか答えてくれて、本来ならジュウマンにしか使えないキューブが変身アイテムに変化する。

 イーグルなんで、もう派手に空を飛びまくってるやん。そして初回なんでナパームも大量投入されてたしね。
 なんと初回から敵幹部一人やっつけてもうたやんか。

 それを見てたジニスがナリアにコインを1枚渡すと、ナリアがそれを持って地上に降りてきて倒されたジャクドに投入すると巨大化する。

 キューブが反応したんで、それぞれふたを開けて数字を押すと、キューブタイガーとかキューブエレファントとかが出てくる。先週予告見てた時、どうしてみんなこう角角してるのかと思ったら、キューブが変形してるからなんや。おもちゃ会社は違うけど、レゴが得意な人やったら、レゴで作っちゃいそうやな。
 デスガリアの基地から戦闘機が飛んでくるのか。ここらへんもなかなか派手やな。空に四角の火の輪(四角やのに火の輪としか言い方が思いつかないぞよ)が3つ浮かんでて、そこを通り抜けることができたのだけが合体できるってことかな。今回は1・2・3が合体。
 この時、キューブで1・2・3と押したらイーグル・シャーク・ライオンって声がする。日曜の午前中ツィッターのリアル検索見てたら、ジュウオウジャー関連のツィッターで結構サンバルカンのイーグル・シャーク・パンサーってつぶやいてる人が多かったみたいやな。そうよねぇ、スーパー戦隊好きな人なら、今までイーグル・シャーク・パンサーっていうの完全に刷り込まれちゃってるもんね。

 合体して出来上がったジュウオウキングもレゴで作れそうな感じやんか。
 無事、ジャクドを倒す。

 王者の四角が一つ足りないんでジュウランドに戻れないレオたち。そこで大和がまとめて面倒を見ると言い出す。王者の四角がジュウマンたちを人間の顔にしてくれる。なんとタスクが大和の世話にはならないと言い出したところで、次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.17

相棒 「警察嫌い」

 本日の現場はマンションの一室。一人暮らしの若い女性が被害者やったんやけど、なんと珍しいことに米沢さんが現場写真撮ってるやん。たまにしかやらないからか、どことなくぎこちないよね。被害者は政経学部に通う女子大生。

 ホテルのレストランでやくざに殺人事件のことを聞かれる角田課長。殺されたのがそのやくざの娘だと分かった時に周りのテーブルの人間が立ち上がったの面白かったよね。どれだけで取り囲んでんねんって突っ込んじゃったし。

 右京さんと冠城が被害者の部屋で実況見分しているとき、向かいのマンションのベランダに人間が出てくるのが見えたので、それに引っかかる右京さん。そこでその部屋を尋ねていくことに。部屋の住人は青木という若い男性。

 部屋に招き入れてもらったので青木に話を聞くことに。犯行の一部始終を見ていたのに通報しなかった青木。通報しなければならない義務はないので協力したくないという。これはドラマ上のことやけど、世間にはいろんな人がいるから、そういう人もいるんやろなぁ。今まで捜査協力したくない人がいるなんて思いもしなかったもんね。

 捜査1課では被疑者を3人確保していた。第一発見者の男性。被害者の恋人の女性。被害者の知り合いの男性。この3人に対して3組の刑事が事情聴取をしてるんやけど、伊丹んところはいつもああやけど、他の2組はまた違ったやり方で面白かったな。
 そんでもって3人から自白を引き出しちゃったって。内田刑事部長からめっちゃ嫌味言われてるし。

 特命係にやってくる伊丹達。どうも角田課長から右京さんたちが目撃者に会ったことを聞いたみたいで、探りを入れに来たんやな。そこで青木が通報する気が無いことを教えてもらう。でも右京さんたちも引き連れて青木に会いに行く伊丹。
 面通しの依頼をあっさり断っただけやなく、なんと犯行の一部始終をビデオで録画したって、おいしいこと言い出してるやんか。

 伊丹は録画したビデオを提出させるために裁判所に令状を申請する。が、いつも便宜を図ってくれている裁判官が令状を出してくれなかった。というのは冠城が裁判官に直談判して発行を踏みとどまってもらったから、表向きは何の罪も犯していない一般市民に別件容疑をかけて証拠を提出させるなんて良くないことと言いつつ、冠城の本心は右京さんがどんな方法で真犯人をあぶりだすかに興味しんしん。

