« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月3週目) »

2017.04.16

仮面ライダーエグゼイド(4月2週目)

 第26話 生存を賭けたplayers

 幻夢コーポレーションが仮面ライダークロニクルの宣伝にめっちゃ全精力を注いでるやんか。お蔭でニュースにも取り上げられるほど行列ができて売れてる。
 そのニュースの最中にニュース速報が入って衛生省が仮面ライダークロニクルの回収と使用の禁止を発表する。

 CRには衛生省の日向審議官から連絡が入ってる。全国で売り出された仮面ライダークロニクルのガシャット、起動させればゲーム病を発症する危険があり、ゲームオーバーになればプレイヤーは消滅するかもしれないのに、ゲーム病を治療できるのは、永夢と飛彩の二人しかいないってのは困るやんか。

 ゲームオーバーで消滅してしまうことは混乱が生じると衛生省としては黙っておくことにするのか。待機を命じられた永夢と飛彩。

 CRに入院してた若者がその話を立ち聞きしてて、自分の体は自分が治すとガシャットを持って出ていってしまう。それを止められない永夢と飛彩。こういうところでポッピーというか明日那がいない弊害が出てるんやろな。だいたいポッピーがいなくなったところで、代わりの看護師を配置してない病院と衛生省も困ったもんと言えるんやけど。

 外ではソルティがライドプレーヤーの相手をしている。戦うまでは行かないな、ライドプレーヤーの方が弱すぎるからね。そこに若者がやってきて変身し、ソルティに向かって行こうとしてるところに永夢がやってきて変身。ソルティをやっつけるよりもライドプレーヤーに戦いを止めさせようとする方に苦心してる。

 そこに現れたのがポッピー。変身しちゃったやんか。そしてエグゼイドと戦い始める。それを見て、ライドプレーヤーはしらけてどっかへ行っちゃう。
 スナイプがやってきてポッピーを銃撃し始めたんやけど、なんとエグゼイドとスナイプの両方をポッピーの攻撃で変身解除させちゃってるやん。強いねぇ。
 ドクターの救助行為は禁止、違反したらお仕置きだよって言うポッピー。

 永夢はポッピーは僕たちの仲間のはずだ、人の命を救うために協力してくれてたじゃないかって泣き落とししようとしてたけど、その記憶完全に無くなっちゃったんかな。ポッピーは首かしげて考えてた風やったけど、結局永夢にデコピンして消えちゃった。

 パラドが現れて、ポッピーの記憶は完全にリセットされてるって教えてくれる。ふとエグゼイドにリプログラミングができる能力があるんやからライドプレーヤーをリプログラミングでけへんのかと思ったんやけど、それって今は言うたらあかん設定なんかな。
 ポッピーがCRに協力してたのはデータ収集のために黎斗がプログラムしてた一時的な役目にしか過ぎない。仮面ライダークロニクルが完成した今、ポッピーはバグスターとしての本来の役目に戻る。パラドはそう言ってたけど、黎斗が倒される前、街をさまよってた時ドレミファビートのバグスターはどこだぁって叫んでたやん、そうしたらちょっと話がずれてくるでぇ。

 バグスターは人間の体を乗っ取って生まれた。元の人間に戻れるのかな?人間のストレス発散のために生まれた敵キャラ、敵キャラが人間を滅ぼす。
ライドプレーヤーが強くなれないように最初から設定されてるんやろな。

 しかし一人で戦っててもバグスターに勝てないと考えた若者がライドプレーヤーに団結して戦おうとツィートし、拡散し始める。そこで身体が消滅することもばれてしまう。
 大我の前にグラファイトが現れる。仮面ライダークロニクルで自分のレベルまで勝ち上がって来い、そして俺と勝負だと言って消える。仮面ライダークロニクルに一歩引いて見てる大我を巻き込みに来たんやな。

 永夢や飛彩が待機させられてるのは、レアキャラ扱いの仮面ライダーが現れれば現場が混乱するだけだから、患者をオペできない飛彩の苦悩。でも飛び出して行っちゃう永夢。

 衛生省で記者会見。人体の健康にかかわる重大な欠陥が見つかったって言うてたけど、消滅することがツィートで拡散してしまってるから後追い発表になっちゃうよな。記者から鋭い質問が飛び交ってても初めは無視しちゃってる日向、でも覚悟を決めて記者の質問を肯定する。

 若者のツィートで集まったライドプレーヤーが6人、でもバグスターは2体。100人ぐらい集めないと相手にならんのではないか。
 
 ソルティ・アランブラ・プラドがライドプレーヤーを倒してしまおうとしたところに、永夢・飛彩・大我が現れて、自分の力ですべての患者を救うことはできないけど目の前の患者を救うために頑張ると誓って変身。

 後半戦に入って永夢たちは劣勢に立たされてたけど、久々に派手なアクションで楽しませてくれるやんか。ソルティとアランブラを爆破。
 プラドと戦ってたエグゼイドはプラドを攻略すると攻撃するんやけど、プラドはお前、やっぱ最高だなと言って消える。攻略できたの???というところで引っ張ってくるなぁ。

 ライドプレーヤーだった6人はゲーム病が治癒。エグゼイドたちが戦う姿を見た若者はCRを信じようとネットに拡散してくれると言ってガシャットを差し出す。それに合わせて残りの5人もガシャットを永夢に渡してた。
 支払った代金とかは衛生省から戻してくれるんやろかなどと、ふと気になったんやけど。新聞記者も衛生省ばかりに詰め寄らんと、幻夢コーポレーションのあの社長にも記者会見を開くように言わなあかんやろ。

 大我が仮面ライダークロニクルは俺が攻略するって飛彩に言って帰って行く。
 アジトに戻ってきたプラド、衛生省の発表でプレーヤーが減るのを防ぐ次の一手を打てと命じる。

 最近仮面ライダーエグゼイドって入力するよりも、仮面ライダークロニクルって入力することの方が多いから、タイトル入力するときクロニクルと手が動きそうになってもうたやんか。

|

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月3週目) »

スーパーヒーロータイム2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/65156720

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーエグゼイド(4月2週目):

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月3週目) »