« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) »

2017.04.09

仮面ライダーエグゼイド(4月1週目)

 第25話 New game 起動!

 永夢が気が付くと、バグスターの手下と見慣れない茶色の戦士が戦ってる。そこにパラドが現れてようこそ究極のゲームの世界へと言ったところから始まったエグゼイド後半。

 そしてオープニング。前半はいつの間にかオープニングが無くなってたからねぇ。ゲストの確認するのが分かりにくかったので不便やったんよね。
 
 CR、永夢がどことなくやる気がなさそうなのは、ポッピーが最近見当たらないから。もうCRに来た最初から、ずーーーーっとフォローしてもらってたからなぁ。

 CRに緊急通報が突然たくさん入ってくる。永夢が現場にやってくると工事現場で若者が一人具合が悪くなっていたので、作業員さんが連絡したものだった。いつもの症状と違っているので不審に思う永夢。するとその若者が敵を追ってたらこの工事現場に入ってしまったみたい。他のプレーヤーに先を越されたくないといってガシャットを取り出したので驚く永夢。そして若者は茶色の戦士に変身して走り去っちゃう。その後を追う永夢。

 戦士がやってきた場所ではバグスターの手下と茶色の戦士たちが戦っていた。飛彩がやってきた現場でも同じような状況に。

 エグゼイドに変身してバグスターに近づくなと注意したら、かえって邪魔だとエグゼイドが放り出されてるやん。その時のエグゼイド、可愛かったやんか。

 ゲーム初心者の若者がやってきて、どうすれば???ってつぶやいたらポッピーピポパポが現れてゲームのナビゲートを始める。

 大我は幻夢コーポレーションの株価が急騰したことを不思議がる。大我、株価チェックもやってるのか。パソコンの画面がトレーダーみたいになってるし。

これと言った仕事してない大我は、株式投資で資金を確保してたんやろか。
 ここにニコが飛び込んできて、スマホの画像を見せる。

 ポッピーの解説、このゲームがプレイヤーがライドプレイヤーと呼ばれるヒーローに変身して現実の世界でバグスターと戦うゲーム。仮面ライダークロニクル。リアルとマテルが融合する究極の対戦ゲーム。ゲームのCMがバンバン流されてて量販店で列を作ってガシャット買ってるやんか。

 バグスターは初級から上級まで全部で13体。全部のバグスターを倒してゲームクリアの証を集めるとこの世界に存在する究極のバグスター・ラスボスへの扉が開かれる。たしか黎斗が集めてたバグスターって10体やったよね。13体ってどういうことなんやろ。そしてラスボスはパラドなんやろか。
 バグスター・ソルティって初級のバグスターってこと?それにしてはめっちゃ強いやん。

 ライドプレイヤーにレベルが足らんと言ってバグスターどこかへ行っちゃった。ここでポッピーがまだまだレベルが低いプレイヤーのみんなにとっておきの攻略方法を教える。レアキャラの仮面ライダーが出没するって。仮面ライダーはゲームの攻略に役立つゲーマドライバーとライダーガシャットそれにガシャポンウェポンを隠し持ってるよ、見つけ次第ぶっ倒してレアアイテムをゲットしようって、ライドプレイヤーを煽ってるやん。

 エグゼイドやブレイブを見つけたライドプレイヤーたちがレアアイテムを狙って、襲い掛かってくるんやけど、相手が人間やからバグスターの手下の時みたいに派手に蹴散らすこともでけへんから、困るよね。
 永夢はマキシマムマイティXになって、ライドプレイヤーたちをあきらめさせる。
 最初に永夢が診察した若者は変身解除したらゲーム病がひどくなってたのでCRに連れていくことに。

 大我は天ヶ崎社長に会いに行く。ニコに幻夢の社長って変な奴ばっかって言われてるやん。黎斗があんな状態やったから、安くで買いたたいたんかな、天ヶ崎社長は。なぜ事前告知も無しで、仮面ライダークロニクルを発売したのか。社長は企業秘密ですの一言で片づけてる。
 ポッピーがそのゲームに関わっているのかは、新作ゲームのイメージキャラクターとして出演をオファーしただけ。

 永夢にゲーム病にかかっていることを告知された若者。ソルティを倒せば治ると言われて自分で行こうとするのを押しとどめてるときに、緊急通報が鳴る。

このままだとゲーム病患者が街中にあふれるから、CRだけでは手に負えなくなるの目に見えてるやん。

 緊急通報で行った現場ではソルティや手下がライドプレーヤー相手に戦ってる。永夢はそれを止めるために変身。でもソルティはレベル10に上がってて強くなってる。永夢もレベルアップしようとしたときにライドプレーヤーたちがエグゼイドのアイテムを横取りしようと寄ってきて、剣を取られて討たれたんで変身解除してまう。

 いやぁ、ライドプレーヤーが出てきて、めっちゃ面倒くさくなってきたやんか。

 ここで冒頭のシーンに繋がってる、オシャレな演出やな。パラド曰く、仮面ライダークロニクルこそがパラドの求めていたゲーム。このゲームを奪うために幻夢を殺した。

 パラドクスに変身してライドプレーヤーをすべて叩きのめすと、ライドプレーヤーは変身解除して、ゲーム病に感染してる症状が出てる。

 もう一度変身しようとしてもできない。ポッピーが出てきて、戦いに負けてゲームオーバーになってしまったら、そのプレーヤーは消滅してしまう。コンティニューはできない、世界一のヒーロー目指してレッツゲームって解説していった。

 自分が消滅するゲームを自分でお金出して買うんかよ。これは衛生省に即刻報告して、ゲームの販売を中止させないとあかんよね。

 パラドはこの世で一番偉いと思いこんでいる人間が憎いと言い切る。パラドは人間態やけどもともとバグスターは人間に寄生してるんやから人間がいなくなったら生きていけないやん。でもパラドは仮面ライダークロニクルは人間がバグスターを攻略するゲームではなく、バグスターが人間を滅亡させるゲームだという。ゲームで攻略される側の気分をたっぷり味わえと言って消えていく。

 ワンサイドゲームじゃおもしろくない、プレイヤーのみんなにも楽しんでもらいたいというポッピーは社長の差し出した花束の中から、ドライバーとガシャットを取り出したところで次回へ。

|

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) »

スーパーヒーロータイム2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/65126967

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーエグゼイド(4月1週目):

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(4月2週目) »