 そこで冠城はよりにもよって被害者の父親でやくざの親分に真犯人を見た人間がいるという情報を流しておいて、青木に暴対法すれすれで揺さぶりをかける。それを知った角田課長、めっちゃ怒ってたし。右京さんがなかなか動きださないからって、やり過ぎよね。角田課長が右京さんがさっさとこの事件を片付けないから、これから先冠城が何をしでかすか分からないし、連帯責任だとかって怒鳴り散らして、部屋から出ていく。
 そん時の右京さんの冠城をにらみつける顔、かなり怒ってたよね。

 いよいよ動き出した右京さん、青木をオシャレな喫茶店に呼び出す。そこで3人の被疑者の写真を並べる。角田課長と小松と大木やんか。この写真見て笑っちゃったもんね。
 目撃者が立ち去ろうとしたとき、ある人物に反応する。それで真犯人が誰であるかが分かる。それを仕組んだのは右京さん。

 今度は青木の方が騙されたって怒ってたけど、スマートなやり方やったなぁ。
 目撃者の家にまで行って、犯行の一部始終が録画されたメモリーカードを受け取るんやけど、青木がそのカードを壊そうとしたとき、証拠隠滅罪になりますよって忠告するやんか。証拠隠滅罪って犯人以外の人が問われる。犯人は証拠を隠滅するのが当たり前と考えるので、証拠隠滅罪にはならないって聞いて、へぇぇぇぇやったもんな。

最後、帰宅しようとした冠城にお説教しようとする右京さん。とても長くなりますよって意味深な終わり方やん。去年、自分が育てますと大見得切ったカイトが裏で殺人を犯してたから、なんか今期の右京さんは人を信じきれてない感があるよね。

脚本が輿水泰弘さんやったんで、キャストの動かし方(特に冠城の)が分かってるし、伏線も張ったみたいやし、面白かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.13

仮面ライダーゴースト(2月1週目)

 第17話 絢爛!幻の女王!

 眼魂の成分を探って弱点を見つけ出そうと、色々試しているアカリ。
 御成は錫杖を振り回して鍛錬中。

 いつの間にか茶の間に歌って踊る女性がいてる。彼女には最近多発している女性が襲われて傷つけられる事件を予知することができた。
 予言されたトンネルに紫の煙が漂っていて、その中に女の子が倒れていた。魂が飛んで行った方に付いて行くと男がその魂の純度を確認していた。

 ナイフ眼魔が現れて、御成が相手になるけど、一発で錫杖切られちゃうし、顔が切り傷だらけになっちゃう。
 そこにまだ完全に傷が癒えていないマコトが来てくれて、スペクターに変身。ナイフ眼魔と戦ってくれる。

 逃げ出したニュートン眼魂を捕まえて茶の間に戻ってきたら御成とアカリがいない。あの不思議な女性だけはいてたけど。
 今回の眼魂は卑弥呼だと仙人が教えてくれる。

 スペクターがナイフ眼魔と戦ってたらアランがやってきて、ネクロムに変身。スペクターに向かって行く。まだ傷が完全に治ってないから、やられっぱなしのスペクター。ぶっ飛ばされて変身解除しちゃってるやんか。アランはマコトのベルトにネクロムの眼魂を入れたんで、マコトがネクロムにされてまう。どれだけアランはマコトを自分の物にしたいねんって思っちゃったよね。

 タケルにこの事態を知らせようと大天空寺に戻ってきた御成とアカリ。でもバイクに乗ってタケルが出かけてしまってすれ違いになっちゃう。
 
 布団に寝っ転がっておかき食べてる不思議な女性がいてるだけ。また新たな事件を予言したんで、次はアカリが眼魂研究から開発した新兵器を使ってみるんやけど、紫の霧の中は磁場の影響で時間が止まってる。それに気が付いたアカリの前にイゴールという眼魔世界の科学者が登場。眼魔世界の理論でアカリを追い詰めてるやんか。

 イゴールはなぜ2度までも自分の実験場が分かったのか疑問を呈したら、そこに不思議な女性が現れて自分が予言したと答える。ナイフ眼魔が不思議な女性を狙おうとしたのでアカリが彼女を守ろうとして切られちゃう。あんな至近距離やったら、シラヌイ改だけで防御しようとしても無理あるよねぇ。

