« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017.06.28

宇宙戦隊キュウレンジャー(6月4週目)

 Space.19 森の惑星キールの精霊
 
 チャンプを復活させるための研究室(と言っていいのかな)に並ぶキュウレンジャーのぬいぐるみ可愛いよねぇ。シーンと静まり返ってるところに寂しさがあるけど。廊下の長椅子でチャンプが倒された時のことを思い出しているスティンガー。たぶんスティンガーはずっとこのことばかりを思い出してたのかもしれへんよね。

 マントを羽織って出ていくスティンガー。長椅子にはチャンプのキュウタマが残されてる。

 地球に向かって、大量のモライマーズが飛来してくる。毎週1個ずつとか処理してるの見てて順調に進んでるなと思ってたけど、ジャークマターには痛くも痒くもなかったんやんか。
 地球にこれだけのモライマーズがプラネジュームを吸収したら、あっと言う間に地球は爆発してしまう。

 モライマーズを1台ずつ破壊していっても間に合わないので、アルゴ船の復活を優先させることにする司令。

 ドン・アルマゲからの命令を聞くスコルピオ。アルゴ船のことを口にしたら、余計なことは詮索なって言うドン・アルマゲ。それを聞いて、アルゴ船には巨大な力があるので、自分がアルゴ船を手にすればドン・アルマゲに取って代われるとほくそ笑むスコルピオ。

 今回復活させたマーダッコ。歌劇調やなぁ。それは愛とかって言うてるし。

 惑星キールに到着したラッキーたちは早速竜骨キュウタマ探しを始める。森の中でナーガとバランスが吊り下げられる。バランス、逆さづりにされちゃってるやん、大変やなぁ。

 ラッキーたちは巨大な石像を見つけるんやけど、人々がその石像を建設するための石を運ばされているのを見る。この惑星のダイカーンはオメーガという名前で、石像みたいな顔してるし。ラッキー・ハミィ・スパーダが変身して戦ったら、頭が重くて動き難いのか、ほぼ戦わずに逃げて行っちゃったやん。

 森の奥に入って行ったラッキーとスパーダはナーガとバランスを見つける。ラッキーたちも捕まりそうになったところで、森の精霊・エリスがこの森に入ってきてはならぬと登場。透明になってたハミィがみんなを拘束していた蔦を切ってくれる。ハミィの手回しが良すぎて、ちょっと感心したけどね。

 スパーダを見たエリスは急にデレデレし始める。人数が多くて、ちょっと控え目な立場のスパーダが今回はモテキャラなんや。
 スパーダに竜骨キュウタマのことを聞かれたら、あっさりしゃべっちゃうし。エリスが持ってる杖のてっぺんのところに隠されてた。エリスはいつの日かアルゴ船を求める救世主が車で、このキュウタマを守り抜けと言われていた。

 エリスにキュウタマを渡してくれと交渉してたら、スコルピオが杖のてっぺんを尻尾で壊してキュウタマを手に入れてしまう。変身して、キュウタマを取り戻そうと戦い始めるラッキーたち。

 オリオン号ではラッキーたちの行動を見ていたガルとラプター。そこにスティンガーが入ってきて帆キュウタマと艫キュウタマが入った容器を持ち去ってしまう。ガルとラプターは動けないように毒針で刺されてしまう。スティンガーは自分のキュウタマと制服置いていっちゃったからなぁ。

 ラッキーはスコルピオと他の4人はオメーガと戦ってる。スコルピオは仲間は利用するためのものという考えなんで、オメーガに毒を注入して惑星の人間を滅ぼしに行かせる。ラッキーはスコルピオの元に残り、他の4人が追いかけて行く。
 スコルピオはラッキーの前でもドン・アルマゲを倒して宇宙を自分の物にするって言っちゃったよね。こうあっちこっちでべらべらしゃべってたら、そのうちドン・アルマゲの耳にも入るんちゃうん。
 この間ラッキーが手に入れた光キュウタマの力のお蔭で一旦竜骨キュウタマを取り戻したんやけど、エリスがスコルピオの人質になってしまったんで、スコルピオにキュウタマを渡すラッキー。
 ラッキーはこの時点では帆キュウタマと艫キュウタマはオリオン号で保管されてるから大丈夫やと思ってるからなぁ。エリスや惑星の人々の命を守れないで救世主とは言えないって言えてたけど。

 エリスがあの方といってたのはオライオンのことだった。

 オメーガと戦ってる4人。オメーガを倒して4人揃ってグッドラックって言うの初めてちゃうん。だいたいよっしゃラッキーとかグッドラックとかは今までラッキー専用のセリフってかんじやったからな。

 オメーガが巨大化したところでラッキーも駆けつけてキュウレンオーに。オメーガがパンチならこっちはキック。どうするのかなと思ってたら、光キュウタマをセイザブラスターにセットして太陽の力を使ったら、それにバランスとナーガが反応してパワーが溢れてきて空中に浮かんだまま両足でキックし続けて倒す。持ち上げるの大変やったやろうなと思いつつ見てたけどね。

 竜骨キュウタマを手に入れて地球に戻ってきたスコルピオ。そこへやってきたスティンガー。スコルピオに帆キュウタマと艫キュウタマを渡すと見せかけて、今の兄貴を見ていられない、兄貴は俺が倒すと戦いが始まったところで次回へ。

 ゴルフで一回休んだあと、スコルピオの方は話が急展開していってるやん。スティンガーは変身でけへんしなぁ、どうなるんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.20

仮面ライダーエグゼイド(6月2週目)

 第35話 Partnerを救出せよ!

 オープニングにめっちゃかしこまったナレーションが入ってるやん。これって何か医療ドラマのパロディーっぽいんかな?なんか見たことあるような無いような。見てるこっちも、いよいよラストクールに突入してきたなと思わされたしね。

 プレーヤーがなかなか増えないことが気にかかる正宗。衛生省が禁止してるのを無視してゲームを拡げようとしてるんやから、仕方ないよね。
 人の命の管理者となり、世界のルールになりたい正宗。なので仮面ライダーによる医療行為は阻止しなければならない。飛彩は恋人の意識を取り戻したかっ

たら、正宗の言うことを聞かなければならない。そのうえいつか飛彩が裏切るかもしれないとガシャットまで取り上げて管理されちゃってるのか。

 紳士面してる正宗に最初に騙されちゃったのが、今まで医学の勉強しかしてこなかった飛彩の弱いところやったんやな。生き馬の目を抜くゲーム業界で生き残り、その上拘置所暮らしでダークな世界に身を落としてたし、仮面ライダークロノスの力をてにいれちゃったから、正宗に怖いものなしやもんな。

 部屋を下がらされた飛彩。そのあと正宗が声をかけたのがレーザーターボ。

 先週、レーザーターボがゲムデウスの力をレーザーのレベル0の力で抑制したシーンがあった時リプログラミングのデータを貴利矢が残してたこと忘れてたんよね。今回のセリフで思い出して、そりゃぁ使えるわなと思ったんやな。

 バグスターウイルスの根絶を目指していた貴利矢が正宗側に付いたことを信じられない永夢。

 緊急通報で駆けつけたエグゼイド。アランブラとライドプレーヤーが戦ってた。エグゼイドがアランブラと戦い始めると、レーザーターボ登場。レーザーターボは自分が相手になるとゾンビも登場。

 レーザーターボがシャカリキスポーツのガシャット出してきて、肩に自転車装着する。なんか懐かしいなぁ。エグゼイドが始まったころ、黎斗がしょっちゅうこれ使ってたやんか。

 アランブラは退場。エグゼイドとゾンビを相手にレーザーターボが戦って必殺攻撃でゾンビがゲームオーバー、その後黎斗復活。大我がてめぇ誰だと声をかけたので、変身解除したレーザーターボ。貴利矢登場。やっと戻ってきたなぁ。貴利矢がよみがえれたのは正宗のお蔭なので、正宗の味方になってると答えてる。そしてもうドクターなどいらないって言うのは、最初の方で正宗が言うてたよね。みんなは普通の人間としてよみがえれたと思ってるけど、正宗の都合の良いようにデータを書き換えられてると言うことに気づいてないもんな。

 幻夢コーポレーションの会議で自説を発表してる正宗。社員の前では社員一丸となって消滅者の命を取り戻そうではないかって力説してる。

 貴利矢が正宗の考えを代わりに永夢たちに伝えた後、消えちゃったの見たら、本当に蘇ったのではないって気づかないとあかんよね。黎斗がゲームオーバーで消えたり復活したりするのを普通に見てるから感覚がマヒしちゃってるのかもしれへんけど。

 ゲムデウスウイルスが体内で増殖して苦し気なグラファイト。パラドとグラファイトは仮面ライダークロニクルを取り返すことに目標を定める。

 黎斗は何物にも太刀打ちできない完全無敵のガシャットを開発すると、自分の周りに5台ぐらいパソコン並べて入力しまくってるし。

 永夢も正宗が駒として扱うために貴利矢を別人のようにプログラミングしたんですって気が付いたみたいやな。

 パラドが永夢を自分の側に引き入れようとやってくる。でもいつも断られてるよね。永夢がレーザーを消してくれたら、パラドたちがクロノスを消す。クロノスはバグスターの命を踏みにじるとパラドが言うと、それを人の命を踏みにじってきたお前がいうなって永夢に言われちゃう。ポッピーに仲間のラブリカが殺されてって言うてたけど、殺されたんやなくて絶版だったのに、命を失うことの意味を思い知ったということを言いたいがために殺されたってことにしちゃったんやろな。
 ポッピー自身も人の命を奪って生まれた存在だろって言い返したくなるよなパラドとしては。
 ポッピーは人の命を人の笑顔を取り戻すために永夢と戦うことを決めた。

 大我は永夢なら貴利矢をリプログラミングできるのではないかと考えてる。

 貴利矢は正宗から報酬としてプロトガシャットを1個もらってたよね。

 緊急通報が入ってアランブラと戦おうとしてるプレーヤーを止めさせようとしている永夢の前に貴利矢が立ちふさがる。

 貴利矢にリプログラミングの技術のお蔭でガシャットができたことや貴利矢の言葉が今まで永夢を支えてきたことに感謝の言葉を述べて、貴利矢の笑顔を取り戻すために戦うと変身する。

 貴利矢も変身するんやけど、キックして変身するのもちょっと荒っぽい感じになってるんちゃうん。

 貴利矢をリプログラミングしようとしてるのにクロノスが現れたんで、エグゼイド側はみんなポーズされちゃったらリプログラミングできなくなると焦ってたよね。
大我が自分がクロノスを引きつけると言って飛び出してきたけど、結局ポーズされて、大我は吹き飛ばされちゃった。ポーズを正宗が解除したらなんとニコが大我に向かって投げた回復のコインが大我に吸収される。吹き飛ばれてどこに転がるかわからへんのに、投げたところに大我が転がってきたなんて、でき過ぎよね。

 大我とニコが正宗に向かって強気なことを言ったんで、大我たちの方を向く。その隙を狙ってエグゼイドがレーザーターボに向かってマキシマムマイティクリティカルフィニッシュをぶっ放す。なんかエグゼイドチームで作戦通りに攻撃するなんて、やればできるやんって言いたくなるやんか。

 レーザーターボはアルハンブラを盾代わりにしたので、アルハンブラが爆破される。その瞬間、エグゼイドはレーザーターボをリプログラミングする。

 永夢は元の貴利矢に戻ったと思って、近づいて声をかけるんやけど、貴利矢に顔をキックされて海に転がる永夢。
 貴利矢は自分は自分だと言い、正宗は彼が私に従っているのは彼自身の意志って言う。でも貴利矢はご褒美に正宗からプロトガシャットもらってたやんか、なんかそれが関係してるんちゃうんと思ってるんやけど。

 貴利矢は永夢の胸倉をつかんで立ち上がらせ、耳元で何かをささやく。その言葉を聞いた永夢は、今までで一番怒ったんちゃうやろかと思ったぐらい、貴利矢を追いかけて行って殴りつける。そっちがその気ならこっちも乗ってやるよ、お前はもう僕の仲間じゃないと告げる。

 正宗はポーズを使って貴利矢を連れて消える。

 世界で一番のドクターになってと繰り返し言うだけのサキ。サキの意識を取り戻したければ正宗の期待に応えろとタドルレガシーという名のガシャットを出してくる。
 黎斗は新しいガシャットを作り上げる。

 大雨の中、自分が消えた場所に立っている貴利矢。

 貴利矢に何を言われたか知らない方が良いと言う永夢。今回の終わり方を見てると、貴利矢が永夢の前に立ちはだかったってことになるんかな。

 来週の予告が終わった後、次回から出てくるハイパームテキガシャットのCM入ってるやん。折角何かありそうな次週予告やのに、興味が薄まるような気がする…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.17

宇宙戦隊キュウレンジャー(6月2週目)

 Space.18 緊急出動!スペースヒーロー!

 突然羅針盤キュウタマがマーダッコに盗まれたところから始まったキュウレンジャー。どういうシチュエーションで盗まれたのかとかは全く無視やったけどね。今のマーダッコ見てたら、ブルゾンちえみをまねても面白いんちゃうんと思ったんやけど。ダイカーンとか2人引き連れてやらせてみたらどうやろか。

 スコルピオに羅針盤キュウタマを盗んで来いと命令されてるマーダッコ。なんか完全に男に貢いでる女子になっちゃってるけど。
 マーダッコの乗った宇宙船がブラックホールに吸い込まれてしまう。一度吸い込まれたら脱出が難しいので、どうするべきか戸惑ってるキュウレンジャーたち。
 でも羅針盤キュウタマを取り返すには行くしかねぇとブラックホールに向かって行くラッキー。帰れる確率が1%もあるんだ、よっしゃラッキーって、凄いよねこのポジティブさ。戸惑ってた他のメンバーも吸い込まれてしまい、別の宇宙に行ってしまう。

 そこにワームホールから宇宙船が複数飛び出してきたのを見つける、デカレンジャーのバン。もう乗ってる宇宙船のサイレン聞くだけでキタコレ気分になるやん。

 宇宙船が爆破して、地面に投げ出されたマーダッコ。そこに十文字撃がやってきて、マーダッコに向かって大丈夫ですかお嬢さんって声をかける。宇宙刑事やからお嬢さんって分かったんかもしれへんけど、普通の人が見たらお嬢さんとは声をかけへんやろなぁ。若いかどうかも疑問やんか、マーダッコって。

 ラッキーやナーガがだいたい同じ場所に着陸。他のメンバーと連絡が取れなくなっている。そのうち会えるだろうって、めっちゃお気楽やなぁ。
 二人の近くをマーダッコが歩いているのを見て、変身するラッキーとナーガ。

 羅針盤キュウタマを返せって言うたら、マーダッコが撃に助けを求めるから、撃も変身。ラッキーとナーガを器物損壊および宇宙ストーカー条例違反で逮捕するって言われてるし。

 そのころ司令・ハミィ・ガルの3人は遊園地で人々が楽しそうにしているのを見てる。ブラックホールを抜けた向こうにある宇宙。折角そんな地球でホッとしてるところに、ウメコとセンちゃんがアリエナイザ―だと思って銃を向けてくる。ウメコとかセンちゃんとかアリエナイザ―とか、10年以上前で前のパソコン時代やったから、入力しても一発変換してくれへんやん。

 ガルが青い犬系なんで、ボスの親戚かと思っちゃうセンちゃんとウメコ。なんと怪しくない宇宙人は惑星間ビザを持ってるんや。この3人はビザを持っていないということで、惑星不法侵入で逮捕されちゃう。センちゃん、ちょっと声を低く作ってるんちゃうん、なんかそんな感じがしたな。

 手錠をかけられてたけど、どうみてもハミィはこの手錠から手が抜けてまうやろ。

 撃一人に、やっつけられそうなラッキーとナーガ。ラッキーと撃が殴りあってる間に入って、こういう時は落ち着いて話し合いをというナーガ。二人のパンチをあごに受けて気絶しちゃう。あごの骨が折れなかっただけでも良かったと思わなあかんよね。
 3人がごたごたしてる間に、逃げていくマーダッコ。

 ネオデカベースでは司令達の取り調べ中。ドギーが部屋に入ってきて、今度はキュウレンジャー側がびっくり。ガルとドギーが兄弟ごっこ始めちゃうし。

 マーダッコがいなくなったことで冷静に話し合いを始めているラッキーたち。キュウレンジャーの宇宙には警察が無いという設定にびっくりしたよね。
 宇宙警察や救世主の話をしていたら、撃が使ってる宇宙船をマーダッコが盗んで、ラッキーたちの頭の上を飛び去って行く。

 それを追いかけるためにラッキーとナーガはボイジャーに乗り込むんやけど、獅子ボイジャーに撃もむりやり乗り込んできちゃったやんか。そして撃の宇宙船をボイジャーで追いかけて、真上に来たら撃はボイジャーの底部から飛び出して自分の宇宙船に飛び乗っちゃう。さすが撃にしかでけへんよな。高速で飛んでるから風圧とか凄すぎて飛ばされちゃうよ。

 宇宙船に飛び乗った撃はマーダッコと戦い始めるんやけど、宇宙船が地上に不時着してもそのまま外で戦い続ける。そこにラッキーとナーガが駆けつける。

マーダッコが撃に向かって銃撃するんやけど、それをラッキーが撃を突き飛ばして助ける。すると後ろの崖に銃撃が当たってその衝撃で飛ばされたラッキーがマーダッコに頭から突っ込んでマーダッコをぶっ飛ばす。
 なかなか凝ったアクションにしてるよね。マーダッコは自分で自分を攻撃しちゃったようなもんやんか。

 立ち上がったマーダッコを思わぬ場所から銃撃してくるんで、崖の上を見上げたら変身したバン。ラッキーたちにワームホールがどんどん小さくなってきている、今キュウレンジャーとデカレンジャーのメンバーがなんとか食い止めてる、持ってあと30分。

 羅針盤キュウタマを取り返すのを手伝ってくれるバンと撃。マーダッコもデスワームを連れてきてる。
 いよいよ4人揃っての変身。赤2人と銀2人。マーダッコも赤なんで、赤3人で戦ってるやん。デカレンジャーのテーマソングが流れてきて、ちょっと感激しちゃってる私。どんだけ潜在意識にデカレンジャーのテーマソングが染みついてるねんって思ったもんね。

 デスワームが巨大化する、ここも俺たちがとラッキーがボイジャーを呼ぼうとしたら、撃が自分の宇宙船を召還し、龍に変身した宇宙船の頭に飛び乗る。そこに司令がリュウボイジャーでラッキーとナーガを迎えに来たついでに、撃の龍と並んで飛び始める。撃の真似をしてリュウボイジャーの頭に飛び乗るラッキー。そのバックには串田アキラさんの歌うギャバンのテーマソングが流れてる。
 ギャバンとナーガがデスワームを倒したのが、マーダッコより速かったから、あれっと思ってたんよね、こっちまでとってあったんや。

 無事、ワームホールを抜けて帰って行ったキュウレンジャー。

 最後、オッキューと言ってしまったウメコ。ボスに拒否されちゃってるやん。

 オリオン号ではみんなでたこ焼きを食べながら、平和を取り戻そうって明るく締めてたけど、リベリオンでチャンプに付き添ってたスティンガーがマントで顔を隠して出ていってしまうところで次回へ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.11

仮面ライダーエグゼイド(6月1週目)

 第34話 果たされしRebirth!

 飛彩が正宗の側に行ってしまったことを知らされて愕然とする院長。
 消滅した恋人サキのデータが入ったプロトガシャットが餌やからなぁ。

 正宗に約束やからサキに合わせろって交渉してるけど、正宗も君にもう一つやってもらいたい仕事があるって言い出してるやん。こんなん言い出すとブラック社長やもんな。

 CRにパラドとグラファイトが突然現れる。彼らが知りたかったのは仮面ライダークロニクルのラスボス・ゲムデウスとは何者かということ。
 それを聞かれて、黎斗は嬉しそうやんか。答えを聞きだすために院長の首にバグバイザーを当てるパラド。

 ゲムデウスは全知全能の神、伝説の戦士クロノスでなければ攻略できないラスボス。裏を返せば、クロノスを攻略できるのはゲムデウスだけ。という大切なポイントを聞いてるところに、ケーキを食べながら歩いてるグラファイト。めっちゃわざとらしいやん。ケーキ持ったまま、これ以上好き勝手にはさせないって消えていってるし。クロノス攻略に心躍ってるからなぁ、パラドは。

 緊急通報が入る。向かった場所は、石切場跡みたいやな。息が白いから結構温度の低い場所やったんや。永夢が変身したところに、ブレイブが攻撃してくる。
 ブレイブが狙っていたのは、永夢が使ってる貴利矢のゲーマドライバー。かなり強烈な攻撃してたもんな、永夢は変身解除しちゃったし。
 ここ最近なら、大事なゲームキャラクター同士が戦っては困るってクロノスが登場するところやったけど、クロノスも来なかったし。

 貴利矢のゲーマドライバーを手に去ろうとしていた飛彩に向かって、正宗の言うように働くのはサキに会いたいからなのかとズバッと聞いてくる大我。

 サキが消滅した原因は、飛彩と会えないことのストレスを抱えていたこと、でも飛彩は大我を恨むことで真実から目をそむけていたというシーン、飛彩のでっかい目から涙が溢れてくる。いやぁ、いままで冷静で何事にも動じなかった飛彩やったんやけど、凄い気持ちが入った演技してるよね。

 飛彩を追いかけようとする永夢を止める大我。

 正宗のところにゲーマドライバーを持ってきた飛彩。

 パラドとグラファイトはゲムデウスのデータの怪物からウイルスを採取して仮面ライダークロニクルのゲームの世界から戻ってくる。どうやってこのウイルスを培養するためグラファイトは自分の体を使うと言う。ゲムデウスの力が強大なんで1個のウイルスでも暴れまわるぐらいの副作用がでてしまうグラファイト。
 黎斗はクロノスを倒すためのガシャットを開発すると言う目的ができて楽しそうやん。

 ゲーマドライバーが無くなって患者を治療することができない悩める永夢のところにクロノスを倒すために自分たちと組まないかと勧誘にやってくるパラドとグラファイト。永夢は断ってたけど。

 サキのデータが入っているプロトガシャットを見せびらかす正宗。本来ゲームの世界に入れるのはバグスターのみ、クロノスの力を持つ正宗は自由自在に行き来することができる。君の報酬を用意することもできるといって、サキの姿を登場させる。

 緊急通報が入ってCRに戻ってきた永夢。壊れてた永夢のゲーマドライバー、修理してくれてた。暇やったからやろな。

 サキの姿は現れたけど、にっこり笑って世界で一番のドクターになってと言うのを繰り返すだけ。どうすれば意識が戻るのか、クロノスの力があれば可能だって、やっぱりブレイブの力を利用するための餌にしてるやん。これ以上の報酬を得たいのならそれ以上の労働をすることだって。
 飛彩もバカではないから、そうやって自分をだましてるんじゃないだろうなって詰め寄ってるけど、外科医として人の命を助けるために腕を磨くことだけに集中して生きてきた飛彩と、食うか食われるかというゲーム業界で生き残ってきた経営者とでは、人の使い方や考え方が全然違うからなぁ、飛彩では太刀打ちでけへんよな。

 こうやって正宗の思い通りに駒として動かされていく飛彩。患者の命を救うために飛彩を切除しようとする永夢。
 パラドとグラファイトも現れる。エグゼイドとブレイブの戦いを高みの見物してる正宗に相手をしてやると変身する。

 クロノスが変身したら、急に雨が降りだしたやんか。正宗の雨雨ふれふれかぁさんがぁ~って鼻歌まで付けてくれてるし。

 エグゼイド、ブレイブとバグスターの2人相手に奮闘して、バグスターだけを倒す。ブレイブを切除しちゃうのかなって思わせるように見せてたけどね。

 クロノスのドライバーに向かって、ゲムデウスのウイルスを撃ちこんだグラファイト。クロノスがポーズしようとしても、ゲムデウスの力で封じられてポーズできない。小細工なしで力比べと行こうかと近寄ってきたパラドとグラファイトに向かって、久々のレーザーが阻止し、ウイルスまで消して去って行く。

 ポーズの力を使えるようになったクロノスが、お仕置きをパラドとグラファイトにするんやけど、たまたま近くで見てた永夢までその煽り食っちゃってるし。ゲムデウスの力は、レーザーのレベル0の力で抑制したって。そんな機能まで付けて復活させてきた。バグスターを管理するために雇ったクロノスの左腕仮面ライダーレーザーターボ。ターボが付いたのか。レーザーの立ってる姿がいかにも貴利矢ですなぁ。凄いぞ、中の人。
 正宗の笑い声で終了。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.09

宇宙戦隊キュウレンジャー(6月1週目)

 Space.17 闇のドームを照らしタイヨウ!

 ガルがオープニングのナレーションをしてたんやけど、そのまま番組に入って行ってアルゴ船復活のための竜骨キュウタマを早く見つけたいという熱い思いが空回りしてたよね。もう2つ揃ってるんやから、焦らなくてもというバランス。その言葉にカチンと来て、ブリッジの下から飛び上って手すりを飛び越えたやんか。その突っかかることもなく、きれいなジャンプにさすがやなぁと感心してもうた。

 バランスに掴みかかって行きそうになったガルをみんなで引き離す。そこに司令登場。次のミッションの説明。光をさえぎる暗黒ドームに覆われている地区に行くこと。リベリオン本部から光キュウタマが届くことになっている。

 早速ドームに向かうことにするんやけど、外からは入れそうにないので、ハミィのカメレオン忍法土ほりほりの術で、地下に穴を掘って中に入る。
 ドームの中はオリオン号との通信ができない。通信ができなかったらキュウタマ送ってもらえるんかなぁ?

 なんと真っ暗だったドーム内が突然昼間になってしまう。空の真ん中だけが黒い円になってる。

 そこへ工場の作業員の人たちが会社のマイクロバスに乗ってやってくるんやけど、みんな寝不足でフラフラ。なんと1日2時間しか寝てない、昼間が22時間もあるって。人工太陽が東から昇って西に沈むとすぐにまた東から昇ってくる。夜になるのは空の黒い円に隠れる2時間だけ。
 昼間は働かないとひどい目に合される。

 ラッキーがここのダイカーンも最低の最悪だなと言った途端、姿の見えない誰かに殴り倒される。歯向かうものに容赦はしないというダイカーン・シャイドス。そこでキュウレンジャーたちは変身するんやけど、姿が全く見えないんでやられっぱなしになってる。
 
 そして5人は天空高くぶっ飛ばされて、ラッキーは民家の干してある布団の上に落っこちてきてラッキーと思ったら、その上からハミィとラプターも落ちてくる。ガルとバランスはゴミ袋が山のように積んである場所に落ちる。バランスは機械生命体なんで臭いが分からないんやけど、オオカミ系のガルは鼻が敏感やから、臭くてたまらないみたいやんか。

 ラッキーはサイドスの悪口を言ってると、またまた殴られてまう。バランスはゴミ袋の山の上で寝っ転がってるだけじゃないんや、手首のところからコードを出して、近くの防犯カメラの映像をチェックしてるやん。

 オリオン号に光キュウタマが届く。送ってくれたのはコタロウ。チャンプとスティンガーの近況も報告してくれる。通信ができないんで自分から光キュウタマを届けにいく司令。ハミィの掘った穴を通ろうとしてるけど、司令の乗ってるリュウボイジャーには狭くて動きがとれなくなってるやん。

 バランスが防犯カメラの映像に素早く動くものを見つけたのをみんなに見せる。そして作戦を実行する。広場にやってきたキュウレンジャーたちは変身した後、シャイドスの悪口を言い始める。シャイドスが攻撃し始めたのを物陰からバランスが見ていて、シャイドスは影から出てきて影に移動することに気が付く。
 ラッキーが何かを取りに行ってる間、時間稼ぎにシャイドスの攻撃を受け続けるガルたち。ラッキーが取りに行ったのは光キュウタマ。ハミィが開けた穴のところまで来たら、ちょうど司令が乗ってるリュウボイジャーも顔を出してた。でも司令はそこでもうこれ以上出られないってギブアップしちゃってたけど。

 お蔭で、速く苦戦するガルたちの元に戻ってこられたラッキー。光キュウタマをセイザブラスターにセットして動かしたら、ラッキーの頭に子供が描く太陽の炎みたいなんがぐるっと1周付いたやんか。ラプターに足を持ってもらって空高くからまぶしい光を降り注ぐと、影に隠れていたシャイドスも照らし出されてしまう。
 ラッキーからの光を浴びて力がみなぎってきたバランスがシャイドスをサンドバックみたいにパンチを連発させてぶっ飛ばしちゃう。

 ついでにラッキーをモライマーズまで飛ばして爆破させちゃう。するとドームが壊れて、外の世界に出てくることができる。外の世界は夜やんか。

 光キュウタマがひっくり返って、月バージョンになる。そしたらラッキーの頭に三日月みたいな角が生えて、名乗りはムーディースター・獅子レッドムーンやて。残念ながら、そのセリフ回しはまだまだ修行が必要やったけどね。

 月の光を浴びたら、今度はガルの体にエネルギーが満ちてきて、めっちゃスマートな戦いぶり。シャイドス転がされちゃったよ。そして最後のトドメは獅子レッドムーンが刺す。

 シャイドスが巨大化したら、やっとのことで地上に出ることができたドラゴンが、よく分からないままリュウテイオー合体してガル・バランスと共にシャイドスを倒す。
 オリオン号に戻ってきたら一緒に戦ったことで揉めていたガルとバランスが仲良くなる。羅針盤キュウタマが使えるようになったけど、スコルピオもマーダッコに命じて竜骨キュウタマを探させることにしたところで来週へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.04

仮面ライダーエグゼイド(5月4週目)

 第33話 Company再編!
 
 自分の父親が仮面ライダークロノスの力を手に入れたことで頭を壁に打ち付けてる黎斗。首は大丈夫か、いくら若くても無茶せんといてやと思っちゃう。正宗登場してから、黎斗はギャグ担当になっちゃってるからなぁ。そうなると院長の立場が危ういよねぇ。

 その院長、みんなに黎斗がなぜここにいるのかと聞いて回ってるけど、ポッピーからはそのくだりは終わってるからとか、飛彩は正宗が障害になるとか、院長の知らない話ばかりされてるのを見てると、2週ほどエグゼイドを見てなかったお父さんみたいなことになってるよね。

 ラブリカが絶版となって消滅したことに、さすがのパラドも震えてる。そこにお悔やみを述べ、お供えの果物詰め合わせを持ってやってきた正宗に向かって、バグスターが何のつもりだ私たちに塩を送るつもりかって怒鳴ってたけど、敵に塩を送ると言うのは、敵対してても困った時には助け合うという意味やんか。でもそれとはちょっと違う雰囲気やんか。バグスターのセリフってことわざの使い方間違えてるんちゃうん。正宗側から見たら、敵に塩を送ってるつもりでも、バグスター側から見れば正宗は邪魔な存在やからね。それに果物の詰め合わせもお供えもバグスターには必要ないし。

 正宗はパラドやグラファイト・バグスターに向かって、大事なキャラクターやからこれからも盛り上げてもらいたいので、仮面ライダーはバグスターの邪魔にならないようにこちらで管理するって、そう言いながら絶版になりたくなかったら商品価値があることを証明しなさいって命令、バグスターも管理してるやん。

 衛生省に保管されていたプロトガシャットが盗まれたことを永夢に告げた飛彩。その時緊急通報が入ってバグスターとライドプレーヤーが戦っている現場にやってきた永夢・飛彩・明日那。そしてグラファイト。大我とニコもバグスターを倒すために変身しようとしたら、クロノス登場。この辺は永夢が変身したらゾンビが常に現れたのとパターン的には一緒やな。
 
 クロノスは、仮面ライダークロニクルはライドプレーヤーが楽しむためのもの、商品同士が戦うためのゲームじゃないとフリーズさせてしまう。しかし、ライドプレーヤー、いつもコテンパンにされて全然楽しめてないんやけど。下手したら消滅しちゃうしね。
 ニコだけはライドプレーヤーなんで、戦うことができるんやろうけど。
 
 一瞬ポーズして、すぐに動けるようになったけど、クロノスは飛彩を連れて消えてしまう。廃工場のようなところに連れて来られた飛彩は正宗から、仮面ライダークロニクルの運営に協力を持ちかけられる。
 仮面ライダークロニクルを終わらせるのは我々だということを主張するため、変身してクロノスに挑んだ飛彩やったけど、軽くあしらわれて変身解除させられちゃう。そしてホワイト企業やからそれなりの見返りを用意しているということでプロトガシャット見せられちゃう。どこがホワイト企業やねん。ホワイト企業なら、報酬をちらつかせて釣るようなことせぇへんやろ。

 CRに連れてきていたソルティのゲーム病患者は治療の必要はないとガシャットを持って帰ってしまう。衛生省は消滅した人の命がかかっているのでこれ以上の強制執行には踏み切れないと消極的みたいやな。そして飛彩がCRに戻ってきていた。院長が飛彩のあごの傷を消毒してたけど、どうみても医者には見えないそぶりやねんけど。

 プロトガシャットの件で正宗と話合いに出向いた永夢と明日那。正宗、優雅にピアノを弾いてるやん。正宗の考えは、仮面ライダークロニクルを世界に売り出し、幻夢コーポレーションを世界一のゲーム会社にする。
 人間が消滅するゲームを拡げることなど許されないと言う永夢に、ゲームをしてくれるプレーヤーが減ることはゲーム会社としても本意ではない。なので消滅する人間が増えすぎないようバグスターをコントロールする。例えば日本みたいな国ばかりやなくて、国の指導者が幻夢コーポレーションと組んで、自分たちの意に沿わない人間を減らすべく、仮面ライダークロニクルを利用する場合なんかもあるよね。

 仮面ライダークロニクルのマスターガシャットを使えばといって、実際にソルティを消滅させてしまう。CRから帰って行った患者のゲーム病が治ったあと、なんか紙切れ配ってたけど、いったいあれは何を配ってたんやろ。尺の都合で切られちゃったのかな?

 正宗に経営方針に口を挟むなと言われたけど、世界に仮面ライダークロニクルを広めようとしている正宗に、宣戦布告しちゃった永夢。

 正宗の考えをCRでみんなに伝える永夢。黎斗は自分が開発したゲームを横取りされたことで怒ってるやん。ゲームに精通してる黎斗に、クロノスを止める方法は無いのかと聞く飛彩。クロノスを攻略するすべはない、クロノスはプレーヤーが手に入れる伝説の力、攻略する対象としては想定に入れていない。

 永夢の力で正宗の抗体をリプログラミングすればいいのではないかと飛彩が言う。ポーズの力がある限りクロノスに命中させることなど不可能だと黎斗が答えたとき、天才ゲーマーの永夢が良い手を思いつく。
 ポーズはプレーヤーがゲームを中断するときに使う、つまり動けるのはプレーヤーのクロノスだけ。一つだけ方法がと言って、永夢と黎斗は喜んでたけど、ポッピーも飛彩もそして見てる私たちも分からないもんな。

 黎斗が、理論上ポーズを封じる手段があると得意げな顔になってるやん。

 プロトガシャットを正宗から取り返すべく出かける永夢たち。黎斗は正宗の車の前に立ちふさがる。16年前感染してたのを隠して黎斗を操ってた正宗、黎斗の罪を引き受けたのは仮面ライダークロニクルというゲームを作る時間を黎斗に与えるため。

 黎斗正宗の二人は変身し戦い始める。その様子を窺っている永夢チームとパラドチーム。パラドが今までと180℃違ってるよね。今まで冷静に上から見てたのが、めっちゃ弱気になってるし。その姿にグラファイトが喝を入れてるよね。クロノスがいる限りエグゼイドとの決着つけられないって。

 クロノスに破れてゲームオーバーになってしまったゾンビは今までと違ってコンティニューしてこない。

 物陰に隠れていた永夢と飛彩が現れて変身する。世界を変えてクロノスと戦い始めようとしたところで、正宗はポーズさせて動きを止めてしまう。
エグゼイドとブレイブは正宗にとって大事な商品なんだけどなぁと近づいて行ったとき、クロノスのバグバイザーに入りこんでいた黎斗が出てきて、クロノスを後ろから動けないように抑えつけ、エグゼイドがリプログラミングするためのキックをお見舞いしようとした瞬間、ブレイブがエグゼイドを弾き飛ばしてまう。驚いて隙ができた黎斗はクロノスから離れてしまう。クロノスは飛彩を仮面ライダーを管理するために雇ったことをみんなに伝える。

 永夢は変身解除させられる。タドルファンタジーは私の右腕だって言うたとき確かにこっちから見てクロノスの右側にブレイブ立ってたよな。その辺は小さなお友達にも分かり易くってことやったんやろか。

 パラド、元に戻って心がたぎるってニヤリとしてたけど、相手は誰なんやろ。クロノスかな?  

去って行く飛彩の後ろ姿を寂しげに見つめる永夢というところで、次回へ。5月4週目は、キュウレンジャーでは兄が弟を裏切り、エグゼイドでは仲間を裏切り、W裏切りの日でしたな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.03

宇宙戦隊キュウレンジャー(5月4週目)

 Space.16 スティンガー、兄との再会。

 スコルピオの姿を見て、ショックなスティンガー。キュウレンジャーって、スコルピオ・スティンガー・スパーダってスから始まる名前の人間が3人いてて、ややこしいというか。

 なぜそんな姿にという問いに、スコルピオは力を手に入れた証って言うてたけど、納得してるんや。

 変身して、果敢に戦い始めたチャンプ。そこにマーダッコが現れて、チャンプの相手になる。スコルピオはスティンガーの方に近づいてくる。
 スティンガーのなぜ裏切ったと言う問いにマーダッコを尻尾で刺して倒し、これが答えだと言うスコルピオ。

 そして真実を知りたいなら夜になったらここに来いとメモのようなものを渡して立ち去ってしまう。そのあとジャークマターの手下たちが現れたんで、一旦退却。スティンガーたちがいなくなってから復活するマーダッコ。この間は残された一部分から復活し、今回は毒が回って機能停止しても復活しちゃう。なかなかやっかいな敵キャラやけど、なんか今までのパターンから考えて、スコルピオとかドン・アルマゲとか仲間に倒されてしまう可能性高そうやなぁ。

 一仕事を終え、ベラ星からルンルン気分で戻ってきたラッキーたち。司令から地球でややこしいことが起こってると聞かされちゃう。

 チャンプからスコルピオに騙されてるかもしれないと言われても、兄だったスコルピオのことを信じたいと思うスティンガー。生き残った肉親やからなぁ。
 復活したマーダッコから、あなたの目的は何と聞かれて、ドン・アルマゲの抹殺と答えるスコルピオ。スコルピオの言葉もどこまでが本心でどこまでが嘘なんか、見分けがつかなくなってきたよね。

 教えられた場所にやってきたスティンガーとチャンプ。スコルピオの話を聞く。スコルピオはジャークマターを潰すために内部に潜り込もうと考えた。仲間になる条件として部族の皆殺しを要求された。俺がやらなくてもジャークマターの誰かが部族をやった。せめてスティンガーの命を守るためにスコルピオがやった。それからカローにまで上り詰めるために罪を重ねた。チャンプを作った博士をやった罪も重ねた。アントン博士もジャークマターの人間だったって言うてるやん。
 俺の罪は俺の命で償う、それはドン・アルマゲをこの手で倒してからだ。いやぁ、かっこいいセリフを渋い声で聞かせてもらいました。

 頭に血が上ってるチャンプはスコルピオに向かって行くけど、それを止めようとするスティンガー。そこにデスワームまで登場してくる。スコルピオはデスワームからスティンガーを守り、スティンガーについて来いと言う。デスワームと戦ってるチャンプとスコルピオのどちらを選ぼうかと悩むスティンガー。結局、スコルピオに付いていくことにする。

 一人でデスワームと戦わなければならなくなったチャンプは、キュウタマを送ってくれと頼むんやけど、バランスが選んだのが牛飼いキュウタマ。チャンプ、牛飼いの鞭で叩かれて、デスワームに突撃してるやん。本当はスティンガーがいなくなったんで助っ人1人欲しかったんやろうけど、結果オーライってところかな。

 チャンプの応援要請で、ラッキー・司令・バランス・ガルが地球に向かう。バランス、オッケー牧場言うてるがな。

 スコルピオとスティンガーが二人きりになる。スコルピオが自分と戦わないかとスティンガーを誘うんやけど、キュウレンジャーなので一緒に行けないというスティンガー。スコルピオに今、地球で何をしているのかと聞かれ、アルゴ船を復活させようとしてるとしゃべっちゃうスティンガー。

 スコルピオはキュウレンジャーの動きを探るためにスティンガーを利用してたんや。赤色の仮面外して、どんな顔になってるのか見せてたけど、あんなに簡単に仮面が外せるとは思わんかったなぁ。
 私はあの仮面によってスコルピオがドン・アルマゲに操作されてると考えてたからなぁ。敵をだますにはまず味方から作戦で、スコルピオがジャークマターに参加したなんて単純なもんとちゃうかったやん。それを飛び越えて、ドン・アルマゲを倒して自分が宇宙を支配するって言うてるからなぁ。それもマーダッコにまで言うてる。マーダッコがドン・アルマゲに告げ口する可能性だってあるのに。凄い自信と言うべきやな。

 デスワームが出現する。というかスコルピオが呼び出したということかな。宇宙を救いたいと言うのは嘘、弱い人間が死ぬのは構わない、それが血を分けた兄弟だとしてもと言いながら、仮面を再び付ける。

 スティンガーを救いに行こうとしたラッキーやチャンプの前にマーダッコが立ちふさがる。変身するラッキーたち。マーダッコたちを司令とバランス・ガルが引き受け、ラッキーとチャンプがスティンガーの元に走って行く。

 ラッキーとチャンプが、スティンガーのところにやってきたところで、デスワームが巨大化し、それを引き受けたラッキーはオリオン号に連絡を取って、ラプター・ハミィ・ナーガ・スパーダも地球に向かう。そしてキュウレンオーに合体してデスワーム相手に戦い始める。

 地上のスコルピオvsスティンガー・チャンプ。スティンガーはスコルピオのことをたった一人の兄なんで裏切らないと思ってた。でもスコルピオはスティンガーを地獄に送ってやると攻撃してくる。その攻撃からスティンガーを守ったチャンプがバラバラになってしまう。

 スコルピオが去ったので、チャンプを連れてオリオン号に戻ってくるキュウレンジャーたち。オリオン号では修理ができないぐらい破壊されたチャンプをリベリオン本部に運ぶことにする。スコルピオに対する怒りに燃えるスティンガーは司令に怒られて、チャンプを運ぶ仕事を任される。司令はやる時はやるからな。

 チャンプが元通りになる前に竜骨キュウタマを見つけて、チャンプを驚かせようと言うラッキー。アルゴ船計画がスコルピオに漏れたから、竜骨キュウタマはキュウレンジャーとスコルピオの争いになるかもしれへんよね。

 私はスコルピオの敵を欺くにはまず味方から作戦でジャークマターに参加したら、ドン・アルマゲによって変身させられたんで考え方が凶悪になっていったのかと思ってたんよね、でもそんなに甘く無く、ドン・アルマゲを抹殺して自分が宇宙の支配者になろうとしてるなんて、こっちの考えの上を行かれてしまってた。面白かったやん。小さなお友達にはちょっと意味が分からなかったかもしれへんけどね。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »