« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016.11.27

仮面ライダーエグゼイド(11月3週目)

 第7話 Some lieの極意!

 貴利矢が過去のことを夢に見て目が覚めたところから。病院のベッドに寝かされてるやん。大部屋やし、カーテンを開けて隣の患者のおじさんにうなされてたって指摘されてる。
 なんと隣のおじさんの病気はバグスターウィルスに感染してた。隣が貴利矢やったから分かったけど、普通の検査やと分からんよな。

 早速CRに搬送されたんやけど、貴利矢はCRに入れてもらえない。

 グラファイトの人間態、怒ってますなぁ。パラドはいつも通りゲームが面白くなってくれさえすればいいと思ってるし。黎斗の計画を無視して勝手な行動を取ったから、お前にはバグファイザーは渡さないとかって黎斗は言ってるし。ちょっとすれ違いが出てきて展開が複雑化してくるのかな。

 CRの方には院長と飛彩がやってくる。院長がファイルを入り口に落としたまま中に入っていったので、CRの入り口が締まらなくなっちゃってる。

 患者の方はすぐにバグスター切除しなければならない状態ということで、CRで永夢と飛彩が変身する。バグスターの方は2つ頭の龍やんか。
 病室が壊れてまうぐらいの派手な戦いに院長が文句を言ってるんで、エグゼイドがステージをチェンジさせる。これって便利やんか、普通なら部屋の外に出て戦いが続くとかって言う流れやのにね。全然違う場所に移動できる。

 エグゼイドが選んだのは岩場の海岸(仮面ライダーでは1年に1度はお目にかかる場所)。なんとバグスターが2体でてきた。1つは頭にギリギリチャンバラーというガシャットが刺さってて、背中に担いだ刀を抜いて構えてる。ギリギリチャンバラーは一発食らうだけで命取りになる一撃必殺の真剣チャンバラゲーム。
 もう一つの方を確かめようとしたら、黒いエグゼイドが現れたんで、エグゼイドとブレイブはレベル3に。
 エグゼイドはバグスター、ブレイブは黒いエグゼイドと戦い始める。でも黒いエグゼイドが紫の光の輪を投げつけてきたので、背を反らしてよけるんやけど、これって昔アメリカ映画で一世を風靡したよね、名前忘れちゃったけど。
 その隙に、バグスター連れて逃げちゃう黒いエグゼイド。

 大我は次のゲームが始まったことを知ってガシャットを持って出かける。

 患者の岡田さんと娘のしおり。永夢は岡田にゲーム病は命にかかわる危険な病気ですと告知する。それを控室で見ていた貴利矢は昔自分の友人がゲーム病だと告知したときのことを思い出していた。

 自分の病気が命にかかわるものと知って、今まで自分の会社の仕事を手伝わせてきたしおりに首を言い渡す岡田。それを聞いて怒って帰るしおり。

 永夢の告知の仕方が雑すぎるんで怒る貴利矢。岡田のストレスを増大させるためにバグスターがしおりを狙うということでしおりの後を追うことにする。

 バグスターに追いかけられるしおり。あんなんに追いかけられたら、めっちゃ怖いよねぇ。貴利矢・永夢・明日那が無事到着。折角、貴利矢は永夢と協力してバグスターを倒そうとしてるのに、嘘をつかれたことから貴利矢のことがあまり信じられない永夢。そこにやってくる飛彩。

 飛彩がバグスターと戦い始めたら黒いエグゼイドまででてきたんで、今日の自分に嘘は無いという貴利矢の言葉を信じて協力することにした永夢。
 貴利矢の変身したレイザーに乗って、バグスターの間合いよりも速く斬りこむことでバグスターを倒し、ギリギリチャンバラーのガシャットを手に入

れる。
 これをバイクに付けたら、レイザーは人型に。でも顔がちょっと鹿っぽいというか猪っぽいというか。

 レイザーは黒いエグゼイドに向かって、正体をみせてもらうぞ檀黎斗って。永夢も飛彩もびっくりしてるやん。黒いエグゼイドがレベル3になって、自転車対バイクで戦ってるし。

 その頃大我はもう1体いたバグスターと戦ってた。でも空を飛んで逃げていっちゃったけど。

 黒いエグゼイドを攻撃して火炎が派手に上がって変身解除したかと思ったら、パラドが来て替わってくれる。

 炎がおさまってパラドが出てきたため、貴利矢はやっぱり嘘をついていたんだと不信感が湧きあがる永夢と飛彩。

 貴利矢を信じるものは誰もいないとほくそ笑む黎斗。

 貴利矢の友達の死因は事故死やったと言う飛彩、ちゃんと調べてくるよねぇ。折角永夢と仲間になれたと思った貴利矢の背中に孤独の陰がちゃんと出てたやん。
 貴利矢の過去、自分が本当のことを言わなければって友達の遺体の側で叫んでたけど、でも本当のことを言わなければ診療は始まらんしなぁ、ほっとかれへんやん。友達は自分の病気を苦にして事故死したんやろうけど。

 貴利矢は永夢に人ことを少しは疑え、でないと意外なところで足元すくわれるかもよと立ち去る。永夢の寂しそうな表情、良くできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.25

動物戦隊ジュウオウジャー(11月3週目)

 第38話 空高く、翼舞う

 バドがジュウオウジャーに変身したことに驚く大和。えぇぇ、ジュウマンの側から言うたら人間がジュウオウジャーになれることの方がびっくりやのに。なんで今まで変身した姿を見せなかったかの方が視聴者としては気にかかるよねぇ。

 ジュウオウバードがザグイルを1体片付けてくれる。その気配を察したもう1体は退却しちゃう。

バドに傷の手当てまでしてもらってるやんか。大和は今までの疑問をバドに問いただす。なぜジュウオウキューブを1つ持ちだしたのか。

 レオたちはラリーさんに話を聞く。20年前の話。若かった頃のバドはリンクキューブの番人になったことで人間の研究をしていたラリーさんのところに時々遊びに来るようになったとか。

 そしてバドはリンクキューブの番人をしていたころジュウランドに迷い込んだ人間を見つけた。人間は衰弱していたのでバドは内緒で食物を運んであげたりしていた。しかし人間が元気になった時見つかって拘束されてしまう。その人間を助けてくれとバドは訴えたんやけど、ジュウランドの秘密を守るためということで許されなかった。ある夜、人間は逃げ出すんやけど、ジュウマンに見つかり崖から落ちて亡くなってしまう。

 バドは人間界とジュウマンのつながりを切るために、ジュウオウキューブを1つ持ちだして、レオたちがジュウマンの世界に戻れないようにした。

 バドにとって王者の資格とはつながりを切るための道具でしかない。あれっ、それならなぜバドは人間の世界でウロウロしてるのだ。ジュウマンと人間が繋がらないように見張ってるのかぁ?

 その言葉を聞いて、大和はどこかで誰かと繋がってることを心の支えにしてきたし、子供のころバドに救ってもらってるからそんなこと言われたら寂しくなるのも当然やんか。

 デスガリアン反応が起きたので、見て欲しいものがあるから一緒に来てくれとバドに言う大和。

 またまた2体現れたサグイルブラザーズ。散々戦ってきたから、だいぶジュウオウジャーの方も慣れてきたみたいやん。2体を引き離そうとしている。そこに駆けつけた大和はジュウオウゴリラに。

 大和がバドに見てもらいたかったのは、地球を守るためにジュウマンと一緒に戦ってる姿。

サグイルブラザーズ1体をやっと倒して、さぁもう1体と思ったら、細胞分裂みたいにまた2体になってまうんか。なかなか面倒くさいやんか。今度は空を飛び始めるし。
 陰で見ていたバドがやってきて、大和と二人で変身。そして空にいるサグイルブラザーズに向かって行く。そして逃げるサグイルブラザーズを追いかけて行く。この空中戦のシーン、なかなかの凝りようやったやんか。
地上に引きづり降ろして、攻撃するんやけど、イーグルとバードも全く同じ身の動きやったんで、これは凄いって感心しちゃった。中の人たちは普通のことかもしれへんけどね。

 ナリアがジニスコインを入れにやってきたとき、1体しか入れないんかよって思ってたら、でかくなってからでも分裂するやんか。そりゃぁレオもびっくりするよな。
 ジュウオウドデカキングとサグイルブラザーズが直に戦い始めたら、ドデカキングめっちゃでかい。肩の高さまでもサグイルブラザーズは届いてないやん。足が長いからなぁ。

 戦いが終わってバドが姿を消してしまう。みんなはこれから一緒に戦えると思ってたのに。ジュウオウジャーが危機に陥ったら、助けに来てくれるやん、間違いなくね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.23

相棒 「嘘吐き」

 古いアパートに住む売れてない漫画家の女の子。漫画を描いていると隣の部屋から男女の争う声が。

 こちらからうるさいと壁を叩くと、隣から反対に壁を凄い力でドスンドスンと叩かれて、いやぁ隣にそんな人が住んでたら怖いよね。

 それでも漫画を描き続けていると、表で何か音がしたのでこっそりドアを開けて覗くと、隣の部屋の前に金髪の兄ちゃんと派手な姉ちゃんが立ってこちらをにらんでる。
 元々隣に住んでた女性は細くて背が高くて地味な人、兄ちゃんが手に持っていたのはのこぎりや金づちが入った袋。そんなことを右京さんたちに説明してるやん。3人がいる喫茶店もめっちゃ昭和な雰囲気やったけど。

 隣に住んでた女性が違ってることを大家さんに相談に行くねんけど、その日の夜から中年の男女が隣の部屋に入って行って明け方に帰って行くようになっている。

 なぜ右京さんたちが漫画家の女の子の話を聞くことになったかと言うと、冠城が角田課長に頼まれて所轄に証拠品を届けに行ったときに、その所轄で門前払いにあってる三ッ門カノンを見つけたから。
 所轄に証拠品を届けると、絶対事件に巻き込まれてまうよね、特命係は。

 ちょっとオカルト風に始まった相棒。

 隣の部屋に話を聞きに行く右京さんたち。部屋の中に丈の長いワンピースがつられているのを見つける。右京さんたちがアパートの廊下で話しているのを隣の住人がドアに耳を付けて聞いてたけど、カノンもドアに耳を付けてきいてたやんか。

 漫画を出版社に持ち込んだカノン。またボツになって出版社を出てきた。アパートの怪しい人間たちに見られているような気持ちになっていると周りを歩いている人たちまでもが自分を嘘つきだと責めているように見えてきて過呼吸で倒れてしまう。

 暗くなってアパートにたどり着くと、金髪の兄ちゃんがアパートの2階からこちらをにらんでるし、逃げ出して公園まで来たら誰かに首を絞められる。たまたま右京さんが張り込んでいたので、助かったけど。

 そのあと花の里での話では、首を絞められたことは間違いないので、所轄で事情聴取するところまではいったんや。岡山に日帰りでカノンの身元調べに行ってた冠城。田舎でも虚言癖があると言われていたと報告する。カノンにとって不利な状況やんか。東京に出てきて、2か月前から事故物件の部屋に住んでた。売れない漫画家やからなぁ、家賃が安くとなると事故物件になっちゃったんやろな。とはいえ、事故物件やからといって幽霊話にならないのが相棒らしいところかな。それとも幽霊話をしてみたけど、カノンが何も反応しなかったので作戦を変えたのかもしれへんけど。

 特命係の部屋に伊丹たちが、所轄からカノンの殺人未遂事件の連絡が入って、右京さんたちが絡んでるとなったんで伊丹が担当させられることになったんやろ。たぶん伊丹は俺は特命係のお世話係なのかと内心思ってるやろな、それが顔に出てるし。

 行方不明の瀬戸はるかを調査して元いた勤務先を訪ねたとき、2年前に部長補佐が2億6千万円を使い込んだ業務上横領事件を思い出す右京さんたち。その新聞記事が映ったんやけど犯人の顔写真、部長補佐にしては若いやんと思ったな。部長補佐ということは課長以上やと思うし、何年もコツコツ積み上げて2億円やからもうちょっとおっさんでも良かったような。でもこの犯人役で顔写真1枚使われてた俳優さん、どっかで見たことあるような。特撮系ドラマに出てたことあるんちゃうかな?

 右京さんたちは海の見える丘に土地を共同購入して墓地を作るNPO団体の詐欺事件があったことを、青木の情報で知る。青木は特命係の動いてる件に勝手に首を突っ込んで色々調査しちゃってるけど、ある意味仕事を私物化してるともいえるやんか。上司からにらまれても仕方ないと思うねんけど、特命係を見張れと密命でも受けてると解釈しといた方がいいのかな?

 あのアパートの部屋で幻覚が見えるようになってきたカノンはとうとう引っ越してしまう。相棒のスポンサーに引越し業者さんいてるのに、ドラマでは別の業者さん使ってるやん。大丈夫やったんやろか。

 瀬戸はるかが横領したお金を空き部屋の天井裏に隠したんやけど、そのお金を仲間にこっそり隠れて使い込んでたのが大家だったというのが結末。
普段脇役が多い諏訪太朗さんが堂々の犯人役。居直った時の態度というか見得の切り方がなかなかのモノやったし。
 でも右京さんに説教されてたけどね。

 ラスト、自分の周りで起こったことを漫画にしたカノン。これからカノンは相棒ネタの漫画を描き続けていくんやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.20

仮面ライダーエグゼイド(11月2週目)

 第6話 鼓動を刻め in the heart!

 前回、手に入れたガシャットを黎斗のところに返しにくる永夢。黎斗も永夢の前では良い人ぶらなあかんし、これからも活躍を期待してるよって励ましてるやん。
でも永夢が出ていったすぐ後に、自分の仲間パラドとグラファイトが入ってきて、そこではエグゼイドのことを優秀なテストプレーヤーになるだろうって。優秀すぎて、黎斗の手に負えなくなるのが定石やけどな。
 グラファイトがエグゼイドは俺が潰すと言って、出ていっちゃう。

 場面は変わって、音楽大学の構内。相変わらず白衣でウロウロしてる永夢と明日那と飛彩。めっちゃ浮いているやろ。永夢はこの大学の学生がバグスターに襲われそうになってるのを見てたんで、その学生が患者のストレスと関係が有るかもしれないと思っていた。

 学生を見つけたんやけど、どうも別れ話の真っ最中みたいで、明日那に止められる永夢。明日那、恋の修羅場を目撃してニタニタしちゃってるし。

 学生が立ち去ると女の子は気分が悪くなって座り込んでしまう。永夢が診察するとゲーム病だったんやけど、そこに飛彩がやってきて強めのストレスを与えて発症させちゃう。そして飛彩が変身。バグスターから女の子を分離したら、バグスターの頭に盗まれた音ゲーのドレミファビートのガシャットが刺さってた。

 グラファイトの人間態までやってきたんで、永夢も変身。二人でバグスター相手に戦い始めたら、バグスターが音ゲー攻撃始めてくる。音に合わせてステップを踏むゲーム。永夢は天才ゲーマーやから、難なく始めるんやけど、飛彩は全くできなかったから、階段から転げ落ちちゃう。助けようとした永夢がバグスターと戦い始めたところにグラファイトがやってきて変身し参戦してくるんやけど、そこに大我が5年前の借りを返してやると現れる。

 そんな戦いを柱の陰から見てる黎斗。ブレイブはレベル2へ、エグゼイドはレベル3に。グラファイト、強いよねぇ。レベル3やからエグゼイドは何とか持ちこたえたけど、ブレイブとスナイプはぶっ飛ばされちゃってるし。

 黎斗も変身しちゃってる。グラファイトにとどめを刺そうとしたエグゼイド。そこに割って入ってくるレベル3の黒いエグゼイド。グラファイトとバグスターが撤退したら、黒いエグゼイドもどっかへ行っちゃった。

 グラファイトは5年前に大我が仕留め損ねたバグスターで、飛彩の恋人の仇。ほほぉ話が複雑になってきたやんか。で、5年前の再現ドラマになるんやけど、折角恋人・さきがシュークリーム買ってきてくれたのに、甘いものは苦手だと言って、さきの気遣いも無にしちゃう。どうも勉強に集中させてくれってさきにちょくちょく言うてたんやろな、私がいる意味がないって泣きながら帰って行っちゃう。この二人、いったいどんなきっかけで恋人になったんやろって思っちゃったよ。

 さきはグラファイトに体を乗っ取られて消えちゃった。それで飛彩は仮面ライダーになる決意をした。普段から優しくしてあげてたら、バグスターウィルスに感染しなかったやろうに。いなくなってから反省してもねぇ。

 音大生も患者も助けるためにバグスターが出現した現場に向かう永夢。そしてグラファイトもやってきたので、飛彩が登場。今まで大我を目の敵にしてたけど、今度はグラファイトに闘志を燃やし始めたんやな。
 ビルの屋上から、まさしく高みの見物してる大我。

 直でレベル3に変身したエグゼイド。手下相手なのにレベル3でも手下全然消えていかないのは演出としてちょっとどうかなと思ってまうな。

 さきの仇をとるべくグラファイトに向かって行ってるけど、全然相手にしてもらえてないやん。グラファイトの攻撃でブレイブが危機一髪なのを見て、ブレイブを守るエグゼイド。攻撃が強烈すぎて変身解除しちゃう。

 永夢がさきの気持ちを代弁してあげたことでスイッチが入ったブレイブ。自分のゲームの世界を呼び出して、バグスターを倒し音ゲーのガシャットを手に入れる。グラファイトがまさかお前が手に入れるとはなって言うてたけど、音ゲー全くダメやのにね。

 レベル3になったブレイブ、音ゲー全くダメやのになんとか乗り切ったと思ったら、心肺蘇生法を熟知してるから心臓マッサージのリズムで戦ってたのか、どうりで手のひらを手首に直角にしてたよな。

 ブレイブもレベル3になったから、グラファイトにダメージを与えることができた。仮面ライダーブレイブ、貴様は絶対この手でつぶすと捨て台詞を残して消えちゃったグラファイト。

 ラストシーンにシュークリームを食べる飛彩。何の感慨も無くめっちゃ割り切って食べてたやん。唇の両端にクリームが付いてたのが可愛かったけど。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.18

動物戦隊ジュウオウジャー(11月2週目)

 第37話 天空の王者
 
 久しぶりに鳥男が登場から始まったジュウオウジャー。

 鳩の扮装をしたおじさんが鳥かご片手に現れてたけど、その鳩は足に手紙をくっつけてた。その手紙ジュウランド文字で書かれてるって。ラリーさんからの手紙だった。
そしてみんなでラリーに会いに行く。

 海岸近くの崖に、でっかいキューブが埋まってる。みんなもびっくりしてたけど、私もびっくりしもんね。キューブホエールよりもでかい動物が出てくるのかって。

 ラリーさんが鳥男と話してるシーン。鳥男はバドっていう名前やったんか。バドもラリーさんって呼んでたんで、ちょっと面白かったな。
 バドは関わるべきではないんですよ、人間とおれたちはって言うてたのが気になったところで、デスガリアン反応。

 今回のデスガリアンはチームアザルドで、ラッパー。それも2体でてきてるし。二人が持ってる紐が当たると爆発する。自分たちが出した手下を自分たちで爆破させてるし。そして2本の紐で長縄飛をジュウオウジャーにさせるんやけど、超高速回転になって、門藤が足に紐を引っ掛け、ちょっと爆発。大和が足を痛めてしまう。

 大和の足をラリーさんに手当てしてもらってるやん。レオたちは崖に埋まってるキューブを見ながら相談中。レオがジュウオウキングで引っこ抜くかって言うたら、タスクがあのサイズは覚醒しなければ置き場に困るって、いつも通り冷静やんか。

 門藤が自分のタイミングの悪さに落ち込んでいるところに、大和が走ってきてくれたけど、足を痛めたのはどうなってんねんと言うぐらい普通やんか。

 デスガリアン反応で現場に向かうと、さっき1体倒したのに、また2体出てきてる。バングレイがいたころ、倒しても倒しても記憶からデスガリアンを呼び出してたのに慣れてるから、さほどびっくりもしてないやんか。そして1度戦ってるから、相手の手のうちも分かってて冷静に対応してるし。
 門藤は自分は長縄飛が得意じゃないってことでデスガリアンの縄の真ん中持って振り回す。自分の手が痛くなっても我慢して。
 こうして1体を倒し、ジュウオウジャーが逃げ出した残りの1体を追って行く。ここでアザルドがコンティニューをナリアに依頼する。

 でかくなった方は大和・レオ・セラの3人がジュウオウキングで対応することに。ジュウオウキングはデスガリアンの攻撃で剣を落としてしまう。絶体絶命やんか。で崖に埋まってたキューブを急遽引っこ抜いて武器代わりにしたら、覚醒してタコみたいになってもうたやんか。

 キューブオクトパスも合体に加わってジュウオウキングオプトパス。背中にバッテンを背負ってる。それが4枚羽根の扇風機みたいにぐるぐる回って砲弾をぶつけたり、ヘリコプターの羽根のように回ってヘリコプターみたいにジュウオウキングを上空に舞い上げたりしてる。

 これででっかい方のデスガリアンは倒せたけど、それを見ていたバドはデスガリアン反応に「なんだこれは」とつぶやく。

 地上で人間サイズのデスガリアンを追い詰めたアム・タスク・門藤。しかしまたまた同じデスガリアンが登場してきて、変身解除させられちゃう。変身解除しちゃったら、力が出ないからなぁ、手の打ちようが無くなってるやん。

 そこに大和たちが駆けつけ、2体一緒にしてたらダメということで、大和は1体を砂浜まで引き離して戦い始める。悪賢いデスガリアンは大和が痛めていた足ばかりを踏みつける。ホエールチェンジガンを出すけど、デスガリアンはそれを蹴とばしたので手から離れてまう。なんでジュウオウゴリラに変身せんねやろと思いつつ見てたもんね。大和は変身解除して倒れたところを、バドが助けに来てくれる。ただ変身してないから、こっちもやられてるけどね。

 手にしていたキューブに今だけでいいから力を貸してくれと頼むとジュウオウチェンジャーに変化する。そしてバドは変身するんやけど、若い子たちと違って、慎重にまわしてるやんか。本能覚醒といったところで、デスガリアンが投げつけたナイフが爆発して大きな火柱が立ったもんやから、大和もこれはやばいみたいな顔してたやんか。

 でもそこから天空の王者ジュウオウバードが現れてびっくりた大和ってところで次回へ。

 アザルドが出してくるプレーヤーって、今までお笑い担当かよって思うぐらい間抜けなのが次から次やったけど、今週のはアザルドの秘密兵器やったんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.15

相棒 「ブルーピカソ」

 右京さんと冠城は絵画のオークション会場にいる。
最後に出品された作品は三上と言う画家が1年間のブランクの後描いたもので、名前はルサやそうやけど、抽象画やねんけど、私からしたらスカーフか何かの模様って感じやったな。これを150万円からオークションが始まって、300万円で買い手がついたところで、画家の三上が現れて、こんな駄作に300万円も出すなんて、あんたら正気かと言い始める。あぁそうか、駄作だと分かり易いようなデザインにわざと作ったんやな、三上は。

 そして作品を床に叩きつける。叩きつけただけで、踏んだり切り刻んだりはせぇへんかったから、場合によったらまた売り物にすることできそうやんか。
 別室で三上はオークションの社長に、意味深な脅しを受けてる。

 オークションの社長は磯田と言って、三上の育ての親と言われてるとオークションのお客さんに教えてもらってる右京さんたち。

 翌日、三上は自宅近くの歩道橋から飛び降りて亡くなる、事件と事故の両面で捜査が始まったことで、右京さんたちも動きだすことに。伊丹には首を突っ込まないようにって言われてたけどね。

 磯田オークションに訪ねると、磯田が女性社員と何か揉めてる。女性社員は貴和子と言う名前。揉めてた原因はブルーピカソで、貴和子は本物だと言い、磯田はにせものだと言っていた。別室に通された右京さんたちは女子社員から色々聞きだしてたけど、この女子社員もちょっとベラベラしゃべり過ぎよねぇ。

 ブルーピカソと聞いて右京さんのスイッチが入っちゃったやんか。ブルーピカソではないかと思われる作品は酒場のオーナーが亡くなって遺品を整理していた遺族が見つけたもので、もしかしてと持ち込んだ古沢画廊でいよいよスペインから公式の鑑定人が来るとなった時、画廊主はその絵が贋作にすり替わってることに気が付く。

 ここで冠城は本物が贋作にすり替わっていたって言うてたけど、スペインからの鑑定人が鑑定してないのに本物とは言えないんちゃうん。でもここですっかり本物扱いになってるし。
 本物と呼んでるブルーピカソが8年ぶりに日本で見つかった。それはお客様のところにあるということで、右京さんは是非見てみたいと鼻息荒いし。にじり寄ってくる右京さんに圧倒されちゃう貴和子。

 持ち主の奥様役・新橋耐子さん。めっちゃ良い味出してはるなぁ。

 CLOWNという喫茶店で古沢画廊の話を聞く右京さん。ブルーピカソがすり替えられてことで3億円払わされて廃業したと聞く。本物かどうか確定してないのに、そんなに払わされたらたまらんよね。そして喫茶店のオーナーは三上のことも知っていて、古沢が面倒見ていた若い画家やったとか。

 古沢は現在神奈川県荒磯のシニア向け施設に入っているということで、出向く右京さんたち。3億円弁償させられたとはいえこんな高そうな介護付きシニアハウスに住めるやなんて、元々お金持ちやったんやろかって思っちゃた。

 発見されたブルーピカソを科学的検査に出そうとして、磯田に反対される貴和子。なぜ右京さんが貴和子に会いに行ったかと言えば、古沢から聞きだしたブルーピカソの絵を止めている釘の形がどうなっているかを知りたかったから。そこで持ち主のところに再び案内してもらって、釘の形をチェックする。

 毎週水曜日に古沢が出かけていることを聞きだして、古沢の後を付け貴和子と会っているところを確認する右京さんたち。なんと古沢は25年前貴和子と不倫関係やったって。

 取り敢えず、説明が多いよな。ブルーピカソの説明から始まって、古沢と貴和子の不倫についての説明まで。古沢と貴和子が不倫してたって設定、必要やったかなとふと思っちゃったよ。

 現金や預金が無くなって磯田が行方不明と会社では大騒ぎ。実は磯田は海外へ逃亡寸前詐欺で捕まったとか。

 貴和子を古沢のところに連れて行き、右京さんが推理を披露する。三上は世に出たいという焦りから磯田の誘惑に負けてブルーピカソの贋作を作ってしまう。それを釘を入れ替えたことで贋作を本物と見せかけ、古沢が客から預かったブルーピカソを紛失したということにして3億円を巻き上げ、それで会社を立ち上げていたという。
 これかて公式の鑑定が来る前に、科学的検査してもらってたら贋作やてすぐに見破られてたんちゃうんとツッコミたくなったしね。

 三上がブルーピカソの絵の中にタロットカードを描いていて、その中で柄がはっきり分かるカードについて右京さんが語り始めるけど、油絵やしちっちゃいから右京さんが言うほどそれが何の意味を現すカードかって分かりにくかったんやけど。カードの意味はあなたは警戒する必要があるというもの。でも古沢は全くタロットカードに興味が無かったから三上の気持ちも届かなかったんやけど。

 だいたい相棒のファンって、今まで相棒を見続けてきてるからストーリーに対するハードルって高いと思うんよね。説明が多くて、都合を合わせるようなのってどうもなぁってところがあるんとちゃうやろか。せっかくゲストのキャストは手練れが揃ってたのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.09

相棒 「出来心」

 可愛い女の子が絞殺されるところから始まった相棒。

 シーンは一転して、右京さんと青木が今日もチェスしてるやん。青木は冠城と飲みに行く約束をしていて、冠城が帰ってくるまでの時間つぶしにチェスしてたみたいやけど、冠城はまたまた青木との飲みに行く約束を反故にしちゃったみたいやけどね。

 今回のメインの舞台はNPO法人青空らくだの会事務所。サラリーマンの男性の悩みを聞いてあげる色っぽい女性。男性をその気にさせて押し倒しかけたんで、女性が大声を出したら、私の女房に何をしているんだと男が現れる。そして怪しい祭壇に向かって祈り始める。サラリーマンが逃げようとするのを女性が捕まえて、主人はあなたのために祈ってるんですよって。そして男はサラリーマンに献金しろと迫る。サラリーマンは今手持ちがないのでコンビニに行くと言って事務所を出たので、一緒に男も付いて行く。

 たまたまその近くを右京さんと青木も歩いていて、そこに自転車を全速力でこいで通り過ぎた人間が女性のバッグをひったくる。女性の叫び声を聞いたらくだの会男は自転車のひったくり犯を突き飛ばす。そこに駆けつけた右京さんがひったくり犯を捕え、現場を巡回していた警察官に引き渡す。らくだの会の男はその場から立ち去っちゃう。

 らくだの会の男は美人局。美人局に対してプライドを持ってるみたいやん。男は刑務所で聖書に出会って、この方法を思いついたみたい。女からは聖書の使い方間違ってるって言われてたけど。確かにね。

 冒頭のシーンで絞殺された女性の部屋で捜査してる伊丹。鑑識の人に現時点で分かってること聞いてたけど、他に外傷はって聞いて、一通り済むまで黙ってろって言われてるやん。米沢さんやと聞いてないことまでべらべらしゃべってくれたのにね。

 右京さんと冠城。右京さんはひったくり事件に遭遇したとき、被害者の女性からひったくり犯を捕まえるきっかけになったらくだの会の男を探してくれと頼まれる。たまたまそのシーンを青木がスマホで動画撮影してたんやけど、ネットにアップして拡散してるって、おいおい警察官がそんなことしてええんかぁって思ったよね。

 動画に映っていた人物を探しに出かけた右京さんと冠城。町で聞こえた声に反応する右京さん。そこは青空らくだの会で男が植物に水をやっていた。その男に話しかけると、らくだの会の男は平井といい、妻はるみ子。右京さんが新規出店で回ってると聞いて、進学塾関連かと思い乗り気になってくる。

 特命係に戻ってきて角田課長の話。なんと角田課長の奥さんは山形出身という設定が加わりましたね。なのでひったくりの被害者を山形出身と気が付く。そこで右京さんは平井のやばじとか最上川舟唄とかから、平井も山形出身ではないかと疑い始める。

 翌日右京さんたちが平井のところにやってきて探りを入れて帰ったあと、平井は右京さんたちのことを探偵かもしれないと思ってる。るみ子がひょっとして刑事?って聞いたら、平井は刑事なら疑り深い嫌ぁな目つきしてるって言うとき、平井はまるで歌舞伎役者かってぐらい目を見開いてたやん、それも面白かったけど、そのすぐ後に伊丹と芹沢の目になったのは笑ってもうたもんね。

 るみ子への恋愛相談に青木を送りこんじゃう冠城。しっかり美人局に引っかかってるし。いやぁ警官としてそんなことで引っかかって大丈夫なのかと思っちゃうやん。
そこに右京さんたちが踏み込んできたんで、青木はめっちゃ怒ってたやん。これで青木は家に帰って右京さんと冠城の顔写真に画びょういっぱい差し込んでまうんとちゃうやろか。

 この回の相棒、面白かった。美人局やってる平井役の風間杜夫さん、るみ子役の内田慈さん。完全に相棒を乗っ取ってたやん。右京さんたちが脇役になってたし。
脚本は山本むつみ先生と分かって、うなずいちゃった。ただ大人向けのストーリーやったから、お子様が家にいる時間に再放送はでけへんよな。美人局って何?ってお子様に質問されても答えに困るしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

仮面ライダーエグゼイド(10月5週目)

 第5話 全員集結、激突Crash!

 プレイヤーが5人全員揃ったというパラド。グラファイトは仮面ライダーを消し全人類を乗っ取ってバグスターが世界の支配者になりたいらしい。
 パラドは俺の計画通り動けと命ずる。ずっとこの力関係が続くんかな?

 前回チラッとレベル3を見せてたけど、いよいよパラドがようこそレベル3の世界へと言ってたから、戦いはいよいよ激しさを増していくのか。

 遅刻しそうになって全速力で走っている永夢。道端でうずくまってる男に助けてくれと声をかけられる。この男、永夢をわざと狙って声をかけたのかな。

 飛彩はポッピーピポパポと前回現れた黒いエグゼイドがレベル3になった件について話してる。ポッピーとしては幻夢の社長が新しいガシャットを作ってくれてるからと安心してたけど、それが盗まれたと連絡が入る。
 防犯カメラに映っていたのはさっき永夢に助けてくれと頼んだ男やん。

 ポッピーたちとの連絡を切った黎斗の前に大我と貴利矢がいてるやんか。ちょっと黒いところが見えてきたね。黎斗はガシャットを取り返してほしいと言うと、大我は取り返したガシャットは俺がいただくぞって、この間からそんなことばっかり言うてるよね。貴利矢はバグスターの謎さえ解明できればそれでいいのか。

 ポッピーに連絡したから、飛彩と明日那もやってくる。それで男がガシャットを盗んだことが明らかになり、治療して欲しかったらガシェット返せとかって言うてるやん。この場合、永夢のまずはバグスターウィルス感染したのを治療しなければという考えに賛成やな。そんな話をしていると男は走り去る。今にも倒れそうなぐらいしんどそうやったのに、思いっきり走ってるやん。

 男を探している永夢・飛彩・明日那の前にバグスターが現れる。このバグスターは完全に患者から分離していますって永夢が言うてたけど、さっき男が逃げてるのを貴利矢が見かけてるから、まず貴利矢が戦ったんやろうか。

 バグスターの頭に激突ロボットというゲームのガシェットが刺さってる。このゲームはロボット同士がガチンコで殴り合うSFバトルゲーム。取り返すべく永夢と飛彩がレベル2に変身して戦おうとしたところに黒いエグゼイドが乱入してくる。黒いエグゼイドはレベル3になってエグゼイドとブレイブを適当にあしらって消えていく。バグスターもいなくなってたから、連れて行っちゃったのか。

 患者を探している永夢たちの前に貴利矢がやってきて、耳寄りな情報を教えてくれると言う。それは黒いエグゼイドはガシャット泥棒のゲーム病患者だって。

 CRに戻ってきた永夢たち。そこに黎斗がやってくる。黒いエグゼイドがガシャット泥棒だったことを黎斗に報告。永夢は患者に寄り添いすぎたために大我にガシェットを奪われたことを飛彩に文句言われてたけど、それでもどんな人間であろうとも患者を救いたいと思っている。

 屋上に上がってきた永夢に黎斗が犯罪者を救う前に私たちには果たすべき使命があると言うんやけど、永夢はどんな人であろうと命は命ですと苦しんでいる患者を放っておくことができないと言う。その永夢をみて水晶のようだと言う黎斗。
 すべての患者が善人とは限らない、もし悪意を持つ患者によって英夢の夢が踏みにじられてしまったら水晶の輝きが失われ跡形もなく砕け散る危険があると、すっごい心配してるやん。

 しかし永夢は患者を救えずに公開するよりはましです。とバグスター出現の連絡に飛び出していく。

 バグスターがいてたんで変身しようとする永夢と飛彩。そこに大我と貴利矢もそれぞれの目的のためにやってくる。貴利矢の目的はレベル3の黒いエグゼイド。ほんまサブタイトル通り全員集結したやんか。

 黒いエグゼイドと戦うために、飛彩・大我・貴利矢が変身。永夢だけは黒いエグゼイドがバグスターウィルスに感染してると信じてるから、変身して戦わない。
 貴利矢はレベル2になるとバイクになっちゃうからなぁ。レベル1のままで戦って、大我と貴利矢はすぐにレベル2になってるやん。まぁその方が身体の自由がきくけどね。
 飛彩と大我はバグスターと貴利矢は黒いエグゼイドと戦ってたけど、バグスターも黒いエグゼイドも強すぎ。特に黒いエグゼイドはレベル3やし。変身解除した大我と貴利矢。
そこにまた新たな人物が一人出てきたんやけど、誰?やよね。

 なんとグラファイトも人間態になれるのか。黒いエグゼイドが使っていたのを永夢が目撃した武器を使ってるし。
 グラファイトが出てきたことで大我が我を忘れて戦い始めてるやん。でもグラファイトも強すぎて大我も変身解除。

 呆気に取らえてる永夢の首根っこを掴んだ黒いエグゼイドは、永夢にあなたは誰なんですか、目的は何なんですかと言われて、答えを知りたければ俺を攻撃してみろと挑発してくる。逃げようと言う明日那を振り払って、天才ゲーマーモードに入り、変身する永夢。
 レベル2で選んだ場所は建築廃材置き場みたいなところやんか。
 なんとあっさりバグスターに刺さってたガシャットゲットしてもうたやんか。あれだけ強かったバグスターやったのに。
 そしてガシャットをゲーマドライバーに差し込んだら激突ロボットのゲームの中から出てきた猿っぽいロボが装着されて、なんとエグゼイドもレベル3にアップしちゃったやん。
 それをびっくりした顔で見てる飛彩とか大我とか。飛彩としてはまだ自分はレベル3になれてないのに、後から来た永夢がレベル3になったら、立場的に困るよね。

 レベル3同士なんで互角に戦えてるやん。そして永夢のパンチが炸裂して黒いエグゼイドはどこかに吹っ飛ばされてしまう。

 黒いエグゼイド変身解除したら、黎斗やんか。グラファイトにエグゼイドを恐れているのかと聞かれて、恐れてるのは私自身の才能さって答えちゃう。ちょっとマッドサイエンティストの気質があるんやろか。これでだいたい善側・悪側・中間とだいたいの布陣が見えてきたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚松 名物あばれ食い!

 会社の福利厚生イベントで滋賀県甲賀市の魚松名物あばれ食い!に行ってきました。お店の前はのどかに拡がる田園地帯。

Photo_2

でも季節的にかきいれどきなので大型観光バスは並んでるし、お店の前には個人で来店してる自動車も関西・中京ナンバーをメインに札幌やら広島(マツダの真っ赤な車やったから広島カープファンやろなと思われる)やら、並んでましたなぁ。

魚松さんのコンセプトは一生分の松茸と近江牛が食べられる伝説の店
1

 約120名の団体さんなんで、こんなすき焼き鍋がずらっと並んでました。あと砂糖と醤油と料理酒が鍋の横に置いて有って、まず店員さんからガスの火をつけたら砂糖を3杯、醤油を一まわし半、料理酒を一まわし入れて、煮立って来たら肉を下にしてくださいとのこと。

2

だいたいこんな感じになるかな。お肉と松茸と白菜を持ったお姉さんたちが、頼めばどんどん鍋に入れてくれます。ただし最後はお鍋を空っぽにしてくださいねとのこと。

土瓶蒸しもでました(こちらは一人一杯)
Photo_4

 後は松茸ご飯とドリンクもフリー。すき焼きの味付けはシンプルなので、普段すき焼きのたれで食べてる私としては、もうちょっと甘くても良かったんですが、同じ席に座ってたおじさまは甘いと量が食べられなくなるから、こんなもんで良いとのこと。なかなか難しいですな。店員さんには嫌がられるかもしれませんが、自前ですき焼きのたれを持って行って、見つからないようにこっそり入れても良かったかも。

 自分の胃袋の都合で一生分は食べられへんかったけど、満腹で食べ終わりました。

その後、信楽陶苑たぬき村でてびねり体験。湯呑を作りたいと思ってたんやけど、どんぶりになってもうたという。
Photo_3

 それもちょっと歪んでるな、2~3か月後にちゃんと出来上がって送ってもらえるとのこと。湯呑は自分で作るのは諦めて、お店でたぬきのデザインされた可愛いの買いました。

 信楽も目の前にはのどかな風景が広がってましたなぁ。ちょっと日が暮れかかってたので紅葉はまだやったけど、秋の夕陽に照る山もみじの歌を思い出してもうたな。
Photo_5




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.04

動物戦隊ジュウオウジャー(10月5週目)

 第36話 ハロウィンの王子様
 
 バングレイのことを話合うジニス達。ジニス、バングレイのことをゲームの駒には力不足だったねぇって言うてたけど、クバルとアザルドが用意して出してくる手駒よりは強力やったやん。1週でやられてまうことなかったし。君たちは彼とは違だろうって、どんだけ嫌味なんやジニス。アザルドは嫌味言われてることに気が付いてなかったけど。

 ありゃぁ、クバルはバングレイの右手を自分にくっつけてるやんか。バングレイみたいに掴んだ頭のなかの記憶を見ることができるようになったんやろか。

 地上ではジュウオウジャー6人でお買い物。レオが一人で荷物持ってるし。そしてハロウィーンの飾り物を見つけて、盛り上がる。今までスーパー戦隊の定番の季節物と言えば、クリスマスとお正月やったけど、とうとうハロウィーンもその仲間入りしてきたってことか。

 今週のデスガリアンは地球の裏側からやってきたサンババ、今年はリオ五輪だったからサンバで踊るデスガリアンやとは思うけど、使ってる曲がキョウリュウジャーやんか。ステップも似てるし、ファイアーって言いながらくるっと回転してるし、違うところはファイアーって言わないとこぐらいに見えたけどね。そしてキョウリュウジャー懐かしいよなとニタニタしてた。

 デスガリアンが暴れていた現場でタスクが助けた少女まみ。お姫様だっこまでしてもらえてるし。その直前までまみの荷物を持って上げてた男の子、王子様失格お別れよって言われてるやん。今どきの女の子がお別れよなんて言うのかぁ、ちょっと昭和やろと思って見てた。

 翌日、タスクを見つけたまみは勝手に私の王子様宣言しちゃってる。びっくりしたタスクはおじさんの家に連れてきちゃう。
 そこでアムがタスクがお菓子を買ってきてないことで文句を言ったら、タスクがパンケーキぐらいなら作れるって答えてる。そうだそうだ、以前パンケーキパーティーみんなでやったから、作り方分かってるよね。
 親しげなタスクとアムを見て、ライバル心を掻き立てられるまみ。今まで何も不思議に思わずにタスクにお願いしてきたアムがまみから突然否定されたら、びっくりするよね。

 パンケーキを食べ終わった後はみんなでハロウィンの服を探しにショッピングモールへ。まみにも衣装を選ばせてあげるって太っ腹やんか。

で、ジュウオウジャーたちの衣装は、大和がパンプキンが重なったようなの。これって去年ニンニンジャーの天晴が着てたトマトの衣装と変らないやん。2年連続でレッドが面白系ってどうなん。セラの魔女はなかなか色っぽいぞよ。なんとレオがミニスカートのメイドさんびっくりさせられるやん。タスクが赤い服の王子様、おでこを見せてるんでキリッとしてる。アムは宝塚の男役みたいなの、シルクハットにひげやったけど。門藤は誰だか分からない白いお化け。顔を見せたら白塗りして西洋のお化けの顔。
まみはピンク色のドレス。

 折角お姫様気分のまみやねんけど、タスクとアムが仲良くしゃべってるのを見て、王子様と二人きりになろうと手を引っ張って公園の方に連れていったら、アムだった。

眼鏡外してたからうっかり掴む手を間違えてたという。

 アムにタスクを譲ってくれって交渉してる時にデスガリアン反応。ハロウィン会場でみんなが仮装して楽しんでる時にサンババたちが現れてひと踊りするんやけど、何回聞いてもキョウリュウジャーを思い出してニタニタしちゃうって。1年間聞き続けて脳の奥に刻まれてるからなぁ。

 アムもデスガリアンの方に向かって行こうとしたとき、まみに止められる。アムは守られるのもいいけど、王子様のピンチを救うお姫様もかっこいいと思わない?ってまみに問いかけてみる。まみの行動見てて、あんなに貪欲に王子様を探してるの見てたら、結構肉食系っぽいから守られるタイプには見えないよねぇ。どっちか言うと、男の子を王子様王子様っておだてておいて、アッシー君とか貢君にしたいだけやしね。

 アム以外の5人でサンババ相手に戦ってるときはサンババの体当たり攻撃に耐えきれず変身解除して倒れちゃう。そこにアムがやってきたから、全員で気合いを入れなおして変身。大和はジュウオウホエールになってたやんか、サンババは火炎攻撃してくるから、ホエールで水攻撃するのかと思ったら、今回のストーリーのメインはアムとタスクなんで、二人がサンババにぶつかっていってるやん。

 そして必殺攻撃はホエールチェンジガンの地上なのになぜか水中で倒されるやつ。

 巨大化したサンババに対するのは、ワイルドトウサイドデカキング。サンババはサンバのリズムでダンスして足元を火事にしただけ、ワイルドトウサイドデカキングにその火を消されて、ジュウオウドデカダイナマイトストリームで終了。

 ジュウオウジャーたちが家路に向かってたら、向うからまみが走ってくる。目的はタスクかと思ったら、アムに直進。まみをあなたのお姫様にしてくださいって。いやぁ、アムは無理やぞ。アッシー君にも貢君にも絶対ならないからなぁ。面倒くさいとは思っていても、男子としてはもてたいと思ってるタスクのショックも分かるけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.03

大坂夏の陣激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリー 完成

 今日、寺田町に行った帰りに、大坂夏の陣激戦地をめぐれーっ!!スタンプラリーの最後の場所、四天王寺庚申堂に行くことができました。

Photo


 たまたま到着したのが午後3時。お堂の中におられた四天王寺の職員の方に、午後3時は申の刻だったそうで、仏縁がありますねと声をかけてもらいました。その方によると、わざわざ午後3時にお参りに来られる方がおられるそうです。

 ご本尊に手を合わせた後、台紙にスタンプを押していたら、スタンプラリーのご縁でたくさんの方がお参りに来られるとのこと。スタンプが全部集まったら、記念証がもらえます。職員の方によると庚申堂が最後の方が多いとか。他の5か所に比べると、ちょっと奥まったところにあるので、分かりにくいんです。

 それで私も3度目の正直でここに来られたと言うと、庚申堂は見ざる聞かざる言わざるの三猿発祥の地なんで、そこにも縁がありますよねとのこと。

 庚申堂を後にして歩きながら、そう言えば今年は申年やん。申年の申の刻にお参りできて、良かったやんと思いつつ、帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.02

相棒 「人生のお会計」

 ガンで余命が半年から1年と医者から宣言される谷中という男性。医者に自分と同じぐらいの症状の人たちはどうしているのでしょうかと尋ね、自分のしたくてもできなかったことをすればと言われる。

 それを考えながら、道を歩いていた谷中のところに上司から携帯に電話が掛かり今月契約が1本も取れてない、目の前の家に飛び込み営業をかけて来いと命じられる。

 そこで訪問した山本家の中から男の叫び声のような怒鳴り声のようなものが聞こえてきたので、慌てて飛び込むと目の前でここに住む男性が首つり自殺をしかけていた。

 慌てて助けて話を聞く谷中。山本は5年前娘を殺した男・田島を見つけたんやけど、田島を見失って仇討ちできなかったんで、自分で自分が嫌になったんで自殺しようとしたとのこと。

 それを聞いて谷中は立ち上がって、背広の胸に手を入れた…。

 次に山本の家の周りに警察が集まっている。部屋では山本が頭を殴られて殺されていた。伊丹と芹沢が捜査に来てたんやけど、そこに冠城もいた。冠城、伊丹に上司にしたい人NO,2だったとかっておだてておいて、伊丹の元で勉強させてくださいって頭下げてるやん。伊丹の目つき見てると疑ってるようやったけど。

 青木が特命係のホワイトボードにこの事件の現場写真や概要を書いて、右京さんを引っ張りこむ。

 だいたい、谷中は医者から余命宣告されてるんやから、家族がいなくても上司に相談せなあかんやろ。家族がいないなら余計、これから半年1年後に自分をどうするのか、色々片付けなくちゃいけないんちゃうん。それなのに何事もなかったように働いてるし。まぁそこんところで違和感が生まれてきたかなぁ。

 谷中は山本が契約してくれた保険の受取人になっていたことで、捜査1課から事情聴取されるんやけど、アリバイがあったことで家に帰される。
 右京さんは谷中の一言が気になって山本の家を見に行っていた、そこに自殺しようとした痕跡を見つけていた。

 山本の娘は、昔ホストやってた田島に入れあげて会社の金を横領し自殺していたことが分かり、田島が勤めていた店に冠城と右京さんがやってくる。
 谷中もその前に来ていて、従業員名簿を見せてもらう見返りにシャンパンタワーで500万円使ってた。子供のころから貯金が趣味でコツコツ貯めてたお金を使ったって。谷中は背中に鯉の滝登りの刺青を派手にしていて、ホストクラブの経営者からはやくざだと思われていた。

 角田課長がこの刺青を見て、誰が彫ったのか分かっちゃうってのに、感心したもんね。

 角田課長は銀青会という反社会的勢力の事務所に冠城と一緒に、谷中が来ただろうと話を聞きに行く。谷中は拳銃を売ってくれと言ってきたらしい。組長に堅気が来る場所じゃないと言われたら、1週間後に背中に刺青を入れて、これで自分もやくざと同じになったから売ってくれだって。

 右京さんは谷中のアパートに冠城は田島の家に行く。谷中は田島の家にも保険のセールスで来たことがあった。何も知らない田島の妻は谷中に保険の説明を受けるために喫茶店に呼び出されていた。妻が狙われてるのではと見せかけておいて、実際には田島本人を狙ってたってところは面白かったやんか。

 右京さんが田島の家にやってきて、何かを思いつき冠城と共に出かける。

 谷中と田島がやってきたのは山本の娘が自殺した断崖絶壁。谷中は田島に包丁を持たせる。そこに右京さんと冠城が駆けつける。

 右京さんたちの呼びかけに谷中は平凡に生きてきた自分でも人のためになることをしようと思って、山本の代わりに復讐することに。

 谷中の気持ちとは裏腹に、田島の居場所を知った山本は田島と直接連絡をとって、山本の自宅にお金をもってこさせるようになる。このままでは強請られ続けると思った田島は山本を殺害する。
 
 田島を刑務所に入れることができたとはいえ、山本は殺害されてるんやから、娘の仇を討ってくれたと喜ぶ人はいなくなってるんやし、それってどうなん。

 自分の余命を知って人のためにといえば、名優志村喬さんの「生きる」という映画を思い出したけど、少々お涙頂戴でもいいからもうちょっとどうにかならなかったんでしょうかねぇ。

 それにしても山本という男をやっていた十貫寺梅軒さん、めっちゃ個性的芝居する人やったよね、ちょっと検索してみたら状況劇場出身だそうで。なんか納得。
 田島役の渋江譲二君、仮面ライダー威吹鬼以来久しぶりに見たような気がするけど、セリフも表情もうまくなってたやん。相変わらずガタイはでかかったけど。
 谷中役の石井正則さん、まさかこんなに上半身をさらすことになるとは思ってもみなかったんちゃうやろか。余命半年とは思えないほど、ぽっちゃりしてはったし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »