« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016.10.30

仮面ライダーエグゼイド(10月4週目)

 第4話 オペレーションの名はDash!

 監察医務院で働くお兄ちゃんのところにお弁当を届ける妹というシーンから始まったエグゼイド。

 次にガラッと変ってガシャットを取られて落ち込んでる永夢、その診察室に現れたのがチャライお兄ちゃん・九条貴利矢。九条が連れてきたのが同僚の西脇。さっき妹にお弁当届けてもらってたな。

 西脇はバグスターウィルスに感染したために、ゲームの名人永夢の力を借りに来たという貴利矢。貴利矢がエイムのガシェットを取り返してやるって、めっちゃ余裕やなぁ。

 CRには黎斗が来ている。5年前10種類のゲームを開発していたがそのすべてにバグが発覚して、バグスターウィルスが洩れゼロデイが起きたのか、10種類全部にバグが発生するなんて、狙われていたのと使っていたパソコンが感染していたのWパンチとちゃうん。
 バグスターに対抗するため4つのガシャットを作って飛彩たちに渡した。今さらに4つのゲームのガシャットを製作してるって言うてたけど、全く新しいゲームってことかな。

 廃病院で大我は隠れて診察してるんや、医師法違反やろ。大我の元にやってきた貴利矢、ゲームの勝負の誘いをかける。

 明日那によると貴利矢は原因不明の死因を突き止めるドクター、3年前ゼロデイのことを嗅ぎつけて黎斗のところにやってきて、口が堅いから約束を守る交換条件にゲーマドライバーを手に入れる。というのもゼロデイの時友達がバグスターに襲われた、もうあんな思いをしたくないからと仮面ライダーになったみたいやな。

 西脇の身体がバグスターに、そこで大我と貴利矢がこのバグスターで勝負をすることに。

  貴利矢のゲームは爆走バイク。破壊妨害何でもありのレースゲーム。バグスターに対して2人で戦ってたしエナジーコインをゲットした貴利矢がバグスターを粉砕して西脇と怪人に分けた。大我がレベルアップしたのを見て、飛彩がブレイブに変身して戦い始める。この2人の戦い、当分続くんやろな。

 スナイプとブレイブが戦っている隙を狙って、貴利矢がスナイプの腰に差していた永夢のガシェットを取り返してくれる。取り返すとなれば手段は無しなんやな。貴利矢がレベルアップするとバイクになっちゃった。

 それで永夢が西脇がバグスターウィルスに感染したとき、僕がいなくても大丈夫じゃないですかとかって言うたときに、複雑な表情をしたんやな。黎斗から脅し取ったから、こんなん掴まされてもうたような気もするし。

 永夢は患者の方が先ということで、貴利矢のバイクには乗らなかった。貴利矢だけで追いかけようとしたけど馬力が出なくて怪人を追いかけるのを止めちゃう。

 スナイプとブレイブが戦っているところに、自転車に乗ったの紫のエグゼイドがやってきて、暴れて去って行く。

 西脇のストレスは妹がグラファイトに連れ去られたこと。それを知ったエイムは西脇の命と妹を取り返すと言う。そこでCRを出たところで貴利矢が立ってたのにびっくりして尻もちついてたけど、ちょっとわざとらしかったよな。

 貴利矢に乗ってくんなきゃ意味ないでしょって怒られてるし。友達の西脇を助けるために、俺の友達になってくれるなと言う貴利矢。ここでやっと永夢の味方が増えたよね。その前に永夢と組むかどうか考えてる貴利矢が目の玉をうごかしてたやんか、それ見て貴利矢の中の人はやっぱり場数を踏んでるよなって分かるよね。それに劇団EXILEの人なので、浅黒いし。

 いよいよバイクレースのゲームが始まる。バイクで走りだしてから変身するのは仮面ライダーとしての王道やけど、時間ロスするやろというのは大人目線の突っ込みになっちゃうかな。

 本格的なバイクアクションで、怪人の方はただバイクで走っているだけで、エグゼイドは武器の使用してたやんか。バグスター側の方は次回バイクゲームの時はもうちょっとどうするか考えなあかんよね。

 妹を救い出すことができたエグゼイド、西脇も助かる。

 なんと貴利矢は監察医なのでバグスターの謎を突き止めたいと標本を集めるのが目的で、ゼロデイで友達が亡くなったとか永夢と友達になりたいとか全部嘘ってばらしてまう。
 こうなったら永夢は信じられるもの何も無くなってしまいそうやんか。

 標本を採取しようとしたところに、紫のエグゼイドが現れて怪人を消去しちゃう。そしてレベルアップすると自転車が装填されちゃう。ああなると動き難く見えるんやけど。右手の方の車輪が外れて武器になるみたいやけどね。

 お前は誰だってところで次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

動物戦隊ジュウオウジャー(10月4週目)

 第35話 ジュウオウジャー最後の日

 大和を人質に取られておじさんの家で意気消沈しているジュウオウジャーたち、その前によく寝たとご機嫌のおじさんが起きてくる。門藤が僕のせいでと謝りかかったところで、アムが仕事のアクシデントで昨日からそちらにと言いつくろってくれて、何とか誤魔化す。でも絶対おじさん、全部知ってるような気がするねん。
 
 大和は工場で両手を縛れて動けなくされている。大和のジュウオウチェンジャーで連絡を取ってくるバングレイ。大和とキューブホエールの交換場所を指定してきた。電話を囲んで困ってるジュウオウジャーたちを柱の陰から見てるキューブホエール。ということはいつの間に首輪外してるやんか。

 作戦会議中。キューブホエールを置いて行って大和を取り返そうということになったんやけど、その時窓ガラスを割ってキューブホエールが逃げ出す。首輪斬られてたけど、どうやったんやろねぇ。

 公園でキューブホエールを捕獲したジュウオウジャーたち。全員で覚悟を決め、キューブホエールも一緒に連れていくことに。

 バングレイはジュウオウジャーたちにジュウオウチェンジャーを手放すように指示する。それに従うジュウオウジャーたち。バングレイにキューブホエールを渡したけど、バングレイは約束は破るためにあるとか言って、大和を離そうとはしない。

 みんなは初めからそれを予想していた。その上宇宙からクバルがジュウオウジャーたちに向かって攻撃してきたため、みんなの姿が消えてしまう。

 大和はあまりのことに叫ぶことしかできない。すべてを失って失意のどん底に落ちた大和。バングレイがすぐに後を追わせてやると言ったその瞬間。崖の真ん中に穴が開きジュウオウジャーたちが飛び出してくる。

 レオ・セラ・タスクがバングレイにかかっていったんで、バングレイが手に持っていたキューブホエールが隙を見て手から離れ、でっかくなって尾びれでバングレイをぶっ飛ばす。レオの指示でキューブホエールは宇宙にいるバングレイの宇宙船のところまで行く。

 みんなに助けられた大和。なんと現場にクバルがいなかったんで警戒していたとか、めっちゃ賢いやん。クバルが攻撃した瞬間、キューブモグラを使って地中に飛び込む5人。みんなが無事だったことで大和はレオに抱き着いて行ったけど、それ見てやっぱりジュウオウジャーの精神的リーダーはレオだよなと確信しちゃったよ。

 大和がバングレイに向かって、動物が群れを作るのは大事な仲間と生き抜くためだって言ったところ、こんなに気合いの入った大和、初めてやったよね。

 そしてバングレイたちとの戦いが始まるんやけど、偽ジュウオウゴリラはレオたちが倒し、バングレイの宇宙船はキューブホエールが攻撃する。中に乗ってたクバルが潮時かって消えちゃってるやん。バングレイと大和が戦ってたところにレオたちが駆けつけてきて、全員でバングレイにダメージを与え、最後に大和がバングレイを遠くにぶっ飛ばす。

 ぶっ飛ばされたバングレイのところに現れたクバル。なんとバングレイの右手首から先を切り落としてるやんか。そして、いつまでも私が手を貸すと?、あり得ないでしょうと言いながら、バングレイの右手を持って立ち去って行く。やっぱりバングレイはクバルのこと手駒としてしか考えてなかったよね。ちらっと昔のことを言っただけで

、ビビって言うこと聞いてたんやから。クバル、冷酷やなぁ。そして餞別にジニスのコインを1枚置いて行く。

 バングレイ、右手に武器にしていた錨をくっつけてた。そんなことできたんや。バングレイの左手が鎌になってるのも実は何かの事故で左手を失った時に鎌をくっつけたってことやろか。

 クバルに裏切られた腹いせをジュウオウジャーにぶつけようとするバングレイ。5人のパワーを合わせてホエールチェンジガンを発射したら、光線が地球を飛び出し太陽を通って、海の中にいるバングレイに当たって熱でとける。で、凄い火焔がさっきバングレイが立っていた場所で上がるというよく意味が分からない映像が流れてたやん。

 だのに何もなかったように、まだだって言ってバングレイ立ち上がってるし。ジニスのコインを食べて巨大化する。

 ジュウオウジャーが合体する前にくぐる火の四角。キューブホエールに合わせて超でっかいのが現れる。1から10まですべてのキューブアニマルたちが合体することができるようになる。ワイルドトウサイドデカキング。

 これで完全にバングレイ終了。11月目前いよいよラストクールかぁ。1年って早いよね。ニンニンジャーのラストクールはちょっと迷走してたから、ジュウオウジャーはスーパー戦隊ファンを満足させるような、ビシッとした終わり方をしてほしいぞよ。ジニスとクバルはどうなるんだろうねぇ。 

 今回のサブタイトル、ちょっと意味深やったけど、ジュウオウジャー、バングレイ出演最後の日ってことやったんかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.26

相棒 「チェイン」

 特命係で角田課長を加えた3人での会話。冠城の右京さんを尊敬してるだけですってのめっちゃ薄っぺらいよね。去年なんか散々右京さんを怒らせるようなことしてたのに。正式に配属になったら、結構従順なのは官僚の身に付いたものなんですかね。

 人に会う約束があるということで出かける右京さんと冠城。右京さんは行きつけの紅茶のお店で羽賀という男性と待ち合わせしていた。

 冠城は桜子と言う女性とバーのようなところで。二人はなぜか同じ人物の人探しを依頼してきた。工藤春馬という映画プロデューサー、写真も無ければ手がかりも無い、映画業界にもそんな人はいなかった。なぜ工藤を探しているのかと言うと工藤が吸っていたシガーの香りが素晴らしいから。

 羽賀と桜子は週に一度、工藤が作ったオリジナルのシガーを分けてもらうようになった。その香りがあまりにも素晴らしく、再び吸いたくなったとか。もう一度あの香りが欲しいと懇願してたけど、こっちから見ると完全に中毒やな。

 警察の霊安室にいる伊丹と芹沢。死後1年以上たって腐食が進んでいる。死体と共にあった免許証から野中に間違いないと思う伊丹。その他の所持品の中に羽賀と桜子が持っていたタバコと同じ銘柄のものがそれと吸いかけのシガーとタバコの吸い殻。

 この後シガーの専門店にやってきた右京さん。そこにはもう冠城がいた。同じシガーの材料を手にしていた。それを持って工藤と出会ったというシガーバーに、とは言えシガーバーでは雰囲気を味わっただけやったけどね。

 その後警視庁サイバーセキュリティ対策本部で青木に警察のあらゆる情報を検索できるデーターベースからリトルシガーを検索してもらい、伊丹たちが追っていた事件と繋がってくる。でもこれって青木が捜査1課で小耳にはさんだ情報やったんやけど、右京さんに笑えない冗談を青木が言ったんで、冠城に頭をはたかれてたけど、絶対青木は家に帰ったら右京さんと冠城の写真に画びょうを追加して押し込んでるやろな。

 捜査1課にやってきた右京さんと冠城。芹沢に話を聞いてる。殺人事件じゃなく被疑者死亡で事件は終わってた。でも冠城には捜査資料は見せてはいけないって上から言われてるらしく、捜査1課で邪険にされるのは想定内やからどうってことないやろうけど、鑑識課の部屋も立ち入り禁止になっちゃってるやん。1年前までは出入り自由どころか入り浸ってると言ってもいいぐらいやったのにね。

 その代り青木が捜査1課の資料を持って特命係に来ていた。そして捜査1課の事件の概要も把握することができた。

 それにしても今回の相棒は、煙がずっと漂っていたよね。最近はテレビでタバコのCM流せないし、タバコを吸うシーンも昔に比べてほとんど無いと言ってもいいぐらいになってるし、タバコを吸うシーンがあると珍しいなって思えるようになってきてるやんか。相棒の再放送でシーズン1ぐらいのころ右京さんもタバコを吸ってるの見て、びっくりしたことあったもんな。

 鑑識に保管されていたシガーを借りてきてくれた青木。青木がご自由にって言ったからって、シガーを分解しちゃう右京さん、めっちゃ大胆というか、見てて恐ろしいと言うか。

そのシガーからコーヒー豆と紅茶の葉の香りを嗅ぎ分けた右京さんと冠城はそれぞれ自分の行きつけの場所に行ってコーヒー豆の顧客名簿と紅茶農園の顧客名簿を付き合わせることで工藤春馬についてあぶりだせるのではと考える。
 そこで石田と言う男性を見つけ出す。アパートへ訪ねて行くと、石田は右京さんたちが警察だと知って薬物を染み込ませたシガーを吸って亡くなる。

 野中の事件も再捜査となり、石田の事件と共に捜査1課の担当となって、特命係は手を引かされることに。

 桜子の過去を調べたら18年前に義理の父親が建築現場で落下事故亡くなっていたことが分かる。その事件を担当したのが所轄時代の伊丹。その調書に載っていたのがプルコアという銘柄のタバコで、野中もそれを吸っていた。
 ということで18年前の現場監督に会いに行く右京さんと冠城。その日現場に入っていた若い男に珍しいタバコを分けてもらったのは覚えてる、冠城に野中の写真を見せられて、それは覚えてないって答えてたよね。建築現場なんて若い男が入れ代わり立ち代わりやってくるから分からないのは当然よね。
 18年前やったら作業員名簿も無いかなぁ?工事現場に入るためには各事業所が作業員名簿って言うのを提出しないといけないことになってるんやけど。

 右京さんは依頼人のために、石田のシガーを再現する。煙を嗅ぐために、冠城がシガーに火を付けて吸うんやけど、なんか久々にかっこよくタバコを吸う男を見た気がした。

 最後の種明かし、ちょっと無理矢理感があったなぁ。机上の空論に近いような、18年前の桜子の義理の父親を引っ張り出してきて、情に訴える。昔なら15年経てば時効が成立してたのに。相談した相手が悪かったっていうことやな。

 話は変わるけど、先日東京で地下の変電施設が火事になって広範囲で停電が発生したやんか。あのニュースから、そう言えば相棒の正月SPにも変電設備がテロに狙われて東京が停電するって話有ったよなぁと思い出した。検索してみたらサブタイトル「ノアの箱舟」やったんよね。
 結構年末に相棒の再放送が連日放映されたりするから、今年ぐらいやってくれないかなぁってちょっと思ってたんやけど、たまきさんが事件を起こしちゃったんで、今年は相棒の再放送古いシリーズは無理っぽいよね。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.23

仮面ライダーエグゼイド(10月3週目)

 第3話 BANしたあいつがやってくる!

 今週の患者さんはぜんそくに苦しむ男の子ユウキ君。ユウキ君が逃げ出したのを追いかけようとしたとき、ユウキの母親の足につまづいて永夢転んでたけど、あれって母親の方もかなり痛かったんとちゃうやろか。

 公園でスマホの4分割チャートを眺めてるのが花家大我。元・医師って言うのに白衣着てるって、医師の未練たっぷり感があるやんか。大我の前にグラファイトが現れたんで、5年前の借りを返すとゲーマドライバーを取り出す。

 そこにパラドもやってきて、一番強くて一番ゲームをクリアする仮面ライダーは誰か賭けようと言う。このシーン、緑あふれる公園で撮影してるから、グラファイトがバックの緑とまぎれてるやん。ここでパラドとグラファイトが消えちゃう。

 ユウキ君と永夢がやってくる。ユウキ君立ち止まって寒いと言い出すので、チェックするとゲーム病の兆候が出ていたので明日那に連絡する永夢。ユウキ君は医者が怖いので、それがストレスになってゲーム病になっていると永夢は考える。

 大我が近づいてきたことで、ストレスが最大になってしまったユウキ君はピストル型のバグスターになっちゃう。それを見た大我は俺と同じゲームのバグスターか、肩慣らしにちょうどいいと、バンバンシューティングというゲームのガシャットで仮面ライダースナイプに変身。

 そしてユウキ君からバグスターが離れる。明日那到着。明日那もスナイプのこと知ってるやん。バンバンシューティングって開発中止になったゲームって言うてたね。それと大我が医者を辞めたことに関係してるんかな。

 大我とバグスターが戦ってるのを見て、ユウキ君が怖がるのでそれがストレスになって、増殖しちゃう。なので一旦そこから離れる3人。でも大我が永夢の前に現れてまたゲームをしようと去って行く。

 CRに戻ってきて院長と明日那に大我の話を聞く永夢。5年前ゼロデイが起きた。バグスターウィルスの感染で多くの患者が消失した事件。その時衛生省が幻夢コーポレーションと協力してCRを発足させた。それで放射線科の医師だった大我に白羽の矢が立った。

 CRのベッドにいるユウキ君。ユウキ君は以前大きな怪我で手術をしたことがあって、それ以来お医者さんを怖がるようになった。折角元気づけようとポッピーピポパポが出てきたのに、一言でやだって拒否られちゃう。

 ポッピーに教えられて行った廃業した病院。(ここって劇場版仮面ライダーカブトでも使ってたような記憶があるんやけど)そこに永夢が訪れると大我がいた。

 黎斗のところにやってくる飛彩。なぜ大我にゲーマドライバーを渡したのかと質問する。大我は仮面ライダーの適合者で、医者としてはゲームの魅力に取りつかれ医療ミスを犯して患者の命を奪っている。でも仮面ライダーとしての腕を黎斗は認めている。しかし飛彩は大我のせいで大切なものを失ったということで、恨んでる感じやな。

 飛彩と大我の間でオロオロする永夢が目に見えそうやな。

 英夢は患者が怖がるから手を引いてほしいと大我に頼むけど、大我が興味があるのはガシャットだけで、10個のガシャットを集めるとすべてのバグスターウィルスをぶっつぶす力が手に入る。

 大我は永夢にお互いのガシャットをかけて、ユウキ君から出たバグスターをどっちが倒すか、勝負しろと言って来る。そんな話をしてるところに明日那からユウキ君が逃げ出したとの連絡が入る。
 ユウキ君はバグスターに捕まってまう。

 永夢と大我はバグスターの手下が襲ってきたので、手下相手に奮闘中。大我、来ると思ってたぜって、めっちゃ余裕やんか。
 坂本監督なんで、アクションが派手。大我なんか、空手家?ってぐらい動き回ってるし。

 バグスターがユウキ君を連れてきたので、変身する永夢。変身するときガシャットをゲーマドライバーにセットするんやけど、こちらで見てる分には1回でばっちり入ってるけど、実際にはあんなに素早く1回では入らないやろなって思って見てまうって。そしてすぐにレベルアップ。

 大我の方も変身しレベルアップ。そして永夢と対決、どちらが先にバグスターを倒せるか。そこに飛彩がやってきて、大我のゲーマドライバーとガシャットを回収すると言う。
 ユウキ君をほったらかしで、世界を変えて戦い始める飛彩と大我。明日那にユウキ君が消えかかってると言われて、大我と飛彩の勝負はお預けに。

 手下がどんどん増えていくから、なかなかバグスターにたどり着けないよ。

 途中で飛彩は変身解除して、戦いから降りちゃう。でも永夢はユウキ君と先生と一緒に戦おうと約束したからとバグスターに向かって行く。その姿を見たユウキ君はストレスが消えて、透明になりかかっていたのも元に戻る。そして逃げ出してくれたので、バグスターを倒すことができる。

 バグスターを倒したはずなのに、GAMECLEARにならないと思ったら、バグスター半透明で立ってるやん。それを大我が完全に倒したんで永夢の負け。ガシャット取られちゃった。
 永夢としてはユウキ君が助かったから良かったって言うてるけど。

 その様子を横から見ていたやんちゃそうなお兄ちゃん、何者?というところで次回へ。

 1回に1人、登場人物が増えていく…。付いて行くのが大変やん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.20

動物戦隊ジュウオウジャー(10月3週目)

 第34話 巨獣ハンターの逆襲

 でっかいのが3体、大暴れしているところに駆けつけてきたジュウオウジャーたち。知ってるのばかりだから、今週はバングレイの担当だな。
 大和がホエールチェンジガンを出して来たら、タスクが初めからあの戦力を出してきたということは、キューブホエールを誘い出すためだって、冷静に答える。このシーンのタスクの顔、すんごい締まってきてるやんか。8ヶ月で成長してきてるなぁ。
 バングレイの思い通りにはさせないと、ジュウオウキングとトウサイジュウオウ、ジュウオウワイルドと豪華3体。実際都会の真ん中であんなでっかいのが6体で暴れたたら迷惑この上なしやけどな。

 最終的にワイルドトウサイキングで相手の3体串刺しにしちゃってるし。

 家に帰ってきたら、キューブホエールが飛び回ってどうしてさっきの戦いに出してくれなかったのかと八つ当たりしてる。みんなで取り押さえて首輪で繋がれちゃった。

 バングレイとクバルの方も密談。クバルの弱みに付け込んでおねだりばっかりしてくるバングレイにちょっとお怒り気味のクバルやな。バングレイは鯨ちゃんがなんとかなったらその後でって言うてたけど、鯨ちゃんが何とかなることは無いと思うから、クバルはお預け食ったままになるかもやん。

 おじさんにキューブホエールの模造品を作ってもらった大和。めっちゃそっくりな出来上がり。動物の人形劇に使うからと頼んだから、おじさんの作った動物の被り物も貸してもらえることに。

 バングレイのところに駆けつけたジュウオウジャーたちは記憶をバングレイに使われないように被り物を着用してたけど壊れたらどう言っておじさんに説明するつもりやったんやろね。

 取り敢えず変身、変身しても被り物そのままやん。名乗り上げの時被った動物の鳴き声も入ってた、セラはシャークやけど被り物はオットセイで、アムはタイガーやけど被り物はシマウマ。シャークとホワイトタイガーの被り物もおじさんにリクエストしとかなあかんかったなぁ。

 草むらの中に置いておいたキューブホエールの模造品を出してきてバングレイの前で一芝居するジュウオウジャーたち。まぁ動物の人形劇ではないけど、一芝居打ったことに間違いはないけどね。
 キューブホエールの模造品を持って大和が門藤のところまで誘い出すので、バングレイを見たらすぐに必殺技を出してくれとみんなに頼まれる。

 そこで待っている門藤の前に走ってきたのは大和。でも門藤の後ろに回って大和は斬りかかる。門藤は何が起こってるのか戸惑っている。
 バングレイの跡を追っていたレオたちの前に門藤がやってきて、4人に殴りかかる。

 門藤のスタンバイしてるはずの場所にやってきた大和、でもそこに門藤がいない。その代りレオたち4人が大和に向かって来る。

 バングレイは、大和の作戦はバレバレで、偽物使うならもっとうまくやれとキューブホエールの模造品を踏んづけて壊しちゃう。

 バングレイが出してきたジュウオウジャーたちはみんな容赦なく強いやんか。本物の方はめっちゃ苦戦してる。バングレイが記憶を読んだのはクバルだった。
えぇぇぇ、こんなんやったら毎回ジュウオウジャーVSジュウオウジャーだってできるやん。それもクバルが記憶してる、めっちゃ強い時のジュウオウジャーを呼び出してくることかてできるんやし。

 ここで本物の方は動物の被り物がとれてしまう。いよいよどちらがどちらか見てる方も分からなくなってくるし。偽者の方が名乗り上げし始めたよ。冷静な暗い声でジャングルの王者ジュウオウゴリラとか言い始めるし。そして5人の決めポーズのところにバングレイとクバルもしっかり並んでるやん。

 偽者と分かったら、本物の方も情け容赦なく戦い始めてる。そして偽者をどんどん片付けていく。ジュウオウイーグルとジュウオウゴリラが戦って弱り切ったところでバングレイが攻撃し大和が変身解除して気絶してしまう。大和を返してほしければキューブホエールと交換だと言って、大和を連れ去ってしまう。

 倒れてるレオたち5人を俯瞰で撮ってるのはドローンかな。相棒と言いジュウオウジャーと言いドローン大活躍やん。

 大和の部屋で暴れてるキューブホエールというところで次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.19

相棒 「守護神」

 冠城が副総監・衣笠による警視庁サイバーセキュリティ対策本部そのキーマンに聞くというビデオを見てる。

 警視庁の広報課の課長・社美禰子本人が画面に出た方が閲覧数が稼げるなんて話をする冠城。

 場面は変わって警視丁サイバーセキュリティ対策本部5課に、昨年の相棒「警察嫌い」に登場した青木がいてる。冠城との見に行く約束してたみたいやな。冠城が社との約束を優先して青木の方を断っちゃった。

 冠城が広報課所属になったのは、総務部か警務部のどちらかで引き取ることになって、コイントスで決まっちゃったのか。なまじっかキャリア官僚だっただけに扱いにくいよな。
 そんな話をしている社を見張ってる怪しい男。

 伊丹と芹沢が冠城の話をしながら廊下を歩き、玄関の受付のところまで出てきたところで人を殺したという女性が現れて、ストーリーが始まる。

 冠城が社を連れて花の里に、ここでの世間話で最近特命係が暇みたいな話が出てたけど、それって米沢さんが鑑識からいなくなって、右京さんが好きそうな事件を持ち込まなくなったからやよね。

 今回の事件、人を殺したと言った女性は殺害方法は呪い殺したということだったので、伊丹達は女性・はつえを釈放する。はつの祖母は田舎で一人暮らししてるみたいやな。

 特命係では右京さんが青木とチェスやってる。青木のチェスの腕前がなかなかなものみたいで、右京さん喜んでるやん。今まで右京さんとチェスの対戦をした相棒っていなかったような気がするなぁ。青木がなぜ強引に警視庁に入れたのか。青木の父親が衣笠の幼馴染。

 衣笠の部屋にきて冠城を特命係に放り込んでおけばどうかとそれとなく配置換えを打診しにくる甲斐。特命と聞いて、息子の話を持ちだす衣笠。そうなると甲斐も苦虫を噛み潰したようになっちゃうよね。

 右京さんに青木が人を呪い殺すのは可能かどうか聞いてくる。これから右京さんは事件に首を突っ込むことに。なんと右京さんがはつえの勤めているネイルサロンに来て、爪の手入れをしてもらいながら、先日起こった事故の話を聞き始める。ネイルしてる以上お客さんやから、逃げるに逃げられないよね、はつえ。はつえの名字が来栖やて、いかにも謎を秘めてそうな名前にしてるやん。

 呪い殺したと言えるということは過去にもそうしたことがあったのかと問いただす右京さん。そこで過去にも2人いたことを知り、過去の新聞を集めてきて特命係のホワイトボードに張り付ける。

 青木と冠城が食事に行くのは警察学校の同期になっちゃったんや。部屋に戻った青木が右京さんと冠城の写真の目のところに画びょうを押してたやん、めっちゃ呪ってるし。

 カラオケ店で右京さんとはつえの幼馴染の梶原が接触する。そこでなぜ呪い殺すことに何の疑問も生じなかったのかという話になって、はつえのおばあちゃん・トヨがいたからと梶原が答える。
 その時トヨが立派な祭壇に向かって祝詞をあげてたやんか、周りには火のついた蝋燭が立った燭台が何台も置かれてて、いかにも怪しい雰囲気やったよね。
 同級生が亡くなった場所も首刈峠やし、なんか横溝正史っぽいやんか。
 だいたい相棒ではシーズンに1作は横溝正史っぽい設定のストーリーがあるよね。別に悪いという訳ではなく、私も横溝正史ブームの時にはがっつりはまってたから。

 右京さんがトヨに興味を持ったようで、青森まで出かけていく。バスが首刈峠を走ってるんやけど、これってドローンで撮った映像かな。いよいよ相棒でもドローン使うんかと思っちゃった。都会では飛ばしにくいけど、こんな山奥やと大丈夫やろうしね。

 社に冠城が右京さんの調査してる事件に関わってることを知って、人を呪い殺す方法が分かったらレポートして提出するようにって冗談めかして言うてたので、堂々と右京さんと青森に行っちゃってるやんか。

 そんなこんなで呪い殺す方の犯人はどんでん返しもなく、やっぱりなというところに落ち着いたよね。いかにも怪しい雰囲気のトヨとか、真面目な梶原とか、二人とも言動から常識人って分かるやん。

 相棒の初回と言えば、このシリーズはどんなことをテーマにして、正月SPとか最終回SPはどんなになるのかなと想像を掻き立てられるんよね。

 今年は副総監の衣笠と青木がどう右京さんたちに関わっていくかがポイントやんか。青木が父親のつてを頼って衣笠に接触し、衣笠も特命係にいたカイトが殺人犯になったこととか、警視庁のえらいさんとしてはあってはならないことやから、気にかかっているところやったやろうし、青木を中途採用することにしたんやろなと想像できるやん。

 そう言えば、とうとう伊丹もスマホ使ってるやん。たぶん芹沢に、先輩いつまでガラケー使ってるんですかなんて煽られちゃったんやろか。スマホ持ってても、通話とメールしか使えてないとは思うけどね。

 来栖の事件が終了した後、冠城は法務省の元上司に呼ばれて、社について聞かれる。青木からもロシア語講座のDMについて調査した話を聞かされていた。エレベーターを降りて出ていったけど、そこに社を尾行している男が立っていた。

 冠城は元上司から、社について何か気になることがあったら報告してほしいと頼まれた。冠城は社に自分を特命係に異動して欲しいと言う。冠城は社の家から出てきた娘の写真を社に見せて、それで察しは付けてくださいと言い、自分のスマホを社に差し出す。ほぼ脅迫みたいなもんやな。冠城の意向を汲んで、社は甲斐に頼む。甲斐は衣笠に頼みに行く。頼まれているような気がしないと衣笠に言われて、頭を下げる甲斐。ありゃぁ頭下げちゃったよって思ったし。

 甲斐が頭を下げてまで、特命係に異動になったなんて、冠城知らんもんなぁ。

 最後、豪雨の森の中で誰かが人間を埋めてるやん。相棒ってこういうの好きやよね。そして社を尾行していた男が冠城の元上司の部屋にいるけど、ちょっと映画っぽい画面やな。これが映画に繋がってるのかな。あの埋められてた男って尾行してた男とちゃうん。こんなところから映画の伏線が貼られてるのかよっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.15

仮面ライダーエグゼイド(10月2週目)

 第2話 天才二人は no thank you?

 衛生省の日向が、檀黎斗に変身システムを提供してくれたことに感謝してるシーンから。

 CRに院長がやってきて、永夢がなぜここにいるのかと注意したら、ポッピーピポパポが永夢にはこれからCRと小児科を兼任してもらうからって一言言っただけで、態度がコロッと変ってるやん。ポッピーピポパポは衛生省から派遣された仮面ライダーのナビゲーターなんで、院長としては雑な扱いはでけへんもんなぁ。永夢にも扱いは注意してくれって一言釘を刺してるやんか。

 ポッピーピポパポが永夢に手渡したのはバグスターの急患用の診察道具。

 そこに現れたのは、院長の息子で外科医の飛彩。飛彩のが手術をするときは女性患者が手術室の前に集まってキャーキャー言うてるやん。

 飛彩が手術中、永夢にバグスターの救急通報が入る。すると突然明日那が現れて、永夢をバイクの後ろに乗せて患者のところまで連れていく。今まで仮面ライダーも色んな乗り物に乗ってきたけど、女子が運転するバイクの後ろに乗って現れるって、最後までこのスタイルで行くのか、それとも途中から自分で運転するようになるのか。

 永夢が診察しようとしたところに高級乗用車が止まり、飛彩がやってきてバグスター除去のオペをその場で始める。知らない人が見たら、びっくりするよね。病院に連れて行くでもなく、その場で何かしようとするんやから。飛彩が使うのはタドルクエストというゲームソフト。剣と魔法のファンタジーRPGだそうです。私は待ったくゲームとか分からないんやけど、知ってる人が見たらニヤニヤしそうやなぁ。

 倒れていた患者が突然立ち上がり、わが魔力にかなうとでも思ったかと言ったあと怪物化しちゃう。

 そこで飛彩が仮面ライダーブレイドに変身し、術式レベル1。患者の身体からバグスターを分離するために戦い始める。
剣と魔法のファンタジーなんで、西洋風の城壁が現れてそこから矢がいっぱい飛んでくるのを振り払ってる。

 永夢も変身するんやけど、すぐにレベルアップしたら、明日那にレベル1に戻される。というのも患者とバグスターを分離するのはレベル1でなければできないんやて。

 ブレイドが怪人を真っ二つにして空に打ちあげると、そこから患者が落ちてきたのでエグゼイドは患者を受け止める。

 患者の体から出てきたバグスターが今度は怪人化したので、術式レベル2、分離したバグスターを切除しようとしたところ、紫色のエグゼイドが突然現れて攻撃してくる、ブレイドの剣を真っ二つにし、銃を乱射して、エグゼイドたちをひるませている間に、消えちゃう。

 その様子を窺ってる男が登場したけど、これって誰。

 患者の体からバグスターを分離しただけじゃオペは終わりじゃない、逃げたバグスターを倒さないと患者の身体が乗っ取られてしまう。
 紫色のエグゼイドのことは明日那も知らない。永夢は患者のことが気になるけど、飛彩は疲労回復のための当分補給でストロベリーケーキ食べてる。飛彩のポリシーは患者には関わらない、ただオペで患者を治すことだけしか興味が無い。

 そう聞いて、患者は自分が救いますと患者の元に行く永夢。患者の話から、ストレスで免疫力が低下し、免疫力が低下すればウィルスが活性化することに気が付く。
 阿須那がバクスターウィルス感染症はゲーム病って言うのを聞いて、患者はがっくりしてるやん。ゲーム病って言われたら、別の病気を思いついちゃうもんねぇ。

 結婚式を挙げる予定だった教会でなぜ結婚を止めたいと言ったのか患者の彼女に聞く永夢。ちょっとしたマリッジブルーやったのを患者が大げさに考えたから、ストレスが溜まっちゃったんやろな。そこにバグスターが現れて、彼女を捕えてしまい、患者の容態も急変したので、永夢は患者の運命は俺が変えると言って変身。
 患者の運命は俺が変えるが決め言葉か。
 
 エグゼイドがレベルアップしようとしたとき、バグスターはレベルアップしたら彼女が死ぬぞと人質にしちゃう。エグゼイドが手も足も出ない状態のところに、颯爽と現れる飛彩。変身後すぐにレベルアップしちゃう。

 バグスターが彼女を攻撃し始めたんで、彼女の元に駆け寄るエグゼイド。今週はブレイド登場の回なんで、どうしてもエグゼイドの方がブレイドの補助的仕事をさせられちゃうよな。

 やっとエグゼイドもレベルアップ。ブレイドが凍結して倒そうとしていたバグスターに対してエグゼイドがフィニッシュを決めようとするんやけど、結局ブレイドがフィニッシュしGAMECLEARする。

 飛彩が患者よりもバグスターを倒すことを優先してるので、CRのドクターを続ける宣言をした永夢。

 その頃、檀黎斗の元に多額の現金を持って現れた男。檀黎斗からドライバーを受け取るところで次回へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.13

動物戦隊ジュウオウジャー(10月2週目)

 第33話 猫だましの恩返し

 今回の買い物当番は、レオ・アムの猫科コンビ。二人が歩いていると神社の境内で相撲の稽古をしている学生さんたち。

 ジュウマンの二人はまわし姿での相撲の稽古を見るのが初めてなんで、興奮気味。で近づいて行って何をしてるのかって聞いたら、猫騙しの練習なんて言われちゃったから、猫を騙すなんて猫科として許せないとか猫をなめないでとか、相撲部のお兄ちゃんとしてはレオとアムはすごい猫好きの人たちぐらいに思ったやろな。
 オープニングの役名見てたら、相撲部のお兄ちゃん一人は島津、一人は見山って、若島津と高見山から名前付けてるんかぁ?この二人の名前を使ってるってことは年齢がばれるよね。

 撮影協力も忍野村国体記念土俵とか新座市民総合体育館に有明スポーツセンターって、取り敢えず土俵がある場所にロケ行ってる。ご苦労様でした。

 そして相撲部のお兄ちゃんに相撲の簡単な解説してもらってたよね。これが無いと後のストーリー、小さなお友達や相撲に興味ない人には分かりにくいもんね。

 今回のデスガリアンはスモートロン。勝手に人間にまわしを付けて相撲をとっちゃう。そして勝手に小結になっちゃう。そこに駆けつけた大和・セラ・タスク・門藤。
 変身した4人にも回しつけちゃう。相撲を知らないタスクとセラは、いつも通りに戦ったので土俵から出てしまったことで、自分たちが負けたことに気が付かない。でもスモートロンとしては勝ったんで、関脇に昇進。

 負けたセラとタスク、身体が勝手に四股踏まされてもうてるし。それならと大和が頑張ろうとしたら、その横で落ち込んでる門藤。門藤には高校生の時に、町内会の相撲大会に出場したときに、みんなの前でまわしが外れて大恥かいたという誰にも知られたくない過去があって、そんな話をしてるうちにスモートロンに突っ張りで土俵の外に押し出されて負けてまう大和と門藤。スモートロンは大関に昇進してどっかに行っちゃったあとに、駆けつけてきたレオとアム。

 取り敢えず、大和たちを家に連れて帰ってきたら、柱に向かって鉄砲の稽古し続けてる4人。スモートロンと戦うためには相撲をしなければならないと悩むレオ。そこへ熊の扮装でやってきたおじさん、今回のおじさんのアドバイスは小柄な力士は小柄なりに作戦を考えるんだ、例えば猫だましと聞いて、何かを思いつくレオ。

 そのあとに入ったCMが相撲取りの遠藤がお茶づけ食べてるやつやんか。なんかぴったりやったよね。

 レオとアムは知り合ったばかりの相撲部のお兄ちゃんたちのところに稽古を付けて欲しいと訪ねていく。そこでまわしを渡される。さすがにアムは無理って断るのは当然。レオはまわしつけたけど、下にスパッツはいてた。外人さんが相撲するときはこうするやん。

 いよいよ相撲の稽古。レオは猫だましをしようとしたんやけど、レオのポリシーが許さないみたいで、ちゃんと稽古をすることに。ちゃんこ鍋で腹ごしらえするところからかよ。レオは何度も土俵に転がされたり、土俵上をみんなとすり足したりして、最後には相撲を教えてもらってた学生さんに勝てるようになる。そこにデスガリアン反応。

 スモートロンが暴れてたのでやってきたレオとアム。レオが変身したらスモートロンが相撲の試合会場を出現させる。

 レオの方は風切部屋所属になってるやん。いよいよ取り組み、早速猫だまし使ってる。そしてレオはスモートロンに両腕を閂で絞められながらも、土俵の外に投げてスモートロンに勝っちゃう。

 スモートロンが負けたのをみてアザルドが現れ、何をするのかと思ったら、わざとスモートロンに負けて、スモートロンを横綱にしちゃう。金屏風の前でアザルドと二人並んで昇進伝達式やってるやん。乱筆乱文の精神で精進するって…。不撓不屈ちゃうんかいっ。今回の脚本書いた先生、めっちゃ相撲好きやな。たぶん私と同世代のような気がしてきた。

 再び取り組みをしようとするスモートロン。でもレオはさっきの取り組みで腕を絞められたんで万全とは言えない。そこでアムが変身。土俵に上がったら、アムもまわし付けてるし。厳密に言うと女性は土俵に上がれないんやけどな。そこんところはスルーしちゃってる。アム、四股踏むとちょっと内股になってるぞよ。

 スモートロンとアムの試合、結びの一番だって。アムは向かって行くねんけど、突っ張りしても全然効かず、反対にスモートロンに簡単に振り払われたりしてる。そこでアムの作戦は、ある意味猫だましですなぁ。スモートロンの顔を両手でなでて、油断させたところで、野生大解放して盛大に投げ飛ばしちゃったからね。

 すると相撲の会場が爆発。アムの決まり手は白虎大回転だってさ。ちゃんと座布団も乱れ飛んでるし。大和たちも身体が自由に使えるようになり、駆けつけてくる。

 やっとジュウオウジャーらしい戦いができたやんか。そしてスモートロンを倒す。

 巨大化したスモートロンには、ワイルドトウサイキングとドデカイオーが。スモートロンに塩まかれたり、口に含んだ勝ち水を吹きかけられて、怒るジュウオウジャー。
ドデカイオーがスモートロンの足を持って、ぐるぐる回転するんやけど、その時の大和は操縦席にセットしてあるホエールチェンジガンを左右に振ってたんやんか。それ見て、なんか小さい子が遊んでるみたいに見えてもうた。

 最後は空中に舞い上げたスモートロンをワイルドトウサイキングがジュウオウダイレクトショットで爆破する。

 6人の顔が映った時、門藤だけは懸賞金をもらう時のごっつあんポーズやってたね。

 ラストは神社の境内で大和たちが相撲をとって遊んでる。それを見ながら相撲部のお兄ちゃんたちに相撲を教えてもらったことをレオやアムは感謝するんやけど、反対にお兄ちゃんたちは正々堂々と戦うことを教えてもらったとお礼を言って、自分たちの稽古に戻って行く。

 サブタイトルは猫だましで恩返しになってたけど、恩返しって言うほどでも無かったような気がするな。私も相撲好きやったんで、つい書くのが長くなってもうた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.10

真田幸村関連ウォークラリー 後篇

幸村が駆け抜けた大坂スタンプラリー

1、大阪歴史博物館

 特別展真田丸が開催されてました。チケットを買うカウンターのところから列に並んでた。結構混んでましたなぁ。中に入ってても列ができてて、なかなか前に進めない。やっぱり大河ドラマの力って凄いです。並んで見てると、私の後ろにいたカップル、どうも女性の方は歴史があまり得意ではないらしく、真田丸も途中から見始めたような話してたり、そうかと思えば小学校高学年くらい女子が父親相手に大河ドラマの話をしてて、こりゃぁ立派な歴女になるなぁと思ったり。そうそうこの特別展でのイヤホンガイドは昌幸役の草刈正雄さん、私は借りなかったけど、贅沢やん。

 気が付いたら1時間半もこの特別展を見学してたことにびっくり。なにも調べずに行ってしまってたんやけど、この日、秀次役の新納慎也さんが大阪城前でトークイベントしておられたそうで、ネットニュース見て残念なことしたなと、その頃私は屏風見たり、色んな書状見てたから。400年前の書状がずらっと並んでるの見て、日本人って物持ちが良いよなと思ってもうた。そして長篠合戦図屏風とか大坂夏の陣図屏風に細かく描かれている人々の顔を見ていて、こりゃぁ300年後日本が漫画大国になってもおかしくない下地があったんやと思ったな。
 グッズコーナーで夏の陣ウォークラリー関連の資料をまとめるのに、クリアファイルを買ったんやけど、適当に買ったもんやから、あと家に帰って確かめたら長篠合戦図屏風の柄やった。

2、三光神社

 大阪歴史博物館で時間を結構食ってしまったので、大慌てで三光神社へ。地下鉄の玉造駅からすぐのところにあって助かりました。
 真田幸村像。

Photo

3、全興寺

Photo_2

4、志紀長吉神社

 3と4は9月に行ってました。去年、産経新聞社主催の大坂の陣!ウォー!キング!でも1回行ってるので、スタンプだけ押して次へ。

5、茶臼山

Photo_3


 大坂冬の陣では徳川家康が本陣を置き、夏の陣では真田幸村が陣を置いたところ。今は木が茂っているのでそう見晴らしが良いわけではないんやけど、小高くなってるんで、戦いに絶対に必要な場所やなと確信できました。
 ここから一心寺に行く途中に、一心寺存牟堂というところがあり、大坂夏の陣激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリーの押印場所でもあるんやけど、そこでは「茶臼山と一心寺 大坂の陣歴史散策案内・存牟堂」というリーフレットが置いて有り、めっちゃ勉強になりました。存牟堂には大坂夏の陣図屏風の陶板複製があって、先ほど大阪歴史博物館でガラス越しに見てきたものを近くにじっくり見ることができたし、真田隊以外の誰がどこにいるのかまでちゃんと書いてあったので、ここは行って損がない場所でした。大阪歴史博物館では真田隊がメインやったからね。

6、安居神社

Photo_4


 こちらも9月に行ってました。真田幸村像を見上げてたら、真田幸村はこの場所で何を思って逝かれたんだろうかと思いました。
 そこで作った一句・幸村や安居の杜の陰深し

 最後に幸村が駆け抜けた大坂スタンプラリー、薄いグレイで印刷されているのと同じ画像の朱色スタンプを押すんやけど、なかなか難しい、ちょっとずれるから、なんか近眼の私が裸眼で物を見てるみたいなブレてる感じになっちゃうという。そして谷町線天王寺駅駅長室で記念品のタオルハンカチをいただいて帰宅いたしました。

Photo_5

 幸村が駆け抜けた大坂スタンプラリーと一緒に回ってた大坂夏の陣激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリーの方は、真田丸展で時間を食ってしまったため、四天王寺庚申堂でのスタンプがまだ押せてません…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.08

仮面ライダーエグゼイド(10月1週目)

 第1話 I'm a 仮面ライダー!

 ある雨の日、一人の子供が交通事故に遭い、救急車で病院に運ばれ手術が行われる。かなり危険な状態だったのに助けられた。

 16年後その少年は大病院で小児科の研修医となっていた。名前は宝生永夢。休み時間にゲームばっかりやってるから、お目付け役の怖~い看護師さんが付いているみたいやな。
 宝生が遊んでて、忘れていったゲーム機から人類が知らない未知のウィルスが飛び出していってたやん。

 そして3人の仮面ライダーが登場、とはいえまだ今のところはシルエットっぽい撮り方で、これからじわじわお披露目していくって感じかな。

 でっかい大学病院の小児科病棟。診察室で診察中の宝生、ちゃんと指導教授と看護師さんも横で見てるやん。

 シーンは変わって、なんか緑色の怪人がでてきたなぁ。で、感染した、じきに新しい仲間が増殖する言うてる。そして新たな黒づくめの衣装を着たイケメンの兄ちゃんが出てきたやんか。緑色の怪人はグラマイトって言う名前なんや。この兄ちゃん、こんな広いフィールドでゲームができると思うと心が躍るなぁって。確かにちっこいゲーム機をにらみつけてるよりは、東京の都心を舞台にゲームした方がおもろいやろうとは思うけど。このイケメンの兄ちゃん、ちょっとあごに特徴があるよね。

 次は衛生省、衛星大臣官房審議官日向恭太郎。天才ゲーマーMの資料を読んでる。その資料の名はバグスターウィルス感染症対策。ゲーマドライバーの適合者を探してるんや。

 宝生は自分の担当する患者・ソウタの病室に入って行くと、パジャマから外出着に着かえてたんで、看護師さんに注意されてたところ。
 ソウタのめまいの原因を探る検査入院ということで、本人もさほど病気という意識が無いから、出かけたくてうずうずしてる。

 宝生や看護師さんの隙を突いて出かけたソウタを追いかける宝生。宝生は台車で荷物を運んでる宅配業者さんにぶつかって、その台車に乗っかり坂道を滑り降りていくと、ちょうど通りかかった明日那にぶつかっちゃう。
 で明日那は手にしていたバッグを放り出し、蓋が開いて、中からマイティアクションXとゲーマドライバーが飛び出す。マイティアクションXを見たソウタが今日発売のゲームなので少しやらせてとお願いするんやけど、明日那はバッグにしまってしまう。

 ゲームができないと知って、頭痛を起こして倒れるソウタ。首元にキラキラ光る物質を見た明日那は特殊な聴診器で診断し、早速大学病院に連れて帰るんやけど、元いた病室ではなく地下のCRへ。そこに院長がいた。院長は明日那にはへこへこしてる。あのキラキラした物質がバグスターウィルスか。
 CRは電脳救命センター。なんとか命を取り留めたソウタ。その体から怪人が出てきたけど、増殖が足りないってまた戻っちゃう。

 ソウタはマイティのファンで、今日の発売イベントを楽しみにしていた。

 マイティアクションXの発表イベント、社長は檀黎斗。

 体験コーナーでこの中に天才ゲーマーがって看護師姿で立っている明日那にしても、白衣に聴診器を首に掛けてる宝生にしても、あまりにも場違いな衣装やんか。まぁこの場所にいる若者たちはゲームにしか興味が無いから、場違いな衣装でも何かのコスプレーヤーかぐらいにしか思ってないやろうけど。

 もう少しでゲームができるところまで来たのに明日那に帰ろうと言われたソウタ、体の中で増殖していたバグスターウィルスが怪物に変化して暴れ始める。

 なんとゲームから発生したコンピューターウィルスが人体に直接感染するように進化したという設定ですか。それがバグスターウィルスでそれが増殖して、最終的に人間の身体はバグスターに乗っ取られる。バグとモンスターを足した造語ですな。

 助かる可能性は、ゲーマドライバーとライダーガシャットを使って、ソウタとバグスターを分離するオペをすること。

 ソウタを助けたいという強い気持ちで自分が仮面ライダーになることを選んだ宝生は変身して、レベル1の姿に。
 マイティのゲームでの戦いを熟知していた宝生は、メダルをゲットしてバグスターを倒すんやけど、それだけでは完全にソウタの体からバグスターウィルスを除去できなかった。
 そこに現れたのがボスキャラ・ソルティ伯爵。そこでレベルアップする。なんか自分のことを伝説のゲーマーMって言うてたな。英夢なんでMか。

 ガシャコンブレイカーを振り回して、手下たちを倒していくエグゼイド。その後にしっかりガシャコンブレイカーのCM入れてるし。

 ゲームの世界から出てきた怪人なんで、ソルティ伯爵の造形ってどちらかというとスーパー戦隊に出てくる怪人っぽいよね。

 相手に攻撃が当たるとHITとか文字がいっぱい出てくるし、必殺技を出したときも文字と光が派手に出てくるから、ライダーアクションが好きな人にとってはちゃんと見られないから、そこんところがうざい気がするなぁ。GAMECLEAR!の決めポーズはかっこ良かったけど。

 CR・電脳救命センター、バグスターに対抗するために極秘に作られた場所。そこにゲーム機があるのを見つけた宝生。そこに近づいて行こうとすると阻止する明日那。
明日那がゲーム機の画面に入っちゃう。明日那は世を忍ぶ仮の姿、ポッピーピポポポ。何やねん!!なんか10のゲームの絵が出てきて、ポッピーピポポポによると全部のゲームをクリアーして人類を救うスーパードクターになれって言うてる。

 という訳で第1回目を見たところで言うと、メインの登場人物・イケメンの兄ちゃんたちの区別がつかない。ゴーストは分かり易かったからなぁ。そして高岩さんのアクションが派手な文字で邪魔されてちゃんと見せてもらえない。まぁこの辺は慣れていかなあかんのやろけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.05

動物戦隊ジュウオウジャー(10月1週目)

 第32話 心は裏表
 
 みんなでパンケーキを作ってるジュウオウジャーたち。それぞれ作り方に性格が出てるけど、それにいちいち文句を言うタスクもタスクらしいよね。
見てるこっちも6人の性格が分かってきてるから、めっちゃ面白かったよね。

 デスガリアンも久々にブラッドゲーム。クバルが用意したのはオモテウリャー。
 街に現れたオモテウリャーの光線が当たった人が突然一緒にいた人に、自分の本音を言って喧嘩を始める。オモテウリャーは人間の表の顔をひっくり返し、裏の顔を増幅させる能力がある。
 ジュウオウジャーたちが変身してオモテウリャーと戦おうとするんやけど、まずセラとレオに光線が当たる、それから大和とアムにも。オモテウリャーほったらかしで、セラ・アム・大和でもめ始めてるし。

 オモテウリャーって、表は策士っぽくて、後ろを向くとイカツイんや。これも裏表で面白いな。

 セラ・アム・大和の喧嘩を止めようと門藤が割って入ったんやけど、セラは大和が門藤のことを面倒くさいと思ってるのに中途半端に優しくしてるって、アムはセラが門藤に巻き込まれないようにしてるって、大和はアムに対して一番門藤と距離を置いてるように見えるって、それを聞いた門藤はさっきのパンケーキパーティーの場面を思い出す。そしてあまりのショックに一人で逃げていっちゃう。

 この様子を楽しんでたオモテウリャーが国ごとひっくり返してやるぜぇって、一旦退却したら、みんなは正気に戻る。オモテウリャーがいなくなったらすぐに正気に戻って良かったやんか。
 正気に戻ったら気まずくなっちゃってた。

 バングレイ、なんで今週は出て来ないのかと思ったら、先週大怪我させられてたからやったんや。クバルに当分の間私の手伝いはできそうにないって言われてる。

 CM、フルタのエブリワンクッキーというお菓子で古田織部を登場させて、織部好みとか言わせてるけど、古田織部をこんな扱いして大丈夫かと心配しちゃうよ。茶道なさってる方が見たら、ひっくり返るんちゃうん。見かけたら一回どんなものか試してみようかなとは思ったけどね。

 家に戻ってきたジュウオウジャーたち。パンケーキパーティーの途中で全部ほったらかしのまま現場に向かっちゃったのか。
 ジュウオウジャーのメンバー同士、言いすぎたことを謝ってたし、長い付き合いやから、オモテウリャーに惑わされても互いの気持ちも分かってるから修復も速いけど、問題は門藤。部屋の外に門藤がいるの窓からチラチラ見えてるやん。

 タスクも自分が面倒くさい人間だと自覚してるんや。そしてタスクも門藤と同じように不器用だとも自覚してる。でもみんなと一緒にいた時間が長い分、表と裏どっちが本心か互いに分かる。だから時間が必要であること。そして互いの心に一歩踏み込む勇気、踏み込まれる勇気。そうやよねぇ、私なんか大阪人やから、ついずけずけ踏み込んじゃうところあるけどな。

 良い感じでのミーティングの途中、おじさんが燕の扮装で登場。なんで燕かと言えば、主要五か国の首脳会談があるので燕尾服でお出迎えだからやて。
 そのニュースを見て、オモテウリャーの国ごとひっくり返してやるという言葉を思い出すタスク。それでもしそんなことになれば大変だと、部屋を飛び出すジュウオウジャーたち。

 首脳会談の会議場に向かおうとしていたオモテウリャーを引き止めるジュウオウジャー。門藤もなんとか体を引きずってやってくる。
オモテウリャーの攻撃で門藤以外、裏の顔が増幅されちゃったよ。そして門藤に向かって、一人ずつ思ってることを言うんやけど、それがでっかい字になって門藤にぶち当たる。門藤もその衝撃になんとか耐えようと頑張るんやけど、タスクに必要以上にネガティブだ×3回言われたのが最大の衝撃波になってるやん。もうイケメンとは言えない凄い顔がアップになって、ここまでやって大丈夫なのかと見てるこっちが心配しちゃうやんか。
 タスクはでも、そんな操が大好きだって、ちゃんとフォローしてあげてる。

 門藤はタスクの言葉を聞いて、急にやる気倍増になって、変身しオモテウリャーにぶつかっていく。その衝撃で大和たちも正気に戻る、そして変身。ほんまオモテウリャーの攻撃ってすぐに効果が無くなるよね。

 オモテウリャーの物理的攻撃は、自分に向かって攻撃してきた相手を裏向けにしちゃう。なので背中を攻撃されたり、ジュウオウジャーの仲間同士を斬りつけたり。

 そこでタスクが考えたのが、2人ずつ背中合わせに組になるとどちらも表になるというもの。このアクション、なかなか派手で良かったやんか。

 オモテウリャーが予想外の攻撃を受けて混乱してる間に、ジュウオウホエールにチェンジして一気に倒しちゃう。

 このゲームを高みの見物していたジニス。我々まで、あの能力で裏の顔をさらさないで良かったじゃないかって、めっちゃ嫌味言うてるし。その嫌味にちょっと動揺するクバル。

 久しぶりにコンテニューの巨大化。ジュウオウキングとドデカイオーが相手になるんやけど、オモテウリャーも奥の手を出してきて、ジュウオウキングとドデカイオーを独楽みたいにぐるぐる回転させる。ドデカイオーが水を噴出させるとなぜか回転が止まっちゃう。それでジュウオウキングが回転してるのも止めることができる。

 で、最後にジュウオウキングとドデカイオーがジュウオウダイレクトショットとドデカイオーシャンスプラッシュを発射して終了。

 家に戻ってきて、パンケーキパーティーの続き。みんなで門藤のデコレーションたっぷりパンケーキを食べてる。甘すぎるとかデコレーション可愛いけど食べづらいとか、だいたいこういう細かいところは女子はうるさいよね。みんなにもタスクと門藤は不器用同士良いコンビだと見てもらえるようになってきた、ところで門藤がタスクに、タスクと組んで戦った時本当は大和と組みたかったと告白しちゃう。なんか大和の隣に密着して座ってるし、タスクとコンビを組むのは考えさせてくれって言うし。
まぁ大和の方が優しいし、タスクみたいにがみがみ文句言わないからね。レッドと一緒やと戦いのシーンでもいっぱい映るしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.02

仮面ライダーゴースト(9月4週目)

 最終話(特別編) 未来!繋がる想い!

 無事生き返ることができたタケル。みんなで父さんの墓参り。凄いセミの声がバックに聞こえてる。お盆っぽいよね。女子の衣装も真夏やし。
タケルが消える日の設定は4月17日やったから、あれから約3か月経ちましたって理解しとけばええんかなぁ???まぁ金田監督やし、ええことにしとこかな。

 それぞれが龍にこれからの生き方を報告し、タケルは今度は俺たちの思いを未来に繋げるんだとみんなに言う。そこにジャベルがやってくる。なんとジャベルも大天空寺で修業することにしたんや。そうか、そう言う伏線で御成とジャベルが徐々に親しくなっていってたんやな。

 目の紋章が現れて、そこから小さな男の子が登場する。「世界を変える力を持つ物、見つけるためには」とつぶやく。
 次のシーンは大雨の中ビルの屋上に立ってる黒いエグゼイド。その手に握るアイテムがアップになる。

 久しぶりに学校に行ったタケル。高校の制服姿、普通のかっこしてるの初めて見たなぁ。あまりにも普通の高校生なんで、どれだけ1年間が非日常の世界やったんやなということに気づかされちゃったし。勉強以外は楽しかったって。半年休んでたんで勉強が全然わからない。しかし半年休んでたら出席日数が足らないんやから、進級でけへんねんから、もう一度やり直した方がええやろなぁって思うけどね。

 買い出しに行ってたマコトとカノン。とうとうマコトは普通の服を着ることなかったよね。夏なんで暑そうやし。

 空に目の紋章が現れたのを見たマコトとアラン。場所は変わって、黒いエグゼイドが目の紋章に向かって紫の輪を入れると、目の紋章が消えて小さな男の子が立っている、そしてその手にはエグゼイドが持っていたアイテムが握られてる。

 エグゼイドが男の子に近寄って行きそうなところにマコトとアランがやってくる。早速変身して戦いが始まる。とはいえ、軽くお手合わせ程度でエグゼイドは消えちゃう。
 男の子は天空寺タケルと言ったので、驚くマコト。そこで大天空寺にやってくる。
 大天空寺で修業中のジャベル。超高速雑巾がけ。鍛えてるから足腰強いんやろな、それで雑巾がけも速くできるんやろ。

 タケルと会った男の子。名前はアユム。机の上に置いてある教科書を見て、こんなことして世界を救うより凄いことができるわけと言っちゃう。最近の子役ちゃんは、結構難しいセリフもどんどんこなしていくよね。何年か前にスーパー戦隊や仮面ライダーに出てた子役ちゃんのことを思うと、こんな難しいセリフちゃんと言えちゃうのに、びっくりするやん。今年の夏の動物戦隊ジュウオウジャー映画、サーカスを見に来ていた子供たちが人質になっちゃうんやけど、その真剣な気合いの入った泣き方、あまりのうまさにそれしか覚えてないぞよ。

 その夜、大天空寺で行われたタケルの第二のお誕生日会。おっちゃんがナリタ・シブヤ・ジャベルを従えて、不思議な踊りを始めて、みんな大盛り上がりの中、冷静に見つめるアユム。タケルがアユムに誰に狙われたのか聞いたら、アランがエグゼイドの似顔絵をタケルに見せる。どこかで見たようなって、劇場版の時に見てるよねって、このシーンを見た人みんなで突っ込んでるはず。

 御成がアユム殿のお父上とお母上も未来への思いをアユム殿に託しておられるのですぞって言ったら、適当なこと言うなって一刀両断にしちゃう子役ちゃん。結構、力の入ったセリフ回し、うまかったよねぇ。

 寝入ったアユムを見守るタケル・アカリ・御成。父さんって寝言を言ったアユムの手を取って、頭をなでるタケル。タケルは人間に生き返ったから、以前みたいに触れた人の過去を見ることができなくなってるんやろな。過去を見ることができたらアユムがなぜここにやってきたのかも分かったのに。

 いよいよアラン・マコト・カノンが眼魔の世界に向かうことに。

 アユムが森の中に入って行くと、頭がオレンジ色の怪人(首から下は作務衣みたいなの着てる)が現れてアユムを襲おうとする。それを見たタケルは変身したけど、そこにピンクのエグゼイドが登場。怪人を倒す。

 アユムが持っている物を世界を救うために必要だから渡せと言う。
 似顔絵と劇場版でマコトを襲ってたことを思い出したタケルは、エグゼイドに警戒感を抱く。でもエグゼイドは人の命を救う、人の命は大切だからなと言うのを聞いて、タケルは自分と同じ信念を持っていると感じる。

 立ち上がったアユムに向かって光線が発射されたのを見て、盾になるエグゼイド。その衝撃でアユムは手に持っていたアイテムを手放して飛ばしてしまう。

 それを拾ったのが黒いエグゼイド。そしてそのまま消えていく。自分からアユムに渡しておいたのに、取り上げて持って行くって。次のエグゼイドを見ないとそのアイテムの重要性とかが分からないってことやろな。

 そしてタケルにエグゼイドの眼魂をプレゼントして帰って行くエグゼイド。さてエグゼイドの中の人のアフレコをじっくり聞かせてもらいましたが、まだまだ気持ちの入れ方が甘かったよな。これからビシビシ鍛えられていくんやろな、そして1年後あの頃はへたくそやったなと笑い話になってるであろうと思ってんねんけど。

 アユムは悲観的なことばかり言うてたけど、タケルに抱きしめられて思いを繋ぐという信念を聞かされて、聞いてた通りの人だったと言って目の紋章の中に消えていく。

誰から聞いたんや、アリアから聞いていたのかぁ?
 あの子は何だったのかしらと聞くアカリに、また会える気がすると答えるタケル。ってことは劇場版かVシネで出てくる可能性が高いってことやと思ってまうやん。

 そしてラスト。おっちゃんが新住職に、ナリタ・シブヤはジャベルと修業、アカリは人間力を磨くことに、タケルは学校へ。御成は不可思議現象研究所を一人でやらなくてはならないって嘆いてたけど、禅寺の坊さんがそんなことで嘆いてたらあかんやろ、ねぇ。

 ということで仮面ライダーゴーストが完結。仮面ライダーとしては珍しく、和物の世界感。1年間坊さんが出続けるドラマって大河でも無いかもしれへんな。ゴーストというドラマのコメディ部分を担っていた御成、年長者として若い子たちを引っ張っていくという部分も担ってたし、夏の劇場版の舞台挨拶でも頑張ってた、お疲れさまでした。髪の毛が伸びて、普通の洋服を着て、どんな芝居をするのか全然想像でけへんけど。

 想像でけへんと言えば、西銘君が髪の毛が黒くなって普通の洋服で芝居するのも想像でけへんよな。なんかもうコックさんの役をやってるみたいなのをインターネットでちらっと見かけたけど、まだ金髪のままやったし。明るさが売りで頑張っていくんやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »