« 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月2週目) »

2017.06.11

仮面ライダーエグゼイド(6月1週目)

 第34話 果たされしRebirth!

 飛彩が正宗の側に行ってしまったことを知らされて愕然とする院長。
 消滅した恋人サキのデータが入ったプロトガシャットが餌やからなぁ。

 正宗に約束やからサキに合わせろって交渉してるけど、正宗も君にもう一つやってもらいたい仕事があるって言い出してるやん。こんなん言い出すとブラック社長やもんな。

 CRにパラドとグラファイトが突然現れる。彼らが知りたかったのは仮面ライダークロニクルのラスボス・ゲムデウスとは何者かということ。
 それを聞かれて、黎斗は嬉しそうやんか。答えを聞きだすために院長の首にバグバイザーを当てるパラド。

 ゲムデウスは全知全能の神、伝説の戦士クロノスでなければ攻略できないラスボス。裏を返せば、クロノスを攻略できるのはゲムデウスだけ。という大切なポイントを聞いてるところに、ケーキを食べながら歩いてるグラファイト。めっちゃわざとらしいやん。ケーキ持ったまま、これ以上好き勝手にはさせないって消えていってるし。クロノス攻略に心躍ってるからなぁ、パラドは。

 緊急通報が入る。向かった場所は、石切場跡みたいやな。息が白いから結構温度の低い場所やったんや。永夢が変身したところに、ブレイブが攻撃してくる。
 ブレイブが狙っていたのは、永夢が使ってる貴利矢のゲーマドライバー。かなり強烈な攻撃してたもんな、永夢は変身解除しちゃったし。
 ここ最近なら、大事なゲームキャラクター同士が戦っては困るってクロノスが登場するところやったけど、クロノスも来なかったし。

 貴利矢のゲーマドライバーを手に去ろうとしていた飛彩に向かって、正宗の言うように働くのはサキに会いたいからなのかとズバッと聞いてくる大我。

 サキが消滅した原因は、飛彩と会えないことのストレスを抱えていたこと、でも飛彩は大我を恨むことで真実から目をそむけていたというシーン、飛彩のでっかい目から涙が溢れてくる。いやぁ、いままで冷静で何事にも動じなかった飛彩やったんやけど、凄い気持ちが入った演技してるよね。

 飛彩を追いかけようとする永夢を止める大我。

 正宗のところにゲーマドライバーを持ってきた飛彩。

 パラドとグラファイトはゲムデウスのデータの怪物からウイルスを採取して仮面ライダークロニクルのゲームの世界から戻ってくる。どうやってこのウイルスを培養するためグラファイトは自分の体を使うと言う。ゲムデウスの力が強大なんで1個のウイルスでも暴れまわるぐらいの副作用がでてしまうグラファイト。
 黎斗はクロノスを倒すためのガシャットを開発すると言う目的ができて楽しそうやん。

 ゲーマドライバーが無くなって患者を治療することができない悩める永夢のところにクロノスを倒すために自分たちと組まないかと勧誘にやってくるパラドとグラファイト。永夢は断ってたけど。

 サキのデータが入っているプロトガシャットを見せびらかす正宗。本来ゲームの世界に入れるのはバグスターのみ、クロノスの力を持つ正宗は自由自在に行き来することができる。君の報酬を用意することもできるといって、サキの姿を登場させる。

 緊急通報が入ってCRに戻ってきた永夢。壊れてた永夢のゲーマドライバー、修理してくれてた。暇やったからやろな。

 サキの姿は現れたけど、にっこり笑って世界で一番のドクターになってと言うのを繰り返すだけ。どうすれば意識が戻るのか、クロノスの力があれば可能だって、やっぱりブレイブの力を利用するための餌にしてるやん。これ以上の報酬を得たいのならそれ以上の労働をすることだって。
 飛彩もバカではないから、そうやって自分をだましてるんじゃないだろうなって詰め寄ってるけど、外科医として人の命を助けるために腕を磨くことだけに集中して生きてきた飛彩と、食うか食われるかというゲーム業界で生き残ってきた経営者とでは、人の使い方や考え方が全然違うからなぁ、飛彩では太刀打ちでけへんよな。

 こうやって正宗の思い通りに駒として動かされていく飛彩。患者の命を救うために飛彩を切除しようとする永夢。
 パラドとグラファイトも現れる。エグゼイドとブレイブの戦いを高みの見物してる正宗に相手をしてやると変身する。

 クロノスが変身したら、急に雨が降りだしたやんか。正宗の雨雨ふれふれかぁさんがぁ~って鼻歌まで付けてくれてるし。

 エグゼイド、ブレイブとバグスターの2人相手に奮闘して、バグスターだけを倒す。ブレイブを切除しちゃうのかなって思わせるように見せてたけどね。

 クロノスのドライバーに向かって、ゲムデウスのウイルスを撃ちこんだグラファイト。クロノスがポーズしようとしても、ゲムデウスの力で封じられてポーズできない。小細工なしで力比べと行こうかと近寄ってきたパラドとグラファイトに向かって、久々のレーザーが阻止し、ウイルスまで消して去って行く。

 ポーズの力を使えるようになったクロノスが、お仕置きをパラドとグラファイトにするんやけど、たまたま近くで見てた永夢までその煽り食っちゃってるし。ゲムデウスの力は、レーザーのレベル0の力で抑制したって。そんな機能まで付けて復活させてきた。バグスターを管理するために雇ったクロノスの左腕仮面ライダーレーザーターボ。ターボが付いたのか。レーザーの立ってる姿がいかにも貴利矢ですなぁ。凄いぞ、中の人。
 正宗の笑い声で終了。
 

|

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月2週目) »

スーパーヒーロータイム2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/65396915

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダーエグゼイド(6月1週目):

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月1週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(6月2週目) »