 タケルが登場。しかしアカリの魂はイゴールに吸い取られちゃって分析されてしまう。アカリのことを馬鹿にした言葉を聞いて怒る御成。イゴールを成敗しようとしたらナイフ眼魔が間に入ってきたんでこっちと戦い始めるんやけど、いやぁ御成がこれほどまでにアカリのために真剣にセリフを言うシーンがあるとは。新しい錫杖で突きが一発ナイフ眼魔の腹部に命中。

 ナイフ眼魔から紫色の光の玉を連射するんやけど、御成がやったポーズにマトリックス避けって名前が付いてることを知って、へぇぇぇってなっちゃたよ。私、映画の名前を思い出せなくてアメリカ映画 背面よけるで検索したらマトリックス避けって出てきたやん。認知されてるのにびっくりや。

 ナイフ眼魔と戦い始めたゴーストに対してイゴールは集めた魂をゴーストに向かって放出すると女子の姿に戻ってゴーストを動かせないようにしちゃう。その人たちを救うためにどうすればいいのか困っていると不思議な女性から卑弥呼の眼魂が飛び出してくる。

 その眼魂をベルトにセット。中国武術の動きしちゃうんや。女性キャラなんでピンク色の上着になるんやけど、ピンクキャラでも高岩さんなので、女っぽくはならないんや。卑弥呼の力でみんなの魂は元のところにもどる。卑弥呼が剣を振るうと、花びらが舞うやんか。女子っぽい華やかさがあるな。ナイフ眼魔が倒される。
 
 充分成果が得られたと言って立ち去るイゴール。不思議な女性の意識が戻る。卑弥呼研究会の副会長って、卑弥呼好きだから眼魂が憑りつく要素はあるよな。
 お近づきのしるしにって前売り券に付いてくる景品ののび~るキーホルダーをタケルにはゴーストを、アカリには1号を渡すんやけど、さすが1号をもらったアカリにはこれなんなの?って言わせてるし。

 卑弥呼の眼魂早速しゃべってるやん。またまたニュートンの眼魂は逃げ出してたけどね。

 タケルのところに集まった眼魂は10個かぁ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.12

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2月1週目)

 忍びの最終章 忍ばず未来へワッショイ!

 変身はできなくても牙鬼軍団と戦い続けるニンニンジャーたち。
 
 なんと最終回だけのために、オープニングを撮ってるやん。また忍者一番刀を持ってのポーズがビシッと決まって、1年間の積み重ねが見えてくるなぁ。

 城門の前で戦ってたのがCM明けはスパヒーご用達の廃工場跡地に場所を移した天晴と久右衛門新月。

 天晴が久右衛門新月に爺ちゃんは久右衛門と父さんが競い合って互いに高め合って支え合える仲間になることを願っていたって語る。爺ちゃんは公平な目で見てたのかもしれへんけど、父さんは久右衛門の実力を羨ましいと思ってたし、久右衛門は父さんが爺ちゃんの子であることを羨ましいと思ってたんやろな、二人やったからうまくいかへんかったんやろな、6人もいてると誰かが何かをやらかしてるし牙鬼軍団が襲って来るから、内輪もめしててもそれどころで無くなるから良かったんでしょ。でもお父さんや久右衛門が修業してる頃は、まだ牙鬼軍団復活してなかったしな。

 目の前の敵を倒して天晴の元に6人が集まり、6人の忍タリティで変身する。変身の名乗り上げ、これも一人一人本人がやってて回転までしてるやん。素晴らしい。

 6人が力を合わせた衝撃爆裂弾vs久右衛門新月の子ぎつね乱舞。パワーとパワーがぶつかって物凄い爆発を起こしてたけど、光と炎ですごい装飾されてたやんか。最終回らしく豪華絢爛やったよね。

 6人の力が久右衛門新月の力を上回って、久右衛門新月は元の姿に戻る。天晴に爺ちゃんを越えてラストニンジャになりたいと思っているのなら、俺と同じじゃんかって言われてもうてるし。
 キンジからは久右衛門は牙鬼の宿命から好天のところに弟子入りしたけれど、家族を取り戻したかったのでは、久右衛門もキンジも似た者同士孤独の道を歩んできて伊賀崎家に居場所を求めていたと言われてる。人間時代の久右衛門が好天爺ちゃんを真ん中にちゃぶ台で食事してたけど、好天爺ちゃん孫たちを見る時よりも優しそうな顔で子供のころの久右衛門を見てたやんか。

 久右衛門は好天から取り上げた封印の手裏剣を取り出すとそれが緑のニン手裏剣になる。

 ここに幻月が現れて久右衛門を取りこんじゃう。そして巨大化。ニンニンジャーの方もゲキアツダイオーを召還する。でも幻月の方が強いやん。
劣勢になっても根性で立ち向かっていくニンニンジャー。幻月の中に取り込まれた久右衛門が天晴の声に気付き、幻月から出てしまう。その隙にゲキアツ大フィーバーで幻月を倒す。
 結局、久右衛門が幻月にとっての致命傷やったということになるよね。幻月の最後の言葉たとえ倒されても古き世界を滅ぼすために蘇るのだ、楽しみにしておれって、またニンニンジャーが絡んだ作品には幻月登場しまっせと言うてるようなもんやな。

 倒れている久右衛門が好天爺ちゃんに向かって手を伸ばすシーン、ちょっと感動してもうた。1年間見続けてきて一番良いところ久右衛門がさらっていっちゃった。光の粒子になって消えてしまった久右衛門。

 幻月は倒したけれど、街にはまだ妖怪が現れる雰囲気が漂ってる。そこにニンニンジャーのところに終わりの手裏剣が降りてくる。そこで天晴が終わり手裏剣の無い世界を願うことにすると言い出す。終わりの手裏剣が無ければ世界を滅ぼすことなんかできなくなるから。
 ラストニンジャになれなくなるけど、それで良いと結論を出して、街を救ったニンニンジャー。

 さてラスト、天晴は再び修業に、キンジはアメリカに、八雲はイギリスに、霞は研究室に、黙って出ていこうとしていた。それが見つかっちゃう。
 父さんの提案で2年後に伊賀崎道場に集まることに。

 みんなそれぞれの道を歩みだすんやけど、天晴は子供たちに忍術を教えてる。って結局あの美人忍者キキョウのところへ行ったんちゃうん。

 ニンニンジャー体操、出だしが好天爺ちゃんや旋風父さんも一緒だったんでキョウリュウジャーの時みたいに最終回特別ヴァージョンなのかと思ったら、最初だけであとは同じやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.10

相棒 「スポットライト」

 お笑いライブに出演中の男性2人コンビ「でんすけ」、この2人が遭遇した事件とは…。

 5日前に戻って、道端に倒れている男性の遺体、そして捜査中の伊丹と米沢。

 米沢は右京さんの興味を引くのではと事件現場から少し離れた場所に連れていく。そこにはコンクリートの壁に白いチョークで縦に線が引かれていた。これはいったい何なのか、右京さんなら博識なので手がかりになるヒントがもらえるんじゃないかと呼んだんやろな。

 その頃伊丹は被害者・式田の妻の話を聞きに。彼女は夫ともう4年も別居していて、夫に関する詳しい話は夫と同居している女性・谷しおりに聞いてくれとのこと。

 そして右京さんはお笑いライブの会場に足を運んでいた。チョークで書かれた線はマイクやったんや、現場近くの屋台のおじさんからでんすけがいつもそこで漫才の稽古をしているのを聞いて、ここに来たんや。
 
 ライブが終了して楽屋に回った右京さんたちはでんが怒られているのを見かける。コースケはギャグもありお客さんを笑わせる力はあるんやけど、私生活がだらしないのか借金がかさんでてしまっているのか、今日のライブをすっぽかしていた。

 でんの案内でコースケの部屋へやってきた右京さんたち。そこに伊丹も現れて、凶器からコースケの指紋が出たことで容疑者になったことが分かる。

 そして殺人現場は被害者が経営していた蘭専門の栽培所の温室だったことが分かる。コースケとでんが働いていた配送センターはこの栽培所にも出入りしていた。そこで捜査1課は谷とコースケの共犯の線で捜査を進め始めていた。

 右京さんがでんに揺さぶりをかけたんで、事件は動き始める。

 コースケがあの夜死体を見つけたことを利用して、自分たちを売り出そうとでんは画策していた。

 警察から解放されたでんすけは一躍脚光を浴び、単独ライブやテレビ出演のオファーが殺到し始めた。

 右京さんが真犯人のところに行って事件を解明しているのとでんすけの単独ライブを交互に見せていく。単独ライブの方には冠城が張り付いてたけどね。

 でんすけの漫才の方には右京さんと冠城がヒントを与えてコースケが事件の真実を織り込んでいた。それで舞台の上でどんどん追い込まれていくでん。

 真犯人は妻やったんやけど、蘭の温室に呼び出されて久しぶりに会ったというのに離婚届を渡されて、経営が行き詰ってる蘭の栽培所の面倒を見てくれとか、自分は愛人と隠れた花を探しに行きたいって、そりゃぁ妻が勝手なこと言ってるって怒るの当然よねぇ。こんな男に経営なんてできるはず無いよな。

 殺人事件の方は相棒によくあるパターンやったけど、芸人という熾烈な競争世界を織り込んでたのは面白かったよね。

 でんはコースケにピンでやれって言うてたけど、舞台に立ってたらいいけど私生活では借金まみれのコースケやからでんが側にいなかったら、もっとダメになるやろな。漫才コンビは解消してもでんはコースケを支えていかなあかんのんちゃうって思ったもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.06

仮面ライダーゴースト(1月5週目)

 第16話 完璧!白い仮面ライダー!

 本気になったアラン。今まで片腕が出てたから、この時期寒そうやったもんね。今は眼魔世界の制服着てるんで、寒さを凌げるよね。

 カノンが元気になったんで、けじめをつけようと考えているマコト。それは一度眼魔の世界に戻ること。タケルも一緒に行きたいとか。
タケルが一緒に眼魔の世界に行っちゃったら、世界の平和を誰に守ってもらうねんと突っ込んでもうたやん。

タケルが聞きたかった眼魔の世界はどんなところかという答えが出る前に、御成が邪魔しにくる。ネットニュースに謎の浮遊物体現る!!って流れてるし。

 タケルたちがその場所に向かうとかなりの数の眼魔がうようよしてる。最初これなら大丈夫ってタケル言うてたけど、数が多すぎてちょっとへこたれ気味になってるやん。相手が兵隊クラスなんで英雄眼魂使ってないしな。

 空に眼の紋章が出現。そこから白い仮面ライダーが現れる。白い仮面ライダーが兵隊たちを操りだしたのでロビンフッドと信長で兵隊をやっつけるゴーストとスペクター。

 白い仮面ライダーはアランが変身していた。この白い仮面ライダーの顔に付いてる丸いでっぱり、われわれが子供のころに使われてた水中めがねみたいやん。白がメインで黒と緑か、白に緑でやたらに強くて敵キャラとなったら鎧武の斬月のイメージがするやん。
 仮面ライダーネクロム、アランが勝手に持ち出したのか。

 ネクロムは攻撃されると眼魔を盾にしたりするんや、そしてサングラスラッシャーで攻撃して命中したんやけど、ネクロムの体を突き抜けただけで、ネクロムは体に穴が開いてもすぐに元通りになってしまう。眼魔なんで肉体が無いからなのかな。

 ネクロムは英雄眼魂を無理矢理メガウルオウダーにセットして使う。グリム兄弟の眼魂。メガウルオウダーは英語でしゃべるんや、その辺は555っぽいし。
 ネクロムが強すぎるので、一旦退却するゴーストとスペクター。

 色々タケルが質問攻めにするんやけど、マコトはアランが眼魂を使えるということは、まさかあの人がって心の中で思ってる。あの人ってどの人なん。
 考え事に集中してたんで、タケルの言うてること聞いてへんし。どっかに一人で出かけちゃう。
 カノンがアランとマコトは眼魔の世界では親友だったと教えてくれる。

 マコトの後を付けていく御成。いつものお坊さんのスタイルにハンチングかぶって、サングラスにマスク。通報されそうなかっこやんか。全然変装にもなってないしね。

 マコトが向かったのはアランのところ。なんか結局三角関係のもつれなん?アランが嫉妬してるっぽいな。
 アランがマコトを眼魔の世界に力づくで連れ帰ったなら、完全に眼魂にされて自由を奪われるんやろな。そうなるとけじめのつけようがないやん。

 ネクロムに変身したんで、マコトもスペクター信長に。ほほぉ、スペクターは活動時間が過ぎるとエネルギー補給しないとあかんのか。そのエネルギーが眼魔。
 スペクターが危なくなった時ゴーストが駆けつける。友達なら理解できるって力説してるタケルのセリフに合わせて動くゴーストがめっちゃ可愛いやん。しかしタケルの言ってることが理解不能なアランやったけど。

 マコトをあの世に送ろうとするのを必死で守ったタケル。ネクロム、時間切れで変身解除しちゃったやんか。そして立ち去るアラン。

 マコトはかなりの重傷を負って、大天空寺で寝かされている。研究室でもまだマコトの友達ならばアランと分かり合えると言ってるタケルがロビンフッドの眼魂に吸い込まれる。
 ロビンフッドからのお言葉「正義は一つとは限らない」
 友達なら分かり合えるとは限らないよね。なまじっか友達だからもめることもあるやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.05

手裏剣戦隊ニンニンジャー(1月5週目)

  忍びの46 終わりの手裏剣、目覚める!

 親子三代揃って変身したところから。まずは爺ちゃんと父ちゃんが幻月に斬りかかる。そのあと続いてニンニンジャーたちも斬りかかって行く。
 全然臆するところないやんか。8人揃っての攻撃でこんなに簡単に倒せるわけ無いよなって思ってたら、やっぱり幻月炎に包まれてるのに、笑ってるし。何もなかったように火の中から出てきて、反対に攻撃を始める。

 爺ちゃんが幻月の刃を自分の刀で受け止めているところを、久右衛門新月が爺ちゃんの背中から刀で突きさす。これはずるい。
 なんと久右衛門新月が爺ちゃんの体の中から終わりの手裏剣を抜きだす。爺ちゃんは終わりの手裏剣によって生かされていた。そして爺ちゃんは消えてしまう。

 終わりの手裏剣を手に入れ、幻月から褒美の最後の封印の手裏剣により究極の力を得よと5枚の手裏剣を体に入れて、スタイルが完全に変わっちゃった。全体的に白くて両肩に白虎の首みたいなんが付いてる。で、背中に付いてるのは九尾のキツネってことなんかな。まずは幻月と共に消えていく。

 爺ちゃんを失った喪失感大きいよね。そこで父さんが取り出してきたのが、狸の焼き物の中から見つけた桐の小箱。
 爺ちゃんの映像が現れてニンニンジャーへの伝言を語り始める。爺ちゃんは一度牙鬼との戦いで一度命を落としてたんやけど、終わりの手裏剣の力で人間の姿を保っていたって。
 爺ちゃんはみんなに6人が共にいたからこそ、どんな困難も打ち勝って来られた、6人いれば何も臆することは無いと言い残す。

 天晴たちは終わりの手裏剣を取り戻し、人々を守るために牙鬼との最終決戦に向かう。まずニンニンジャーの前に立ちはだかったのは有明の方と雷蔵。そこに赤い久右衛門の巨大ロボ出現。赤いキツネ言われてるし。

 みんなが戦いに出ていってる時に、突然桐の小箱が棚から落ちて爺ちゃんの映像が現れて、ニンニンジャー一人一人の長所を語り始める。それを父さん一人が見ることになったんやけど、爺ちゃんもニンニンジャー6人が爺ちゃんを越え新たなラストニンジャを作り上げることが見えておるって。

 爺ちゃん、天晴には多くは言わぬとか初めに言うたけど、この世で最も強い忍者となれ幻月を倒せって一番大変なことやんか。これを以ってラストニンジャレースからの卒業とするって言うことはラストニンジャになれるってことやよね。

 最後に、父さんにも言葉をかけてくれてた爺ちゃん。忍者になるには優しすぎるけど、みんなのサポート役として認められてたやん。テレ朝公式の西川俊介の今日もアッパレで父さんを囲んで男子たちと色々話をしてたのを見たけど、裏でも演技とかサポートしてもらってた感があったもんな。

 雷蔵は八雲によって倒され、有明の方は霞とキンジによって致命傷を負うんやけど、我が力になれと幻月に吸い込まれちゃう。

 城門にまでたどり着いた天晴の前に久右衛門新月が立ちはだかり、終わりの手裏剣の力を見せてやると変化させ鼓にセットし妖術を発動すると、町にはジュッカラゲが溢れ、以前倒した妖怪が巨大な姿で現れ、一番困るのは変身解除しちゃったこと。それでも戦おうとしてるところで次回へ。

 ラス前にしては幻月の存在感が薄い気がするなぁ、人類の側にとっての恐怖というより牙鬼側に恐怖を与えてるみたいやん。久右衛門の方がラスボスみたいな動きしてるやんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.02.03

相棒 「伊丹刑事の失職」

 マンションの5階に住んでいる女性の遺体が見つかり、状況から伊丹は飛び降り自殺と結論付ける。

 しかし1ヶ月後夕刊紙に、自殺ではなく殺人であると告白した手記が掲載され、伊丹が窮地に追い込まれる。

 内村刑事部長に呼ばれて、免許センターはどうだなんて言われちゃってたけど、免許センターといえば一時亀山が行かされてたよなぁ…なんて遠い目になっちゃうよ。

 遺体は焼かれてるし、犯人につながるような手がかりも1ヶ月も経ってしまってるんで厳しい状態になってるんで、米沢が声をかけたのか右京さんが興味をそそられたのか、取り敢えず首を突っ込んでくる特命係。

 夕刊紙の編集部に話を聞きに来ている伊丹、そこへ右京さんたちも顔を出す。編集部の方は編集長と担当記者が相手になっている。
 冠城が横から警察がその証拠を強制的に提出させることができるのはその証拠がなければ犯人が逮捕できない場合に限るとかって法律の条文を諳んじちゃう。めっちゃ伊丹たちを牽制しちゃってるやん。冠城って法律の条文がセリフになってること多いやんか。大変やろな。

 手記を提出させようとする伊丹とそれを断る編集長。立ち去ろうとする編集長の腕を伊丹が掴んだんでちょっと倒れそうになった編集長が、力づくで報道の自由を侵害するんですねって言う。それぐらいのことで報道の自由を侵害するとかって言っちゃうんや。まぁ伊丹とかも今までわざとこけて公務執行妨害で捕まえてきた過去があるから因果応報ですな。

 夕刊紙で警察官が暴行ってでっかく載せられてしまう。内田刑事部長から、捜査から外れて自宅謹慎を言い渡される伊丹。警察手帳とバッジまで取り上げられる。でも特命係に来てるやん。そして特命係と行動を共にしちゃってる、これって内田刑事部長に知れたら、ますますご機嫌を損ねる行為やんか。

 右京さんが手記が届いたと言われた2週間前の夕刊紙に変な不動産会社の広告が載っているのを見つけ、それを問いただしに編集長のところへ。
 手記を400万円で買い取ったのではと押してみるけど、編集長は手記を見せるのをかたくなに断る。
 新聞社を出て歩いているところに担当記者がやってきて、手記を見せてくれることに。

 警察に協力して、捜査の内容をいち早く提供してもらい、新たなスクープを取ろうということに方針転換する記者。
 手記の入っていた封筒には旅行会社の社長の指紋が付いていた。そして社長の家からは400万円の現金が出てくる。

 社長の家から押収したものをチェックする右京さん。その中から怪しい名簿を見つける。この名簿に載っていた人の6人が詐欺の被害者だったことが分かる。
 2000万円をだまし取られた女性の家へ行くと、その女性は自ら命を絶っていた。そこで息子さんに事情を聞く。
 新しくできる介護付き老人ホームの入居権利付きのパンフレットが送られてきて、しばらくして電話が掛かってきて、自分の知り合いにその老人ホームに入りたい人がいるんだが、そのパンフレットが送られてきた人しか入ることができないので、名義を貸してほしいと頼まれる。そこで名義ぐらいならと親切心で貸してあげることに同意すると、後日弁護士を名乗る人物から電話が掛かってきて、名義を貸したことは違法になるから、権利金を払えという。

 相棒は高齢者の方も見ているドラマやから、こういう現実に起こった詐欺事件の概要をストーリーに取り込むと防犯啓発になるよね。
 それにしても急展開というか1時間によくまぁ詰め込んだというか。

 最初に自殺と思われてた女性は、目星をつけた高齢者宅へ区役所の職員を名乗ってやってきて家庭事情を調査していた。詐欺事件の首謀者は旅行会社の社長だった。

 結局、真犯人は夕刊紙の記者。顔から正義感が溢れてる人やったよね。詐欺事件の被害者に同情し、正義感が行き過ぎて、被害者ともみ合ってるうちにマンションのベランダから落ちてしまった。

 テレビでは出て来なかったけど後日譚としては、この後担当記者が殺人を犯してたってあの編集長どう責任取らなあかんかったんやろ。社長や編集長が並んでお詫びじゃすまないよな。ひょっとしたら廃刊の憂き目にあうんちゃうん。 

 サブタイトルは伊丹刑事の失職。失職まではいかへんかったやん。これぐらいの謹慎ならちょくちょくあるような気がするな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »