« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016.07.31

仮面ライダーゴースト(7月4週目)

第41話 激動!長官の決断!

 タケルに残された日々はあと19日ということで、ちょっぴりセンチメンタルな気持ちで始まった仮面ライダーゴースト。
 イーディス長官がアデルを止めなければ私の理想の世界はってつぶやいてたけど、あんなオレンジ色で上空にグンダリがうようよ飛んでるのがイーディス長官の理想の世界なのかよって思っちゃうよね。

 調べれば調べるほど目の前に壁が立ちふさがってしまうので、イライラしてるアカリ。おっちゃんにヒントをもらおうとしても、おっちゃんがタケルは奇跡の子だって言うたもんやから、怒っておっちゃんを追い回す羽目に。
 そんな怒ってるアカリにベートーベンの眼魂が乗り移って、怒りこそパッションとか運命と戦え、激しい怒りを力に変えてとかってみんなを追いかけ始めたんで、その騒動の隙におっちゃん消えちゃう。

 ベートーベンの眼魂が離れた途端、忙しいから一人にしてくれるって言うアカリ。えぇぇぇ、ちょっとそれは身勝手やん、いくら眼魂に乗り移られてたからってねぇ。

 タケルの命を救うために何かを知っているかもしれないとイーディス長官に連絡を取るマコト。イーディス長官は、天空寺タケルがすべての鍵だ、眼魔の世界にとっても人間の世界にとっても。今こそ私の目的のために行動してもらうぞって。そしてアデルを止めることが天空寺タケルを救うことにもなるとか。スペクターが来たら一気にガンマイザーを倒すって。いよいよラストに向かっての方向かな。

 アカリが研究しているところにやってくるタケル。アカリとタケルがしゃべってる時、アカリは肉体をカプセルに保存して分離した魂を眼魂に入れることで半永久的な生命維持を可能にしたということを見つける。

 眼魔の世界に行こうとしたアランとマコト。目の紋章に入るんやけど弾き飛ばされちゃう。どうもゲートを封鎖されてるみたいやな。アリアとの連絡も取れなくなってる。
 ゲートを封鎖してたのはガンマイザー。イーディス長官登場、ガンマイザーは自己進化を続け人間の感情に興味を持った、このままでは自我に目覚めるかもしれない。

もはやアデルの手に負える相手ではない。さすがイーディス長官、アデルがガンマイザーに操られてること分かってるやんか。なんかこのセリフ聞いてるとアデルはガンマイザーに倒されちゃうかもしれへんよね。
 アデルがグレートアイに接触しようとしたところ、ウルティマに変身した長官はアデルと共に眼魔の世界から地上に落ちてくる。
 イーディス長官は、このままでは我々の世界から人間がいなくなる、アドニスは悔いていたこんな世界にしてしまったことを、って言うてたよね。まぁどう見たって理想郷には見えへんもんな。
 父上は不完全になったんだというアデルに、イーディス長官はアドニスはお前を…って言うたところで、戦っていたイーディス長官はアデルに飛ばされちゃって最後まで語られず。
 イーディス長官が眼魔の世界から放逐されたのを見て、イゴールが次は自分の番って喜んでたけど、まぁそうはうまくいかへんよね。

 イーディス長官がタケルの側に付いたってことはよく分からなかった眼魔の世界にも詳しいから鬼に金棒ってところかな。
 グレートアイとは眼魔の世界に最初から存在した全知全能叡智そのもの。しかしその正体はイーディスも分からない。アドニスはグレートアイに選ばれ、その力の根源とつながった。アドニスの偉大な力はグレートアイから授かった物。病で妻と長男アルゴス、多くの同胞たちを亡くし哀しみにくれた。アドニスは二度とこのような悲劇の無い世界を望んだ。
 イーディスはその為に必要なシステムを考案し、グレートアイの力で実現した。眼魂による精神の分離とカプセルによる生命維持、肉体の永久保存。これが眼魔の完璧な世界の仕組み。

 アデルは力の根源と繋がろうとするんやけど、あっちから拒否される。ガンマイザーがあなたには足りないものがありますって言うたけど、それって不完全ってことやんか。鍵は天空寺タケルということで、確かめに出かけるアデル。

 イーディス長官の話の続き、タケルやアランはカプセルの中に入った人が消えていくのを見たことを言うと、イーディス長官はあっさりあれは完璧な世界ではないと認めちゃう。人が死ぬと分かっていても何もできなかった。イーディス長官が作りだしたガンマイザーに阻止されたからだ。

 ガンマイザーを作ったのがイーディス長官と知って驚く御成たち。人がむやみにグレートアイに繋がらないようにしたのがあだとなった。世界維持に必要な生命エネルギーを確保するためにアデルとイゴールが人間世界への侵攻を進めた。眼魔の世界が変なのは生命エネルギーが足りてないからってことなんや。

 たとえば、グレートアイという絶対的存在をあがめるアドニスが作りだした教団が眼魔の世界と考えて、肉体を永久保存したいと思ったものが集まってきて信者になったんやろうけど、生命エネルギーが足りなくなってきたということは資金が足りなくなってきたんで、それを得ようと人間界で活動を始めたら、自分たちが集めた資金や権力を自分たちが使いたくなったのがアデルで、権力闘争の末アドニスが倒されたってことでしょうなぁ。仮面ライダーゴーストって、敵側の権力抗争に人間界が振り回されたってことになるんでしょうか。

 最後の希望はグレートアイの力による世界の再生(眼魔世界の再生)、だが唯一その資格を持っているアドニスは迷っていた。その心の揺れをアデルに気づかれ、すべての対抗手段をガンマイザーに干渉された、結局アデルを止めることはできなかった。
 グレートアイの力による世界の再生をしたら、自分が作り上げてきた眼魔の世界が消去されてしまうかもしれないってアドニスは考えてたのかな。

 アカリに、イーディスが完璧な世界を作ったのは友人のためというより自分のためだったのではと指摘されて、動揺するイーディス。アカリはただ一つタケルを救いたいという目標が明確やから、迷いがないよね。

人間界にアデルがやってきたことを察知したタケルたちは駆けつける。そしてアデルはガンマイザーを2体出して、3対3で戦闘開始。
 マコトが昔アデルがマコトを軍人に取り立ててくれた頃は強い信念を感じた、多くの兵士を束ねる姿は輝いて見えたって言うてたけど、今まで1度たりともそんなシーン無かったよね。1回でもそう言うシーン入れてたら、アデルに対する視聴者の目も変ってたと思うけど。多くの兵士を束ねてたら1人や2人アデルの周りに参謀とかいてもおかしく無いやん。そうしてたらちょっとはアデルも違って見えてたやろうに。
 
 アデルが用があるのはタケルだけということで、マコトには偽マコトを向かわせる。ここで偽マコトがいることがみんなに知れる。偽者を倒すとマコトの体にもダメージがあることもみんなに知られちゃったけどね。

 さすがにアランはガンマイザー2体相手にできるほどの力はないからなぁ。

 タケルとの戦いに集中したいアデルは、貴様らから消えろとタケル以外の人間を爆殺しようとするのをタケルが立ちふさがったところで次回へ。

 今までベールに隠してた眼魔の世界の解説して、ラストに向かっていく回。イーディス長官の言葉を聞きとって書いたから、長くなったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.30

動物戦隊ジュウオウジャー(7月4週目)

 第22話 覚醒か?カン違いか?

 ランニング中の門藤が倒れている自転車を起こそうとしてハンドルを掴むと手にちょっとした衝撃を感じる。何かへんだなと思ったけど再び走りだしたら自転車が爆発してまう。爆発が起きたときたまたま買い物帰りのレオ・アム・セラが近くにいて、驚いてその場所に駆けつけたら、門藤がそれで自分が触った物が爆弾に代わると落ち込んでた。
 3人のまたかよ顔が可愛かったやん。そんなところにデスガリアン反応で、お買い物の荷物と門藤を置いて現場に行っちゃう3人。

 今回のデスガリアン・イルジオンは手に持った杖で町のあちこちにあるものを触って回ってた。イリュージョンをもじって付けた名前ということは、今回の劇場版を彷彿とさせるものもあるよね。レオたちが手下と戦ってる間にイルジオンはどこかへ行っちゃう。

 大和とタスクが駆けつけてきて、門藤も呼ぼうかというと、レオが門藤は今使いものにならないって。
 そこで門藤のところにみんなでやってきて話を聞くと、門藤が触ったときぞわっと悪寒がしたという。前回・前々回、大和とタスクがみっちり門藤に関わったから、なんとなくこの二人は門藤に近づいてきてるよね。

 突然爆発音が響いたので驚くジュウオウジャーたち。イルジオンはあらゆる無機物を爆弾に変えることができるので、門藤が触った自転車が爆発したのもイルジオンのせいだった。
 イルジオンが爆発物に変えた無機物がどんどんジュウオウジャーのところに集まってきて、片っ端から爆発し始める。

 そんな攻撃を高みの見物しているジニス達。ナリアがジニスに飲み物を渡したときに、地上での騒動を見てもあまり面白そうじゃないジニスにナリアがハッとしてたけど、何に気が付いたのか気になるやん。

 イルジオンが投げてきた小さな植木鉢を手にした門藤はぞわっとしたので放り投げる。うっかり受け取ってしまった大和たちの手元で植木鉢が爆発するんやけど、門藤だけはその攻撃を避けることができた。

 イルジオンは、あと一つ凄い爆弾が町の中にある。30分以内に処理しなければ町全体が滅びてしまうと言い残して飛び去っちゃう。
 デスガリアンって、そういうの好きやなぁ。ジュウオウジャーが始まったころも、町中を爆発物探しまわるっていうストーリーあったよね。

 門藤が爆弾を触ってぞわっとするのはジュウマンパワーが覚醒しつつあるようで、サイの肌は敏感なのだそうです。
 アムとセナが門藤の手を握りしめて「ごめんね」とか「あんたにならできる」とかって言うたもんやから、すっかりその気になる門藤。ほっぺたが赤くなって目がハートになってるのが可愛かったやんか。
 門藤の操り方が分かってにたっと笑うアム、さすが猫系。

 せっかくやる気になったのに、何を触っても反応しないので落ち込む門藤。制限時間が迫ってきて、どうすればいいんだと触った建物の壁面にぞわっと感じちゃう。

 さすがにこんなでっかいものが爆弾にされていることに、戸惑うジュウオウジャーたち。建物が爆弾だということに気づかれたんで邪魔をするためにみんなの前に現れるイルジオン。

 イルジオンと戦ってる時に、アムが門藤の手を握って何とかしてとか操君ならできるとかってお願いしちゃう。また門藤もお願いされたら俄然張り切って、建物の向かいの場所から、釣り竿を振るって建物に針をひっかけ引っ張り上げようとする。できるわけないって突っ込まれたりしてたけど、なんと宇宙にまで放り上げて爆発させる。

 みんなが門藤のところに凄いって言いながら駆け寄るんやけど、アムが「操君って勘違いしてすぐへこむけど、勘違いして調子にも乗り易いのかな~って」言っちゃう。いやぁアムって可愛い顔と声で怖いこと言うよね。さすが猫系。

 門藤が入ったジュウオウジャーのポージング。門藤は真ん中で結構良い場所にいてたやんか。
 そしてイルジオンに向かっていったけど、落ち込んでる時間も長いけど、調子に乗せられてる時間も長いよね。がんがん一人で戦ってるし、そして最後の仕上げの時だけみんなを参加させてる。
 イルジオンを倒した後でレベルが違うんだよって言うてたけど、さすがジニスが眼を付けただけのことはあったってことかな。

 イルジオンが巨大化し、なんと5個の三角錐をイリュージョンで出して装着しちゃう。珍しいやんか。イルジオンの方は準備万端やのに、ジュウオウジャーの方は今考えるんだよ、俺たちならできるってジュウオウキューブで積み木を始める。イルジオンにおバカって突っ込まれてるし。見てるこっちも何やってんねんって思ったよね。
そこで門藤がジュウオウキューブをジャグリングして、凄いの組み立てちゃった。ワイルドトウサイキング、9つのジュウオウキューブで作ってる、でも結構すっきりしたフォルムで、戦い易そうな感じ。スーパー戦隊ってくっつくのが多くなってくると、動くの大変そう、実のところ立ってるだけちゃうんみたいなのもあるからね。

 ということでイルジオンも折角合体したけど、ワイルドトウサイキングの餌食となってしまいました。

 全員で家に帰ってきたところ、おじさんが夕食を用意してくれてたんやけど、門藤の分が無い。折角調子に乗ってたのに、落ち込んじゃったところで次回へ。
 アムが操君との付き合い方は分かったでしょって。これからどんどん門藤はアムのシモベにさせられそうやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.24

仮面ライダーゴースト(7月3週目)

 第40話 勇気!悲壮な決断!

 すっかりまゆは父親を悪者扱いしてるやん。悪事から立ち直らせるって宣言しちゃってるし。
話合ってる間にそれぞれの家族の思い出を入れ込んでる。たとえばアランやったら病気で亡くなった兄、マコトは子供だった自分を置いて出ていった許せない父。

 次のシーンで仙人が出てきて、マコトの父親のことを死ぬには惜しい男だったって言うてるやん。倒れてる男の側にウルティマが立ってたけど、あんな言われかたすると仙人がウルティマに変身したのかと思っちゃうよね。そして映画に繋がるように作ってあるし。

 カプセルから連行された人間体のアリア。アベルの前に連れて来られて、アベルがこれから行う偉業を見させられることに。でもアベルが期待してるようなことにはならないよね、たぶん。
 
 同僚刑事に父親と心が入れ替わったことを告白し、まゆを探す協力をお願いする。母親が生前好きだった展望台広場へ今夜行くことにしていたということで、同僚刑事がその場所に向かう。
 タケルに答えはいつも心にある、まゆちゃんは本当はどうしたいのと問いかけられ、展望台広場に向かって走りだすまゆの心。そしてその後を追いかけるタケルたち。

 展望台広場に到着した同僚刑事の前に現れたのは、まゆの肉体、しゃべってる内容は完全にガンマイザー。でも同僚刑事はガンマイザーのことは知らないから、真一郎やと思ってるけどね。そして同僚刑事はガンマイザーの攻撃で吹っ飛んじゃう。

 タケルたちが駆けつけると、横からガンマイザーも現れたんで、タケルとマコトは変身してガンマイザーに立ち向かおうとする。タケルが銃で撃ったら、ガンマイザーのバグが修正されて3人の間で入れ替わってた心が元に戻る。身体と心が入れ替わるっていうのは、スーパー戦隊では定型ストーリーで小さいお友達でも分かり易くコメディー化されてるけど、仮面ライダーになるとちょびっと複雑になって、刑事ドラマ仕立ての謎解きが加味されてたやん。

 逃げ出した同僚刑事が向かったのは海岸の崖っぷち。おぉ刑事ドラマっぽいやんか。なんと指名手配犯に情報を流していたのは同僚刑事の方だった。そしてそれを探るのにあの怪しげな情報屋に探ってもらってたって。冷静にこのセリフを聞くと、あり得ない設定にびっくりやん。
 夏目真一郎と同僚刑事の会話がなんか昭和っぽいというか、こってりしすぎの人情刑事ドラマというか、懐かしく見ちゃったよ。

 このお涙頂戴のような感動のシーンにガンマイザーが割り込んできて、夏目真一郎を自分の中に取り込んじゃう。

 それを見てタケル・マコト・アランの3人で変身。ガンマイザーも心を取り戻したら動きが素早くなってなかなか強い。ガンマイザー2体で1匹になってるから、強さも倍ってことかな。そこでグレイトフルゴーストに再変身して、ビリーザキッドとムサシとフーディーニを呼び出す。

 ムサシとフーディーニでガンマイザーの両手を押さえておいて、ビリーザキッドが撃つことで真一郎を助け出す。

 真一郎が出てしまえば攻撃し放題やからな。アランとマコトも登場し、結局5人がかりでダメージを与えておいて、決めるのはムゲンゴースト。いっぺんに2枚分のガンマイザーがやられちゃったアデルは痛手やろな。

 喧嘩しながらでも夜景を見に行く夏目親子。マコトはその後姿を見ながら、でも俺の父さんは違うって言うたあとに、マコトの父親らしき男性が眼魂を握りしめ、巻貝みたいな形の建物の方に向かって歩いて行ったところで次回へ。

 今回は父親と娘の二役をなさった井田國彦さんの演技が見ごたえありました。女子高生役を受けちゃった勇気に感心したというか。

 劇場版の宣伝ショートストーリー見てたら、仙人がラスボスでもおかしくないよなって思っちゃったんやけど、どうなんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.22

動物戦隊ジュウオウジャー(7月3週目)

 第21話 プリズン・ブレイク

 オープニングのナレーション、素の操はだいぶめんどくさい奴だったってところだけ、普通に早口でしゃべってるやん。こんなの今までスーパー戦隊を見続けてきたけど、無かったんちゃう。

 さて本編。門藤は背広着て大和たちのところにやってくる。大和から借りてたシャツを返し、その上お中元まで持ってくるし。お中元をスーパー戦隊で見たのも、私の記憶ではめったに無いような気がする。門藤はレオたちには手作りの縫いぐるみを持ってくる。門藤から一針一針思いを込めて作ったなんて言われると、重たくなっちゃうやんか。
 タスクが門藤に話したいことがあったって、えらい真剣な顔で言うてるやん。タスクが興味があったのはザワールドのアイテム。作り方とか聞いてたけど、ザワールドは完成品をもらっただけ。折角仲良くなれると思ったのに、また落ち込んじゃった。

 今週のデスガリアンは昔のイメージの囚人で、足に付けるおもりを投げつけると目の前にいた人々の足におもりが付いて地下に引きずり込まれてしまう。

 落ち込んでる門藤を背負って現場に駆けつけたレオ。変身した後も門藤背負ってるやん。邪魔なんで途中で降ろされてたけど。たぶんデスガリアン反応が出たときに、門藤を連れていくかどうか5人で相談したんやろな。大和が連れていこうって言うて、タスクの発言で落ち込んじゃったからタスクが背負うと言うたんやけど、背負いきれず(変身してたんやったら背負えたんやけど)、仕方がないなぁってレオが背負うことになったような気がする。

 座り込んでる門藤が攻撃されそうになったんで、守ろうとしたタスク、この二人の足におもりが付けられ、二人揃って地下に吸い込まれてしまう。デスガリアンも地下に潜ってしまう。セナが追いかけたんやけど、誰もいなくて空間が歪んでいるとのこと。

 地下で気が付いたタスクと門藤。門藤はまだいじけてますなぁ。仕方ないんでタスクが地下牢を探ってみることにする。おもりの付いた足を引きずりながら歩いていると潮の香りに気づく。

 地上で相談してる4人。その時アムが戦いの最中デスガリアンの足にかみついたら塩の味がしたんで、海の方かもしれないという。ほほぉ、あのかじりついたシーンはそういう伏線を張ってたのか。

 タスクは地下洞窟の出口にたどり着き、目の前に海が広がっている。出られると思ったらデスガリアン登場。そしてタスクの足にあと3個おもりを追加する。そうなると動きがとれないやんか。そしてデスガリアンは洞窟の出口を崩してふさいでしまう。

 その轟音が人々のいるところまで響いてきたところで、やっと門藤が動く気になる。だいたい門藤のやる気スイッチってどこで入るんやろ。誰かがいると、その人にどう思われてるか気になって動けないのかな。自分一人でなんとかせねばならんとなって初めて動きだすのか。

 タスクが倒れている場所までやってきた門藤。タスクが気が付く。タスクの姿を見て、ひとりで行かせた僕が悪いとまた門藤が落ち込んだんで、タスクは君が本当に反省すべきはその性格だって怒る。そして自分が怒ったことに人にきつく当たってしまうことを反省するタスク。
 それを聞いて、門藤の心の中でさいがタスクと分かり合えるかもしれないねぇって言ったもんやから、その気になっちゃう門藤。

 そこへデスガリアンの手下たちが登場したんで、門藤が変身して戦い始める。地上ではタスクたちがいる場所を特定した大和たちがやってくる、そこにいたデスガリアンと戦い始める。

 洞窟の方は手下相手に先週までのザワールドとは思えないぐらい苦戦してたら、洞窟の天井に引っ付いていたキューブコウモリが動きだして門藤やタスクの足に付いていたおもりを外してくれる。動けるようになった二人は他の囚われていた人々と共に洞窟の外に出てくる。
 表では大和たちが変身してデスガリアンと戦ってた。そこにタスクと門藤がようやく合流して変身したから、ここで名乗り上げ。
 最後の決めポーズまで待っててくれたデスガリアン。普通ならここで全員で力を合わせて戦うところなんやけど、ザワールドが飛び出して一人でおいしいシーン持って行ってるやんか。5人もちょっとあきれ気味やったよね。

 デスガリアンが手に持って振り回してる鉄格子。仮面ライダードライブの初めのころにちょくちょく出てきたのと似てるよね。

 最後、野生解放したタスクの背にまたがるザワールド。タスクは疾走してますなぁ。二人で協力してデスガリアンを倒す。

 いちいちタスクばかりを呼ぶんで、ちょっとイラッとしてるタスク。まぁね門藤はタスクと分かり合えてるって勘違いしてるからなぁ。

 巨大ロボ戦は3対1。3対1なのに、ちょっと劣勢でキューブコウモリに助けてもらう。キューブコウモリは武器としてはブーメランになるんや。

 最後、タスクに釣りを教えようとする門藤。もんどうってめんどうやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.16

仮面ライダーゴースト(7月2週目)

 第39話 対立!父と娘! 

 眼魔の世界、アデルがガンマイザーに、偉大なる力を手に入れるためには具体的にどうすればいいと問うと、ガンマイザーはそれは意志の力って答えたやんか。
具体的にやのに、なんか禅問答みたいで、よく分からんかったな。

 それは非常に興味深いと言いながら現れたイゴール。イゴールが眼魔の世界に戻ってきたの久しぶりやから、アデルの事情をあまり知らないって感じかな。
そこにアリアが現れて、イゴールに下がれと命令するんやけど、拒否したら思いっきり凄いビンタ食らわせてるやん。今までアリアがあんなでっかい声出したこと無かっのにね。
 アリアの言葉によると、病に倒れ亡くなったアルゴスという兄がいてたんや。その哀しみから完璧な世界をアドニスは作ろうとしてたとか。それでずっと祈り続けてたのかな。

 アリアがネクロムに変身したのにはびっくりしたよね。ネクロムに変身するメガウルオウダーをアリアの護身用にイーディス長官が作って渡してたんやろか。アデルもちょっとびっくりしてたし。折角変身はしたけれど、ガンマイザー相手に戦うには非力すぎたけど。アリアの眼魂が破壊されたんやけど、それを2つのガンマイザーが合体した蟹みたいなのが吸収してしまう。大切な存在だが戦う矛盾、相反する二つの感情分析不能、観察開始と言って消えちゃう。またまたアデルの知らない現象が起こって戸惑ってるやん。毎週、ガンマイザーに驚かされてるよね。

 今週のおっちゃんのコスプレは、15人の英雄の特徴を混ぜてあるグレイトフルコスプレですな。これが微妙に似合ってると思っちゃうのは、ゴーストが始まってからずっとおっちゃんを見続けてきた慣れでしょうか。

 寺の門前で親子が喧嘩してるということで、その場に駆けつけるタケルたち。父親は刑事の夏目真一郎。急な仕事が入ったので娘と約束していた墓参りができなくなったことで喧嘩していた。娘の名前はまゆ。

 まゆが言った私のことはどうでもいいくせにという言葉に、マコトは自分たちを置いて去って行く父親の後ろ姿を思い出してたけど、これが映画に繋がってるっぽいよね。相反する感情を見つけたガンマイザーが観察を開始するんやけど、大天空寺の周りをウロウロしてたらガンマイザーに目を付けられやすいんかいな。

 その親子の前にガンマイザーが現れて、ビリーザキッドで攻撃仕掛けたらガンマイザーは抵抗もせずに、とっとと逃げ出しちゃう。珍しいよね。

 そして父親は車の中の鏡を見て、まゆがパパになっちゃったと叫ぶ。父と娘の心が入れ替わったんやけど、ここからはお父さん役の役者さんの腕の見せ所。

 刑事という仕事を優先させて、家族を犠牲にしてきたことに怒ってるまゆ。父親を連れてまゆを探すことにしたタケルたち。ここでストーリー書いててもお父さんと書くべきかまゆと書くべきか、めっちゃややこしいやんか。

 蟹みたいなガンマイザーはアリアの眼魂を吸い込んだんでバグが発生してて人間の感情に興味を持ったと推測され現在故障しててコントロール不能ですか。

 夏目刑事は何か裏がありそうやんか。いかにも裏稼業の男が近づいてきて、例のものが手に入りそうだって耳打ちしてきてるやん。
 次にやってきたのは夏目の同僚刑事で、一緒に捜査している指名手配犯に逃げられるのはだれかが捜査の内容を犯人に教えてるのが夏目ではないかと疑ってる。

 こういう時タケルは透明になれるから便利やよね。でもタケルが透明になれること久しぶりに見たような。
 まゆが歩いているのを見つけた夏目は後を追いかけるんやけど、ガンマイザーに行く手を阻まれちゃう。タケルが追いかけてきてムゲンゴーストになるんやけど、ガン

マイザーも戦おうとしてみるんやけど、うまくいかず逃げちゃう。どうするんやろね、このガンマイザー。

 そこにイゴールがウルティマとか連れて現れるんやけど、ちょこっと戦ったところでスペクターまでやってきたからか、消えちゃう。

 裏稼業の男から連絡があって東埠頭に13時行ってみたら、裏稼業の男が倒れていた。それにびっくりしていると夏目の同僚刑事がやってきて、夏目を問い詰める。そこに指名手配犯の男まで顔を出してくるし。なにがどう絡み合ってるのか、尺の都合で急展開すぎるやん。
 指名手配犯の男を見て、情報を流していたのはお前かと夏目を疑う同僚刑事。そして刑事の姿を見て逃げ出した指名手配犯を追いかける。

 同僚刑事の前に現れるガンマイザー。イゴールが再び出てきたんで、タケル・マコト・アランの3人で変身。

 まゆがさっきから無表情で歩いていると思ったら、観察って言うて同僚刑事の方に向かっていったということは、ガンマイザーに父の心が入ってまゆにガンマイザーの心が入ったんかいな。これはややこしい。

 邪魔をするイゴールたちをまずは片付けるべくタケル・マコト・アランが3人揃って戦う。タケルがアランとマコトに英雄眼魂貸してあげたりするんやけど、これも相手がイゴールたちってことで余裕があるからできるんやろな。イゴールの眼魂、破壊されてたよね、でも幹部なんで何回も復活してきそうな気もするな。

 そして父親が捜査情報を流していたのではないかという疑惑を確かめようとするまゆというところで次回へ。

 そういえば、今週はビリーザキッドがカノンに憑りついてたけど、なかなかキュートでしたな。カノンもこんな感じでセリフ言えるようになったんや。次で40話になるんやもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.09

仮面ライダーゴースト(7月1週目)

 第38話 復活!英雄の魂!

 ムゲン眼魂について、再度確認中のタケル。仙人曰く、ガンマイザーの進化に、英雄眼魂が対応できなくなった今、ムゲンだけが頼みの綱。タケルは英雄眼魂はまだ強くなれるって信じたいみたいやな。

 山奥で鬼が暴れているという不可思議現象の連絡があったので行ってみたら、暴れていたのはジャベルだった。ジャベルなら、御成が引き受ける。逃げ出そうとするジャベルと捕まえようとする御成の動きがちょっとダンスっぽくて良かったやんか。ジャベルもいつの間にやら、本人が深刻になればなるほど、お笑いの担当になっちゃってるからね。

 胸の痛みを抱えながら、外出したマコトの前に、偽マコトが現れる。そして今週もディープスペクター対スペクターの戦いは続くんや。

 アベルがガンマライザ―を引き連れて地上に降りてくる。そこに駆けつけたタケルは英雄眼魂はまだ戦えるってグレイトフル魂で15人の英雄を呼び出してガンマイザーと戦わせるんやけど、どんどん消去と排除で片付けられちゃう。アデルはマコトに新しい力を使えって命令してたけど、それってただアデルが焦ってるだけにしか聞こえないよなぁ。

 なんとガンマイザーがアデルに取りこまれて、怪人になっちゃったやんか。顔の周りが花びらで囲まれてる。今頃こんな姿になっちゃうってことは、ラスボスではないというのが確定した感があるなぁ。でも本人は力の根源を手に入れてすべてを超越した存在になるって思ってるみたいやけど。アデルが蔓をタケルに向かって伸ばしてきたので、タケルはムゲン魂で変身。蔓にライダーキックをしただけで、それでいいと言ってアデル消えちゃう。いや、本当にそれだけでええんかいな。何が分かったんやろ。

 地面に散らばって落ちている英雄眼魂を拾い上げるタケル。地下実験室に戻ってきたタケルは、仙人に英雄の力を信じると告げる。
 マコトの方は、ずっと消耗戦やってるやん。一旦偽のマコトは消えるけど、アデルのところには10人以上のマコトがいてたで。アデルはマコトにどんな恨みがあるねん。大人の事情で考えたら、マコトまでガンマライザ―と戦われたら困るんで、マコト用に作りだしたんやろな。マコトとの戦いで分析も済んでるしね。

 河原で目を覚ますジャベル。ジャベルにお弁当を勧める御成。おにぎりのおかずがなぜメンチカツなん?坊さんが作るお弁当のおかずには思えないよな。根菜類の煮物とか味噌田楽とか、そんなイメージがあるんやけど。

 ジャイロがアデルにムゲン魂と戦わせてくれと直訴して、了承される。

 タケルの方も英雄眼魂にムゲン魂を使ったことを怒っているのかどうか聞いてみる。代表して武蔵が、英雄たちはタケルが成長してきたことを誇りに思ってる、充分に成長したからこそ、英雄眼魂の役目は終わったと言われる。

 そこにユルセンが、ジャイロがタケルを呼んで暴れてると言ってくる。その現場にやってきたタケルに向かって、ムゲンを倒しに来たと言って、パンチやキックを炸裂させるジャイロ。いやぁ、さすがアクションが速い!!変身していない高岩さんのアクションを拝見できるなんて眼福でございます。
 もっと見たいのに、ウルティマに変身しちゃった。タケルは俺眼魂で変身する。

 ムゲンと戦うためにやってきたのに、タケルがムゲン魂を使わなかったんでちょっと不機嫌なジャイロ。タケルは武蔵眼魂で変身しようとしたのに、武蔵眼魂は役目は終わったと思ってるから動いてくれない。ジャイロ、よそ見をするなって思いっきりゴーストの胸のところにキックくらわしちゃってるやんか。

 タケルの眼魂のお蔭で強くなれた、眼魂はまだまだ強くなれるという言葉に再びタケルとともに最後まで戦おうと武蔵眼魂がタケルのところに飛んでくる。
 このシーン見てて、タケルの気合いの入り方が力強くて、ヒーローとしても成長したなと思ったもんね。

 ここから15の英雄眼魂で次から次へと変身していくんやけど、ニュートンとかエジソンとか最初のころに登場した眼魂が懐かしかったやん。

 結局、ムゲン魂と戦いたかったジャイロはグレイトフルゴーストと15人の英雄眼魂に倒される。

 それを見ていたジャイロは何かを決意してその場を立ち去る。御成に言わせるとジャベルも進む道を必ず見つけることでしょうやて。ただ商店街をウロウロしてる風にしか見えんかったけどね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.07

動物戦隊ジュウオウジャー(7月1週目)

 第20話 世界の王者

 ナリアにもうお前らには従わないと宣言したザワールドの人間態ってところから。門藤操って言う名前かぁ。もんどうって言うたとき問答無用がピンと思い浮かんでもうたんやけど。ザワールドの時の攻撃は問答無用やったよね。レオたちが自分たちはジュウマンだけどなって本性を現したら、門藤、めっちゃ怖がってたやんか。

 取り敢えず大和の家にやってきた門藤。大和が服を貸そうとするんやけど、服を借りる資格は無いって言うし、おにぎりを出してもらっても、ご飯を食べる資格は無いって言うし。門藤曰く、子供のころから身体が弱く恥ずかしがり屋で気が弱かったから、あだ名で呼び合える友達もできず独りぼっちだった。そこで強くなろうと頑張ったけど、やっぱり孤独だった。そんな時デスガリアンに捕まって、ジニスが気に行ったのは暗くて卑屈な目をしていたからだって。ジュウオウジャーのオーディションで採用されたのもそんな理由やったんやろか?って思っちゃうよね。だいたい6番目の戦士って人の話を聞かず我が道を行く強い男ってキャラクターが多かったような気がするから、ちょっと今までとは違ったキャラクターを狙ってたのかな。
 レオがめんどくせぇって怒鳴ってたけど、確かにそうやな。

 飛び出していった門藤を見つけた大和はコンビニで買ってきた食料を一緒に食べようって誘うけど、そこでぶった切ってCMに行ってもうたやんか。で、CM開けたらデスガリアンが暴れてる。なんか編集の仕方が雑だったような。

 ザワールドを探すために、アザルドとクバル揃って地上に行かされてるやん。デスガリアンが暴れてるんで駆けつけてきたレオたちにザワールドの居場所を聞きだそうとする。セナがそんなこと言えるわけがないでしょって言うてたけど、ここにいる4人はザワールドがどこにいるのか知らないんやから、居場所聞いたって無理やのにね。

 門藤の心を開こうと努力中の大和。ジュウマンパワーがあるんやから、一緒に地球のために戦おうって言われても、子供のころから孤独ってことは喧嘩もしたことないやろうから、冷静に考えればためらって当然でしょ。

 レオたちは門藤との交換するための人質にされていた。4人揃って門藤がジニスに捕まえられてた時と同じように両手を鎖でつながれてるやん。そしてジュウオウチェンジャーで大和に連絡が入ったんで、助けに行く大和。ジュウオウゴリラに変身し、まずはアザルドと戦い始める。クバルはレオたちにザワールドの居場所を教えなさいって言うたら、言う訳ないだろと言ったレオの言葉の後に4人揃ってバーカって言うてたやんか。ちょっと可愛かったよね。でも今でも子供たちってバーカとかって言うんやろか。

 門藤は廃工場の外に立って中の様子を聞いていた。自分のために戦ってくれているみんなを助けようかどうしようか悩んでるところで、門藤の前にサイとワニと狼のジュウマンが現れるんやけど、しっかり俺たちはお前の妄想だとかってはっきり言ってるやん。妄想やから門藤の都合の良いことだけ言うてたんやて。

 そして門藤は、俺はこの罪を背負って戦うと決める。これってザワールドの決めゼリフになるのかな。世界の王者か、そうでも言うて自分を鼓舞しないと、すぐに弱気になっちゃうんやろな。

 ザワールドの野生大解放で、クバルとアザルドにワールドザクラッシュで強烈な衝撃を与える。アザルド、久々にばらばらにされてたし。ここでアザルドとクバル撤退。空に浮かんでたのは巨大化してるボーリンゲン。いやぁ、すっかり忘れてたやんか。ザワールドが助けてたからなというタスクの言葉を聞いて、体育座りになって落ち込んでるザワールド。大和が慰めてたけど、毎回何かに引っかかって落ち込んで大和に慰められるというパターンになるんかな。でも最後に近くなってきたら、ジニスとの対決が待ってるやろし。

 巨大ロボ対決はザワールドが担当。キューブクロコダイル、キューブウルフ、そしてトウサイジュウオウの活躍をたっぷりと。

 あだ名で呼び合う友達もいなかったというのを思い出して、みっちゃんと呼びかける大和。みっちゃんって、なんか昭和の香りがするなぁ。今度食事でもって声をかけてもらってめっちゃ喜んでるやん。食事会の時にみんなに渡そうと、門藤が作ってた縫いぐるみ可愛かったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.02

仮面ライダーゴースト(6月4週目)

 第37話 修得!それぞれの道!

 マコトがマコトのそっくりさんと戦うことになったところから。そっくりさんの方はスペクターでマコトはディープスペクターに変身。スペクター対ディープスペクターやったら、ディープスペクターの方が強いんちゃうん。

 アランの方は猿・豚・河童相手にしてたけど、腹ペコすぎて動けない。

 ホナミは大天空寺にいて、そこにアイドルのオーディションに受かったアカリたちが戻ってくるんやけど、アカリを見て「アイドルってそんな生易しいものじゃない」と怒って出ていっちゃう。なんかすごい実感があるように聞こえたんやけど。アイドルもほんま星の数ほどいてるからなぁ。こんなに厳しい世界やのに、そう見せないようにがんばらなあかんのやろな。

 マコト対マコトの方は、ディープスペクターの方が押されてるやん。とはいえ、お前のすべてを奪ってやると大きな口をたたく偽者を蹴倒したらどこかに消えていっちゃったのはホッとしたところやけど、マコトは胸に痛みを感じる。
 あれっ、マコトの背後に幹部服の男が立ってるやん、誰かな?と思ったら、マコトの偽者。しつこいよねぇ。
 そして変身してまた戦い始めるんやけど、消耗戦やろ。お前が本物だとどうして言いきれると捨て台詞を残して消えちゃう。そして倒れこむマコト。

 アランの方は猿・豚・河童が訓練しているのを見かけて、その技を教えてくれと頼む。

 ホナミはダンスの練習をしているアカリを見るに見かねて、ダンスを教えることにする。アカリが一人で練習してる時、音楽も流してないやん、そりゃぁリズム取るのも難しいやろ。アカリとホナミが練習し始めたんで、残りの3人に協力をしてもらうように頼みに行くタケル。
 大天空寺まで3人を連れてくるけど、3人はアカリがダンスを踊れるようになったのを確かめて帰って行く。

 アランは色々失敗を繰り返したけど、なんとか技を修得できて、猿・豚・河童に認めてもらえる。

 アデルはガンマイザーに焦りと不安を見抜かれてて、自分たちと一つになろうって誘われてるやんか。

 アカリが参加したライブ。緊急告知のポスターを見たらホナミも並んでるのに実際はホナミは舞台に出ないんや。これじゃぁホナミを応援してるファン、怒るやろ。アカリは途中までは特訓の成果で歌も踊りもなかなかのものやったんやけど、途中で転んで足をねん挫してしまう。そこでホナミにやり直そうという仲間たち。

 アランは技を修得し、たこ焼きも食べさせてもらえて、こちらの世界に戻ってこられるんやけど、その途端ジャベルが現れて、最後の決着を挑まれる。

 タケルはガンマイザーの気配を感じて外に出る。そしてムゲンゴーストに変身して戦い始める。
 アランはサンゾウ眼魂を使いこなせるようになるというか、ついさっきまでサンゾウ眼魂タケルが持ってたやん。いつの間にワープしてきたんや。猿・豚・河童が言うこと聞いてくれるようになったのは修練の結果やと思うけど、サンゾウがキントンウンに乗っちゃうのには驚いたやん。

 ゴーストは無事ガンマイザーを一つ爆破。

 あれだけ先週、人の心の声が聞こえるリングを煽っておきながら、アカリがあれはリングの副作用でビルズが改良して、今はすっかり治ったって一言で片づけてたやんか。そんなんでええんかいな。イゴールとビルズが人間を利用するために計画し作ったリングとかじゃないのかぁ?色んな戦いやアイドルグループの再生を追っかけるのが忙しくてうやむやにされちゃったのは、なんとなく後味がすっきりしなかったよな。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »