« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016.08.28

仮面ライダーゴースト(8月3週目)

 第45話 戦慄!消えゆく世界!

 私が世界になる。私そのものが。と言うアデルで始まったゴースト。
 デミアの製品版を使っている人間の額から金色の光が出ていてそれがアデルに繋がってる。

 タケルは人にはそれぞれの人生、一人一人の未来があるって言うんやけど、アデルは全く無視。そしてタケルも自分に中に取り込もうと金色の触手を伸ばして絡みつく。でもタケルは両手に持った剣でその触手を斬り、アデルに向かって行く。アデルとタケルが剣を交えたとき、二人は互いの中に入って、それぞれの過去の映像を見る。
アデルたちの母親ってアリアとそっくりやったんや。アデルが見たタケルの過去はみんなで手巻きずしパーティーやってたところやったけど。

 驚いて逃げちゃうアデル。タケルは変身解除の後、気を失う。その様子を見ていた白い二人の女の子が「鍵は天空寺タケルにあり」とつぶやく。

 テレビで緊急記者会見が流れてるんやけど、大規模集団催眠現象の原因発覚、異変の原因である宇宙から降り注ぐ電磁波はディープコネクト社のデミアの端末で防ぐことが可能と判明したって。それを見たアカリ達は危機感を抱く。ここで仙人がアデルはデミアとグレートアイとつながった今、すべての望みは絶たれたって言いながら現れる。

 タケルがやってきてアデルとつながった時幸せそうな家族の記憶を見たという。タケルはアデルと再び繋がって思いを伝えればきっとって言うてたけど、アデルの方はタケルと繋がったことで、これが奴の可能性、人と繋がるなど不快だ、天空寺タケルを消去しろって命ずる。

 タケルに心の中を見られたことで、自分の弱点を知られたみたいな焦りでもあるんかな。アデルが連れて出てきたのがガンマライザーとマコトの偽者。アデルの周りにはどんどん部下が減ってきてる感じやんか。

 地下研究室でのミーティング。モノリスの目の紋章を眼魔の世界へのゲートに使おうってことなんやけど、マコトとカノンが10年前に眼魔の世界に行けたのは偶然で、仙人や龍たちとの研究では最後まで安定性が保てず別次元へ飛ばされる危険性が高かったとか。それを聞いて、ほんまかいなとゴーストが始まったころの感想文を読み返してしもうたやん。あれは眼魔の世界の方からも人間を取りこむテストでもやってたと解釈した方がいいのかな。

 タケルはエジソンの言葉心の中にある答えを感じ取るを思い出しデミアに繋がるチャレンジを始める。
 マコトはディープスペクターに変身してガンマイザーに繋がろうと試みる。そこに現れた偽者のマコトもガンマイザーに作ってもらった眼魂でディープスペクターに。だから同じ力同士で戦っても相討ちになるだけやんか。互いにライダーキックで攻撃したんやけど、偽者の方があっさりと消えちゃう。いつもなら胸を押さえて苦しんでたのに、今回はなにも起こらないマコト。

 デミアの世界に入りこめたタケル。それを感じたアデルはタケルを排除するためにガンマイザーを向かわせる。ガンマイザーはタケルの力の源が人の思いを知り未来に繋ぐというのを聞いて分析不能、だがその力は我々に有効とこっちもあっさり消えちゃう。
 
 ディープコネクト社へビルズに会いに行ったアランや御成たち。あなたたちもデミアに繋がるのですと言うビルズの体から眼魂を取り出し破壊するアラン。
ビルズはイゴールの束縛から離れて正気に戻るんやけど、あまりにも簡単に正気に戻っちゃったので、この数か月引っ張り続けてきて、なんやねんと思っちゃったやんか。

 カプセルで眠っている人々が金色になって消えていくのを見て驚くジャイロ。いやぁジャイロがまだ出てくるとは思ってなかったなぁ。金色になって消えていくということはアデルに取りこまれてるんやな。ジャイロがこのままでは我らの世界がと訴えたとき、ジャイロの顔が一瞬アデルに変形し元に戻ったらなんの意思も持たない顔になって去って行っちゃう。
 アリアやアデルが子供のころの眼魔の世界はめっちゃ穏やかな世界やんか。それがああなっちゃったのか。

 タケルの母はタケルを産んだすぐ後に亡くなったのか。そしてアデルもまた、まだ幼かった頃に母を亡くしてる。アドニスは妻を亡くしたことで人が死なない世界を作ることに憑りつかれて残された子供たちに振り向かなくなった。龍も眼魔の世界を研究することに熱心で、寺を継いで坊さんにならんかったしな。

 いよいよアデルの命令ではなく、自分たちの進化のためにタケルを分析取りこもうとガンマイザーが動き出す。

 たこ焼きを買いに行った帰り、靴ひもを結びなおしているカノンの背後に迫るマコトの偽者。首を絞めようかと構えるんやけど、何かの気配を感じて驚いてる。で、カノンが振り向いたら消えてた。

 ガンマイザーが3体出てきたなと思ったら、マコトとアランも駆けつけてくる。ガンマイザーを倒してホッとしたところでタケルが消えちゃった。でもタケルはその場所にいてるのに。どうしてそんなことに…。
 そして眼魔の世界では。でっかい眼魔のシンボルタワーの地下深くにモノリスがあって、目の紋章が青白く光ってるところで次回へ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.27

動物戦隊ジュウオウジャー(8月3週目)

 第26話 大切な日を守りたい

 ジュウオウジャーのみんなでお茶してると、大和の大学時代の友人・大地が通りかかる。
 その頃バングレイは海辺の堤防で釣りしている男性の頭に手を置いて、記憶を探っている。でもバングレイの探しているものの手がかりは無いみたい。というか、わざわざこのシーンのために海辺の堤防にロケに行くなんて、ご苦労様です。ほんま何を探してるんやろ。

 探し物が見つからない腹いせにつまみ食いをしに行くことに。その様子を窺うジニス達。ジニス曰く、予想できない駒があった方がゲームは楽しい。記憶を読まれたクバルにも変化がって言うナリアの言葉にも冷静なところを見ると、ジニスはクバルのことを知っててゲームに参加させておもしろがってるんかな。

 大地を連れてみんなで家に戻ってきた大和。大地の話で大和が大学生のころどんな学生生活を送っていたかが描かれる。みんなのレポート手伝ったり、動物観察のイベントを主催したりしてたって。なかなか積極的やってんな。イベントのチラシを配ってたけど、どうりでジュウオウキューブや鳥男のチラシ配りが慣れてると思ったら、これやってたからなんや。

 大地は職場結婚をすることになり、それで大和に連絡をとってたんやけど、大和が色々忙しくて受け取れてなかった。というか大和は自分用のスマホ持ってるところ見たこと無いもんなぁ。最近はジュウオウキューブばっかりやから、ジュウオウジャー以外の人たちとの連絡がおろそかになってるんちゃうん。メールとかいっぱい溜まってたりして。

 大地の結婚式の日、大和以外のメンバーもドレスアップしちゃってる。日本の結婚式の風習知らんもんなぁ、大和がびっくりするのも当然やろな。
 取り敢えず二階席から見るのをOKしてもらう。新婦が入場したところでデスガリアン反応があったんで、大和には告げられずに教会の外に出ていくジュウオウジャーたち。

 彼らの前に現れたのはバングレイ。バングレイ、大和と大地の話立ち聞きして、結婚式を邪魔しようとしてたもんね。大和の記憶のつながりを切ろうとしたけど切れなかったんで、今度は現実のつながりを切ろうと思ってやってきた。その言葉を聞いて怒るジュウオウジャーたちは変身する。名乗り上げで大和がいないときは門藤が真ん中になるんや。人間の時はすぐに端っこに行っていじいじしてるのにね。そんな門藤が真ん中ということにレオはなんの疑問も挟まないのかな。

 バングレイを行かせないように必死で頑張るジュウオウジャーたち。でも強さが違うからなぁ、野生解放しても太刀打ちできず。ジュウオウジャーたちがいなくなったことで心配になって教会の外に出た大和は、本能覚醒した視力でみんながバングレイにやられている姿を見つける。

 すぐに現場に向かってゴリラで野生解放するんやけど、バングレイはレオの記憶の中からデスガリアンを呼び出して、大和の相手をさせる。それに大和が手間取ってる間に教会にむかう。バングレイは大和を絶望させるために大地を狙っていた。

 教会の前に出てきた大地夫妻の前にバングレイが現れる。大和は渾身の力を込めてデスガリアンを片付け、イーグルに変身して空を飛びバングレイの前に立ちはだかる。こういう時イーグルになって一瞬のうちに現場に向かえるのは良いよね。ジュウオウイーグルのセリフ、新しいつながりを絶対守るという言葉を聞いて大地はジュウオウイーグルが大和ではないかと感じる。この後のBGMの出だしも「守りたいのさ、この星を」やったやんか。おしゃれな選曲やんか。

 イーグルが鞭をバングレイの足に絡めて、空を飛ぶ。そして風力発電の羽根にバングレイをぶつけると羽根が破壊されてたやんか、2台も。そりゃぁ風力発電、前評判ほど使えていないとはいえ、あれだってめっちゃ高価なものやねんから、そんな大胆なことされても困るよねぇ。

 かなりバングレイを痛めつけるところまで行ったのに、大和の記憶から巨大デスガリアンを登場させて、退却しちゃうバングレイ。大和もバングレイを退却させるところまでできるようになったんや。

 バングレイに逃げられたのは悔しいけど、目の前の巨大デスガリアンを片付けるためにジュウオウトウサイキングへ。大和が今更お前に負けてられないと倒しちゃう。
 そして結婚式も無事終了。

 森の中で鳥男が地面を掘ってジュウオウキューブを取り出すと、手の上で動物に変化する。チーターみたいなもんかな?その時、鳥男に声をかけたのはラリーさん。二人は顔見知りみたいやんか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.23

仮面ライダーゴースト(8月2週目)

 第44話 起動!デミアの恐怖!

 アデルとイゴールはデミアを使って人間の世界を眼魔の世界と同じようにしようと考えている。元々人間の魂を資源として使うつもりだったという仙人の解説から始まったゴースト。

 マコトとナリタ・シブヤはビルズの元に行って話をすることに。アカリは仙人と共にサーバーの場所を探すことに。タケルはヒロキのことが気になるので、そちらに行ってから合流することに。アラン(御成の眼魂が入ってる)が意識を失ってる御成を背負って移動するんやけど、アランの中の人大変やな、御成みたいな演技はせねばならんし、御成を背負わなあかんし。

 ヒロキが消えてしまったと困惑する母親。熱い熱いというヒロキの声とシャワーの音がするので風呂場に行ってみるとヒロキは透明になってた。そして御成もきえちゃったってアランがやってくる。

 デミアの製品版リリースイベント特設会場には人々がどんどん集まってくる。

 ヒロキが元気で普通の子供でさえいてくれればってお母さんは心配してたけど、誰がデミアをヒロキに渡して使用するようにしたんやろ。町で配ってたのをもらって使っちゃったんやろか。その辺の事情は描かれて無かったよね。

 変な歌が聞こえ始めて、ヒロキの魂が体から抜けていく。その魂を掴んだタケルも一緒に消えて異次元の世界に行ってしまう。タケルは空中に浮いてるんやけど、その周りに白い羽根が飛んでて、それはデミオで繋がった人たちの記憶なんやて。
 次にタケルはオレンジ色のサッカーコートに立っている。そこにはサッカーのウェアを来て立っているヒロキがいる。ヒロキは透明の六角柱に閉じ込められて、宙に浮く。タケルが六角柱に手を伸ばすんやけど、電流が走って飛ばされる。透明の六角柱も分かり易かったけど、眼魔の世界にあった棺桶みたいなカプセルでも良かったかも、そうしたら人間の世界と眼魔の世界を同じにするって言うのが視覚的に表現できたような気がするな。空中にはデミアを使用していた人たちがヒロキと同じように六角柱に閉じ込められていて、魂となり、その六角柱が集合してでっかいコンタクトレンズになって、ビルに描かれているでっかい目の紋章に引き寄せられる。

 あの不気味な歌が流れて続けてたんで、タケルはベートーベンを思い出し力を貸してもらうことに。不気味な歌を打ち消すように、喜びの歌が流れ始め、閉じ込められている人々に大切な人のことを思い出すんだとタケルが訴えると、ヒロキを始めとして閉じ込められていた人々が元に戻って行く。するとタケルが眼を覚まし、ベッドに寝かされていたヒロキも元に戻っている。コンタクトレンズも外れる。

 なんとデミアの製品版は5000万人の人が持っているって、そんなに拡散してたら、ベータ版のように人々を助けることはできないから、サーバーの場所を特定したのでそちらに向かうというアカリ。タケルも向かうことに。

 サーバーのあるビルに行くとイゴールが屋上でタケルたちが来るのを待っていた。タケルたちにデミアを開発したのは自分で、ビルズは手下ということを明らかにする。アカリが騙されていたことにショックを受けてたよね。
 イゴールがガンマライザー2体を出してきたんで、御成お待ちかねの変身。たぶんみんなが変身するのを見てて自分も変身願望がずっとあったんやろうなとは思ってたけど、御成もまだまだ悟りが開けてませんなぁ。

 イゴールがガンマライザー使えちゃうってどうよ、とも思うけどね。イゴールにちょこっとやられて変身解除、御成眼魂も潰されちゃったので、御成の魂は元に戻る。

 御成はアカリのところにと言って走って行く。目を覚まして変身したアランとタケルはイゴールとガンマライザーと戦い、マコトも眼魔と戦ってる間に、リリースの時間が迫り、ビルズが舞台でカウントダウンを始める。アカリはサーバーを操作してなんとかリリースをストップさせるんやけど、ここにあるのはベータ版のテスト用サーバー、メインサーバーは別の場所ってイゴールは聞かれもしないことべらべらしゃべってるやん。
 こんなおしゃべりやと長官は無理やろな。

 製品版がリリースされたと同時に、会場に集まっていた人々の魂が抜け、金色の光が束になって空を飛び始める。タケルはこの光の束がサーバーに向かっているということで追いかけて行く。

 タケルが到着したのはディープコネクト社が管理している廃教会だった。教会の祭壇にはモノリスが立っていた。それを守るガンマイザーが現れたんで戦い始めるタケル。イゴールが陰から覗いてたんやけど、アカリと御成も到着し、アカリのビンタを食らうイゴール。なんと今回はビンタの手の後を真っ赤に描いてあるやん。形はアカリの手とは似ても似つかないグローブやし。ここまでくると完全にビンタがギャグになっちゃったな。

 ゴースト・スペクター・ネクロム3人揃ったライダーキックでモノリスを破壊したんやけど、そこからアデルが登場しデミアとつながる。

 その教会の外には、二人の女の子が現れて、鍵は天空寺タケルってつぶやいてる。この二人の女の子、ネットでライダー眼魂のミニドラマを配信してた時に出てきてたよね。あの時あんまりちゃんと見てなかったから、いったいこの二人が何者なのか全く分かっておりません。テレビ本編にまで出てくるとは思わんかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.21

大阪ダックツアー

Photo

 京阪天満橋駅近く、川の駅「はちけんや」から乗車する水陸両用バスで大阪市の中央部を観光してきました。

Sbca0340

 8月14日お盆休みの日曜日、11時15分発の便は満席でした。はちけんやを出発して、大阪証券取引所前で五代友厚の像を横目に見て、御堂筋を南に下り、本町通を東に、大阪府警を北に曲がり、大阪城や太閤園を見ながら桜之宮公園近辺から大川(旧淀川)へ。

桜宮橋

Photo_2

川崎橋

Photo_3

そして川岸に建つビル群・大阪造幣局などを楽しみ、中之島公園の噴水近くでUターンして桜之宮公園に戻ってきて、そこから陸に戻り源八橋を渡って、天神橋筋を南下してはちけんやに戻ってくるというコースでした。

 今回観光した場所は大阪のへそも言える場所で歴史も古く、大阪に住んで、まぁちょこっと歴史好きな私でも知らなかったことをガイドさんが面白おかしく教えてくれます。
 このガイドさん、自称キャサリンさん(でも正真正銘の大阪のおばちゃん)のよどみない解説、もうへぇぇぇの連続でした。大阪人なら船場と言えば繊維の街と知っているのですが、それが元々淀川を上り下りする船の船着き場であったことを聞いて驚きました。

 そんな話が次から次へと出てくるんですけど、キャサリンさんは難しい顔をして話を聞いてると、バスを外から眺めてる人の印象が悪くなるから、交差点でバスが止まったら道を歩いてる人に笑顔で手を振ってくださいねなんて雰囲気を和らげます。

 「なんでやねん」とか「知らんけど」の使い方も教えたり、乗客を飽きさせないように楽しませてくださいました。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.20

動物戦隊ジュウオウジャー(8月2週目)

 第25話 アンハッピー・カメラ

 大和の元気がないんで、前回バングレイに母親との記憶を利用されたんじゃないかと心配するレオたち。そこにやはり大和を喜ばそうと、自分が初めて魚を釣った釣り竿を上げようとやってくる門藤。レオにそんな汚い釣り竿もらってもなんて言われたんで、いつも通りしょんぼりしちゃう門藤。

 前回のテストプレイが面白かったとバングレイを褒めるジニス。でもバングレイはつまみ食いと思ってやったら以外に面白かったんで、ジニスの下に入らずに自分で勝手に行動すると出ていっちゃう。今まで一人でやってたんやから、そうなるよね。
 ジニスも別にバングレイを止めることも無く、バングレイの行動を予測してゲームする方が面白いということに。今まで通りのメンバーを操ってる方が楽やもんな。

 大和を元気づけるためにどうすればいいのか悩んでいた門藤は、街で撮るとハッピーになるカメラというのを配ってるのに出くわす。妄想の中で狼が怪しすぎるだろって忠告してくれたにも関わらず、最後に残った1個を手にする門藤。近くでデスガリアンがその様子を窺ってたけど、門藤はジュウマンじゃないから、近くにデスガリアンがいてもはんのうせえへんからなぁ。ただより高いものは無いということわざを活用したストーリー。

 レオがきつく言ったんで落ち込んでここに来なくなるんじゃないかと噂をしているときに門藤がハッピーカメラを持ってやってくる。

 ハッピーカメラってポラロイドなんや、今どきはスマホや携帯で写真撮ることが多いから、ポラロイドで写真撮ってるの見ると、ちょっと懐かしい感じがするやんか。

 アムとセラ、タスク、大和と写真を撮って、レオだけは躊躇しちゃう門藤。まぁね、さっききついこと言われたからなぁ。で、ふと振り返るとレオ以外のメンバーがいなくなっちゃってる。そこにデスガリアン反応があったんで、写真をポケットに入れて出動する門藤。まぁストーリー上仕方ないとはいえ、普通は写真はテーブルの上に置いて行くのが普通やよね。

 デスガリアン・シャシンガーが写真見て喜んでるところに、バングレイが声をかける。バングレイが現れたんでクバルもやってきて斬りかかる。

 シャシンガーが撮影した人間は、写真の中に取り込まれてしまって出られなくなっちゃう。人間が敵側に囚われちゃうのはスーパー戦隊の定番、毎年毎年手を替え品を替え、いろんな方法で捕えちゃうよね。

 アム・セナ・タスク・大和も写真の中で囚われてた。シャシンガーが目指せ100万冊って時のポーズ、ちょっとボルトみたいやったやん、やっぱりオリンピックを意識してたんかな。
 シャシンガーと戦うためにレオは変身するんやけど、写真に撮られそうになって逃げ回るのに精一杯で攻撃できず。自分が写真を撮ったことで写真の中に大和たちを閉じ込めてしまったことで、門藤は落ち込んでたし、その門藤をシャシンガーの攻撃から(といっても写真を撮ってるだけやけど)守るために、レオは門藤を連れて逃げ回るだけ。今回のデスガリアンはシャシンガーって分かり易い名前やったけど、逃げ回ってる人の写真を撮るんやから、パパラッチからもじって名前を付けても良かったんちゃうかな。
 シャシンガーはちょっとおバカなデスガリアンやから、逃げたときに茂みに身を隠しただけで、追いかけるの止めちゃってた。

 場所を買えて戦っていたバングレイとクバル。強い同士の戦いなので火花も派手に飛ばしてたよね。バングレイが読みとったクバルの記憶、クバルの星がジニスに滅ぼされたってこと。
 ジニスに従順に従っている振りをして、ジニスのことを狙ってたんかな。それをバングレイに知られては困るよなぁ。秘密をばらされたくなかったら、自分に従えとかって言い出しかねないやんか、バングレイやったら。

 落ち込んでうじうじしてる門藤に対して腹を立てていたレオが大和やアムに邪魔されず面と向かって門藤に文句を言ったら、今まで自分の殻に閉じこもってた門藤もレオに向かって自分の思いをストレートに言って反撃したんで、レオはできんじゃねぇかよって門藤を褒める。いやぁ、自分に対して文句言うてきた後輩を褒めるなんて、なかなかでけへんよ。レオは人間の器がでかいよな。

 そこにデスガリアン反応。レオと門藤がシャシンガーのカメラの特性を暴きだす。シャシンガーの写真に閉じ込められるのはフレームに入った生き物だけ。直に撮られなければどうってことはねぇと、レオと門藤は顔出し看板から顔を出して解説してくれてたけど、顔出し看板を写真に撮っても生き物じゃないから閉じ込められないだろってめっちゃ苦肉の策の演出のような気がしたんやけど。

 看板の陰で変身し、シャシンガーのどこを狙うか分かってんだろうなというレオの質問に分かっていると答えながら、レオはカメラを狙ったんやけど門藤は頭を狙ったもんやから、カメラを壊し損ねちゃう。あれっ今まで何回かデスガリアンの武器を壊して人々を助けるってのがあったと思うんやけど、門藤はそんなシーン見たこと無かったっけ?

 顔出し看板を盾にしてシャシンガーと戦いカメラを壊し、囚われていた人々を救い出す。大和たちも無事出てきて変身し、シャシンガーを倒す。

 巨大化したシャシンガーにワイルドジュウオウキングとトウサイジュウオウが向かうんやけど、シャシンガーがちっちゃいねん。もう大人と小学生ぐらいの身長差があるやんか。それでもでっかい2ロボット相手に、カメラの三脚みたいなのを振り回して果敢に戦ってるやんか。

 でも嫌いな者同士のレオと門藤が喧嘩しながら協力してシャシンガーを動けないようにする。そしてワイルドトウサイキングに再合体して、一発で倒しちゃう。

 ラスト、渓流釣りをしてるレオと門藤。ルアー釣りなんやけど、魚がかかるまでひたすら釣り竿を振り続けるという楽しさが分からないレオ。川の中に入ってまで取っ組み合いのけんかを始めちゃう。そんなことしたら、魚逃げちゃうやんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.14

仮面ライダーゴースト(8月1週目)

 第43話 接続!天才少年!

 アデルが眼魂を破壊するとカプセルに寝かされていた肉体が消え、グレートアイからアデルの肉体が繭みたいなものに包まれて降りてくる。
 そうかぁ、先週アデルの肉体を取り戻そうとする展開があるんじゃないかと思ったんやけど、すでにここでアデルの肉体は利用されちゃってる。さすがですな。

 大天空寺の方では、タケルを筆頭に全員で龍さんの墓参り。ここでゴーストのラストに向かってみんなの思いが繋がって絶対に生き返って見せると誓うタケル。そうか、あと5日。

 さて場面は変わって、ある家族。そこの息子ヒロキ(小学校低学年)は突然難しい数式を取り組み始め、怪しい歌を歌い始める。イゴールが関係してるのか。

 繭が割れてアデルが活動し始める。イゴールを呼び出して、デミアがどうなっているのか聞きだしてたよね。イゴールはアデルがついにグレートアイと一つになったって言うてたな。

 久しぶりに不可思議検証研究所に相談人がやってきたやんか。ヒロキの母親が相談人。少し前までは普通の子供だったのに、突然難しい数式を解くようになり、独り言が多くなって甘いものをしきりに欲しがり、奇妙な歌を口ずさむようになってきた。そこでタケルは母親と共にヒロキの様子を見に行くことに。

 そしてディープコネクト社のビルズとイゴールが企んでいるデミア計画がいよいよリリースされることに。ここまで来るのに長いことかかってたなぁ。
 イゴールは音楽眼魔になって仕上げにかかることにする。

 ヒロキの様子を見に来たタケルと御成。ヒロキからフェルマーの最終定理って知ってると聞かれて、???になっちゃう二人。そんなん聞いたこと無いし、フェルマーの最終定理についてのセリフを語っちゃうヒロキ。大人でもあんなセリフすらすらとは言えないって、よくがんばりました。
 ヒロキは壁に張ってあったサッカー選手のポスターにも、ベッドの敷布団にも机の上に置いてあるトレイやお皿やカップの中にまで数式を書き込んでる。いやぁ、ヒロキ並びにスタッフの皆さまご苦労様です。

 ヒロキは何か思いつくと目が赤く光る。マコトとナリタ・シブヤも調査に行くと、ムキムキのお兄ちゃんが道路いっぱいに数式書いてたり、事務所の女性社員がコピーしてるとコピー機が変な動きをして紙が飛び出してくる。

 タケルはヒロキ君のコンタクトレンズが光ったって御成に話してたけど、あんなに小さな男の子にコンタクトレンズ入れてええんかぁ?と思うよね。

 そのことをアカリに連絡したら、アカリは突然天才になった人々の共通点として、ディープコネクト社のデミアというコンタクトレンズを使っていたと話す。

 ディープコネクト社のビルズに事情を聞きに行くと、この電子コンタクトレンズを使うとインターネットのように様々な物とつながることができる、電化製品はもちろんのことこの電子コンタクトレンズを入れた人とも、しかしそれはデミアの一側面でしかなく、ビルズはこれを人類の未来を作るプロジェクトだと考えていると答える。

 なんとこの電子コンタクトレンズは5千万個配布されていて、6時間後にリリースされることになってるから、使用中止にすることはできないとか。

 ディープコネクト社から出てきたタケルと御成。御成はこっそり電子コンタクトレンズ使っちゃってるやんか。そうしたら円周率を口走りだすし。
 音楽眼魔になったイゴールがタケルたちの前に現れる。おぉ久しぶりに音が消える現象をおこしてるやんか。これももう1年ぐらい前になるからなぁ、懐かしいよね。

 アリアがアデルにデミアとは何かと問うと、デミアとは人間の世界と眼魔の世界を同じくし、世界を一つにすること。

 音楽眼魔のイゴールをベートーベン眼魂で退散させた後、ヒロキの元に言ったタケル。ヒロキはとうとう見えない誰かと話を始めていた。御成もコンタクトレンズはめちゃったから、ちょっと操られてる風になってきてるよね。電子コンタクトレンズは一旦付けてしまうと外せなくなることが判明する。

 デミアが人と人をネットワークでつなげるシステムなら必ずそれをつなげるためのサーバーがあるはずというアカリ。そのサーバーを止めなければならないとディープコネクト社に向かうタケル。それを阻止しようと現れるイゴール。
 なんとタケルの目の前で、デミア使用者の人たちを眼魂にしちゃったやんか。そしてその眼魂を眼魔の手下にしちゃったもんやから、タケルはビビって手が出せない。そこにアランが駆けつけて、眼魔の世界と同じなら手下を倒して眼魂を破壊すれば魂は元の人間に戻るはずとやってみせる。
 アランの言ったとおりだったので、安心して手下を倒し、眼魂を破壊するタケル。

 イゴールはデミア計画は止められないと捨て台詞を残して、眼魔の世界に戻って行っちゃう。なんと御成の眼魂はアランに入っちゃう。御成の魂が入ったアラン、おもろいやんか。御成って背が高いから、タケルと話す時は中腰になったりするやんか。アランはタケルと同じぐらいの身長なのに中腰になるから、タケルを見上げる形になっちゃう。それが御成の癖やからしゃーないんやけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.12

動物戦隊ジュウオウジャー(8月1週目)

 第24話 よみがえる記憶

 ジニスの元にやってきたバングレイ。まずジニスはプレイヤーにならないかと誘いをかける。ブラッドゲームを邪魔されたアザルドやクバルは反対するんやけど、バングレイはクバルの頭を触ったから、何かの記憶を読み取ったと思うんやけど、どんな記憶なんかちょっと楽しみやね。

 バングレイはメインディッシュの前につまみ食いも悪くないと言ったのを、クバルはメインディッシュという言葉に地球に来た真の意味があるのかね?って問い返す。
それをはぐらかすバングレイ。
 バングレイがどうかき回すのか、面白そうやんか。ジニスのところにやってきて気が付いたのはバングレイとアザルドの色が同じようなブルー。これってちょっともったいないよな。

 おじさんとお墓参りに来ていた大和のところに、デスガリアン出現の連絡が来る。おじさんは大和のお母さんの弟やったんや。

 門藤に連絡しようとした大和の前に現れるバングレイ。
早速変身して戦い始めた大和、でもイーグルのままやったから、あっと言う間に倒されてるやん。そして記憶を吸い取られてるし。

 気を失って倒れてる大和を揺り動かす女性。それは大和の母親だった。ジュウオウジャーたちがデスガリアンの反応を感じた場所にやってくると人々が幽霊が出たと騒いでる。嫌がってる女の子に抱き着いている男性をレオが引き離して投げ飛ばしたら、金色に光って消える。それを見たタスクは前回倒したデスガリアンが再び現れたときの状況を思い出す。

 大和は自分の傷の手当てをしてくれてる母親にちょっと腰が引けてるやんか。お母さんは病院で看護師さんとして働いてたのか。
亡くなったはずの母親が、めっちゃリアルに目の前に存在してることに、疑ってる気持ち半分、慕う気持ち半分ってとこやな。大和の記憶に残ってるお母さんは若いから、今目の前に現れた母親も年をとってないから、傍目に見たら年上の恋人っぽく見えちゃう。

 そこにたまたま通りがかってしまったのがランニング中の門藤。門藤はランニングしてると事件に巻き込まれちゃうのか。

 おじさんが家で母親と一緒に写ってる大和の写真を見てる時にレオたちが帰ってくる。みんなに隠そうとしてうっかり落としちゃった写真をタスクが見つけて、少年が大和であることに気が付く。その横に写ってる女性を見て彼女だと言う門藤に、あんたいつの間にって全員で驚くの、めっちゃわざとらしかったよね。
 ほんまいつの間に入ってきたん?やったけど。

 大和とお母さんが公園を歩いているときにバングレイが現れる。大和は変身しようとしたけれどジュウオウキューブを弾き飛ばされて変身できず。
 大和の目の前で母親を斬り、母親は大和の腕の中で再び消えてしまう。

 それを見ていたジュウオウジャーたちはあまりに酷い行為に怒りを爆発させて変身し、バングレイに向かって行く。

 ただの記憶に振り回されてると笑ったバングレイに向かって、大和がずっと覚えてた大事な記憶だからまた会えたんだ母さんと、お前が証明してくれたんだよ、覚えている限りずっとつながっているってと言ったセリフ、めっちゃええやんか。
 お盆の季節、どうしても幽霊とかお化け屋敷ネタが多くなるスーパー戦隊で、覚えていれば繋がっているというのはお盆の意味を小さなお友達にも分かり易く教えてくれたよね。

 大和は変身してイーグルのままやったけど、渾身の力を振り絞って戦うとバングレイをかなり追い込めるところまで行ってたやんか。ちょっと自分が不利になると、思い切り偉そうな捨て台詞を残して自分の飛行機に乗って帰って行っちゃう。

 こんなストーリーなんで巨大ロボ戦無いのかなと思ったら、セナの記憶から読み取ったデスガリアンを2体出してきたやんか。なのでこちらもワイルドジュウオウキングとトウサイジュウオウで立ち向かう。こいつらの手口は分かってるから早く片付けるよってことで、ワイルドトウサイキングに再合体して、攻撃してあっさり終了。

 そして最後大和は再びお母さんのお墓参りをしたところで次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.07

仮面ライダーゴースト(7月5週目)

 第42話 仰天!仙人の真実!
 
 みんなを守ろうとして盾になったタケルが衝撃を受け、取り敢えず全員を避難させるため、アランはサンゾウのキントンウンを使う。

 大天空寺へ戻ってきたタケルたち。マコトとカノン兄弟は、必ずどちらかが寝込んでることが多いような…。なぜ偽者のマコトが現れるのかをイーディス長官に聞くアカリ。
 イーディス長官が作ったディープスペクターの眼魂は一部ガンマイザーの力を利用しているので強力な力を出せるんやけど、その副作用かな?マコトの分身はガンマイザーと何か関係してるのかもしれないって、そこはちゃんと調査してないんや。責任は無いのかって言われたら、責任はあるけど魂の深淵を覗くことを選んだのはマコトやって、ちょっと責任逃れしてるよな。

 アデルの気配を感じたタケルとアランが現場に向かい、タケルがガンマイザー2体と、アランがアデルと戦ったんやけど、アデルはガンマイザーと合体してるからアランでは歯が立たないし、アランもアデルに向かって誰もいなくなったなんてアデルが気にしてること言うたもんやから、ますます容赦なくなってるし、川の中に蹴り飛ばされたアラン。それを見てアランを助けようとしたタケルもアデルやガンマイザーからの攻撃で変身解除し、さらにアデルが攻撃しようとしたのを見てイーディス長官が盾になる。3人が消えたのを見て、3人揃って完全消滅したと高笑いするアデル。

 実はタケルとアランを助け出して大天空寺に戻ってきたイーディス長官の眼魂がここで破裂しちゃう。

 地下の研究室に寝かされていたタケル。アランも気を失っていただけ。肉体は隠してあるとモノリスの目の紋章のところから出てきたイーディス長官は仙人の服装やったんで、地下研究室にいるみんながやっぱりかよみたいな雰囲気を醸し出してたよね。

 力の根源とまだ繋がれないアデルの前に、ガンマイザーがまだタケルは消滅していないと教えに来る。

 アカリがイーディス長官にタケルが生き返ることができるのかどうか尋ねたら、なんと最初の99日の間なら長官が生き返らせることができたんやて。でも父親の魂で復活したところからは長官の未知の領域に入っちゃって、全く分からなくなったと謝る。それを聞いてアカリや御成、ナリタやシブヤまでが激しい怒りを長官にぶつける


 それを見ていたタケルは俺のためにごめんと謝る。そりゃぁ、みんな不思議がるよな。おっちゃんが謝るんやなくて、被害者の方のタケルが謝ったんやから。
 タケルはみんながこんなに心配してくれていたことを分かってなかったことに謝ってたんやけど、なんと1年で西銘駿君が複雑な思いをちゃんと表情に出せるように成長してるやんと思ったもんね。

 タケルやマコトはイーディス長官が人間社会を守りたいと思っていてくれたことに感謝していた。この二人がそう思ってるんなら他のメンバーは反対しないわな。

 なんでベートーベンが英雄眼魂に選ばれたのかがここではっきりしたよね。怒りは力になる、でも怒りに飲まれては何も見えなくなる。ベートーベンとも心がつながったし、イーディス長官をチームゴーストの仲間として参加してもらうこともできたし。

 アデルが人間界に降りてきた報告が入ったので、アデルの元に向かうタケル。

 タケルが戦ってる姿に、イーディス長官は自分とタケルの父が戦った時のことを重ね合わせていた。アデルが繰り出す武器はガンマイザーが姿を変えたものやったんやけど、それがムゲンゴーストによって次々と破壊されていき、最後はアデルが負けを認めるようなことを口にする。
 龍とイーディス長官は握手したけど、アデルはタケルとの握手を拒んで眼魔の世界へ戻って行く。

 アデルは完璧な世界を作っても無駄だ、私が世界になるといって自分の眼魂を壊したところで次回へ。
 肉体のアデルもカプセルのどこかで眠ってるってことやよね。眼魔の世界が崩壊し始めたところでアデルの肉体を救い出そうとするタケルたちなんて展開もあるんやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.05

動物戦隊ジュウオウジャー(7月5週目)

 第23話 巨獣ハンター

 地球に近づく1機の宇宙船、今度こそ奴とご対面か?なんてつぶやいてたけど、誰を探しに来たんやろ。怪しげな宇宙人。

 花火大会の朝、みんなが朝食の用意をしているときに浴衣姿で現れた門藤。確かに朝っぱらから浴衣姿は気合い入り過ぎだよな。ジュウマンのみんなは浴衣見るの初めてなんで、興味津々。みんなに取り囲まれて門藤嬉しそうやけど、それは門藤に興味があるんやなくて浴衣に興味があるということに気が付いてないんやんか。

 今日は、チームアザルドのクルーザが爆弾をぶっ放して、街中のビルを片っ端から破壊し始める。

 なんとジニスは最近ブラッドゲームに退屈してるみたいやん。おとぼけなプレイヤーが出てきてはジュウオウジャーにやっつけられてるからなぁ、で自分が眼を付けたザワールドには逃げられちゃったしね。

 腹ペコだったバングレイは河原でBBQしてた人間を蹴散らして、金網の上の食料を横取りしてたけど、あんまり焼けてなかったよね。たぶん生やったような。
 折角食べようとしてるところにクルーザの爆撃が飛んできて、食べそびれちゃう。

 クルーザのところに駆けつけたジュウオウジャーたち。変身して戦おうとしたところ、別の場所からの攻撃にクルーザと共に飛ばされる。落ちたところは、スーパー戦隊でちょくちょくロケに使ってる野外劇場。舞台にバングレイが立っていて、客席側にジュウオウジャーがいてたんやけど、バングレイにライト当ててないから、ちょっと薄暗かったかな。

 バングレイが食事の邪魔をしたのは誰だって聞いたら、クルーザが自分のやったことなのにジュウオウジャーになすりつけちゃう。自分たちの知らないことをなすりつけられてジュウオウジャーとクルーザがもめてるのを見て、両方やっつけると言うバングレイ、なかなかの猛者ですな。でかいのにアクションが素早くて見せてくれるやん。

 クルーザが一時撤退しちゃう。そのあとも戦い続けるジュウオウジャーやねんけど、バングレイがレオの頭を掴むとバングレイの手の甲が光って次に額の目が光ると以前倒した象のデスガリアンが登場してくる。斧熊山やったっけ?山にある小さな神社で戦ってたやつやったよね。死んだはずのデスガリアンが出てきたんで、ジニスが興味を持ちだす。ジュウオウジャーがデスガリアンと戦ってる隙にバングレイはどこかへ行っちゃう。結局、そのデスガリアンとは戦ったことが無いザワールドが倒しちゃってるやんか。

 バングレイやクルーザを探しに街を走り回るジュウオウジャーたち。大和とアムはクルーザに壊された市場で買い物をしていて怪我をした少年に出会う。
母子家庭でお母さんはいつも仕事が忙しいので、今夜の花火大会を親子で行けることを楽しみにしてたのに、怪我したことを話したらお母さんと花火大会に行けなくなると言う少年に、アムが怪我したことを隠してたらお母さんが悲しむよと説得するアム。

 アムの説得する姿にちょっと感心した大和。アムもお母さんと二人なので先輩としてのアドバイスやて。自分が無理とか我慢しすぎると自分が苦しいだけじゃなく、相手も追い詰めちゃう。だいたいアムの言うことって説得力あるよねぇ。そしてアムもアムのお母さんも無理する前に周りの人にバンバン頼って甘えちゃうタイプ。そうかぁ、ジュウオウジャーたちが一緒に暮らし始めたとき、何かに付けて人に頼んでたのはそう言うことやったんや。そこは母娘揃って猫系ですな。

 クルーザが次の攻撃をしようとしたとき、バングレイがやってくる。バングレイって頭に手を置くとその人間の記憶を読み取ることができるんや。

 クルーザとバングレイが戦い始めたんで気配を感じたジュウオウジャーたちは現場の工場に駆けつける。門藤、浴衣に下駄で大変やったやろな。江戸時代みたいに尻からげとかって知らん世代やしね。

 クルーザはレオ・アム・セラ・タスクが、バングレイは大和と門藤が担当することに。大和たちは河原の高架下に移動しての戦い。あそこじゃないと、バングレイ強いから工場破壊しちゃうやろしね。バングレイは強すぎて、ジュウオウゴリラになっても歯が立たず。

 クルーザは4人が協力して無事倒すことができた。大和たちのところに向かうアムたち。

 バングレイは大和にとどめを刺そうするんやけど、門藤の釣り糸やアムたちの攻撃で何とか助かる。そこに巨大化したクルーザがビルを爆破し始めたんで、あっちもこっちも手が回らん状態になってきてるやん。
 そこでセラが門藤にクルーザの相手を頼む。門藤に依頼するのは女子の役目やからな。でっかいのが戦い始めて血が騒ぎ始めたバングレイ。そのバングレイの前にナリアがやってきて、ジニスからの伝言・ブラッドゲームに招待することを伝える。そしてバングレイを連れてジニスの元に帰るナリア。

 これで巨大ロボ戦に集中できるよね。トウサイキングからワイルドトウサイキングに合体してクルーザをやっつける。

 どこかのビルの屋上で花火を干渉してるジュウオウジャーたち。なんと門藤は朝っぱらから浴衣を着ていて、そのまま戦闘になっちゃからなぁ。浴衣が破れたんで、赤色の上下のジャージを着てる。これが小さいお友達への警告になるんかな?ジャージ着てるから体育座りぴったりやし。

 ジニスに歓迎されるバングレイ。でも、今まで一匹オオカミやったから、これからずっとデスガリアンで暮らすなんてことにはならないと思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »