« 2017年6月 | トップページ

2017.07.22

仮面ライダーエグゼイド(7月3週目)

 第39話 Goodbye 俺!
 
 大我の病室に回診に来た飛彩。確かに大我に対して敬語は聞きなれへんし、ちょっと新鮮やな。かといって敬語を止めて、今までの言い方にされるとちょっとカチンと来る気持ちも分かるな。

 緊急通報が入ったので病室から出る永夢。

 パラドとグラファイトがいる林の中にやってくるクロノス。グラファイトの体内で増殖中のゲムデウスウイルスのせいでかなり体調が悪そうやんか。
でもゲムデウスの力でクロノスのポーズは効かなくなってるグラファイト、バグバイザーをキックしてポーズを解除しちゃう。

 ポーズだけがクロノスの力ではないと、キックでグラファイトを木が折れるほどの力で吹っ飛ばしちゃってる。吹き飛ばされたグラファイトを見つけた永夢と明日那。
 クロノスと戦ってるパラド、かなりボコボコにやられてるやん。パラド、溺れてる記憶がよみがえってきてるみたいやけど、これって人間の時の記憶ってことかな。パラドがクロノスに追い詰められたところで、ハイパームテキが助っ人に入る。

 そこでクロノスは、パーフェクトノックアウトの運命か患者の運命かどちらを選ぶと永夢に問いかける。クロノスはニコにゲムデウスのゲーム病を感染させていた。ニコは仮面ライダークロニクル攻略に最も近いライドプレーヤーであり、永夢たちの仲間だから。

 誰にどのウイルスを感染させるかはクロノスの気持ち次第ってことなんや。ニコを消滅させたくなかったら、ゲムデウスを攻略するしかない、そのためには上級バグスターのガシャットロフィーをそろえる必要がある。クロノスは永夢にパーフェクトノックアウトを攻略したら、報酬として彼のガシャットロフィーを与えようって、サキのデータで飛彩を釣り損ねたから、今どは永夢をパーフェクトノックアウトのガシャットロフィーで釣ろうというんやな。

 前金としてときめきクライシスのガシャットロフィーを永夢に渡し、去って行く。

 社長室に戻ってきた正宗に仮面ライダークロニクルの海外展開のための交渉先のマキナビジョンがプロジェクトに協力する条件としてゲーマドライバーを1台譲ってほしいとの連絡が入る。ここでちょっと劇場版と関わってきてるやんか。

 永夢がCRに戻ってくる。ニコは今までゲーム大会で負けたのは永夢のせいだと思っていた、本当はパラドのせいだったのにと謝り始める。なんか生意気キャラの子がかなり具合が悪いからとはいえ、謝るなんて気が弱くなってるんやろか。

 永夢はニコを治すために黎斗にクロノスが持っている仮面ライダークロノスが持っているライダークロニクルガシャットを破壊したらどうなるのか質問する。クロニクルが強制終了して患者のゲーム病も治るのではないかと考えてる。でも黎斗は私にはわからないと答える。黎斗はニコは消滅してもデータは残るという考え方やからなぁ。黎斗はデータ化した自分の方が人間時代よりも自由で良いと思ってるんやろな。お茶とか飲んでるけど、基本データやから別に飲まず食わずでも大丈夫で、仕事に集中したいときは集中できるやろし。

 パラドの前に現れた永夢。無理するなよ、ほんとはクロノスが怖いくせにと声をかけたシーン。バックは曇り空なんやけど、雲がどんどん風に流されてて永夢は無表情で語りかけてる。仮面ライダーではこういう撮り方珍しいやん。ちょっと昔っぽく言うと前衛的な雰囲気があるって感じかな。

 永夢の16年前の交通事故の時、永夢はバグスターウイルスに感染しててその症状が出たときに、つい赤信号で道路を渡っちゃったんか。

 死に直面して怖かった記憶を持つ永夢。ニコにあんな怖い思いをさせたくないので、パラドと決着を付ける約束を果たすということで、永夢とパラドは変身する。ハイパームテキにあしらわれた上に、その程度の力でクロノスを攻略できると思ったのかと言われちゃう。
 今日は、パラドにとって災難の日やなぁ。クロノスとハイパームテキの両方にやられてるからなぁ。かなりのダメージ受けてる。パワーも使いきってるし。

 黎斗とポッピーがやってきて、パラドを消滅させたら変身できなくなるのとライダークロニクルのマスターガシャットを破壊したらクロノスを倒すことができると黎斗叫ぶけど、永夢は覚悟を決めたのか全然聞く耳持ってなかったよね。そしてライダーキックでパラドを消滅させる。

 永夢は変身できるのか…。パラドが消えかけてた時、永夢とパラドの記憶が混在してたのはパラドが永夢に感染してたから永夢の記憶もデータとして残ってたと解釈したらいいのかな。今回は心象風景をどう表現するかという監督の力を試すストーリーと言えるんちゃうん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.16

仮面ライダーエグゼイド(7月2週目)

 第38話 涙のPeriod

 今週のサブタイトル、めっちゃシンプルやんか。どうしても煽ったサブタイトルが多くて、見終わった後サブタイトルほどのこと無かったやんって言うのもたまにあったりするけど、今週は的確やな。

 大我が瀕死の重傷で病院に運び込まれる。どうも心臓も損傷していると思われ、手術前の検査でこれは飛彩でないと無理かもという。

 幻夢コーポレーションの社長室に呼び出されてる飛彩。夜の社長室、オシャレやん。東京らしい雰囲気が漂ってる。

 正宗に何度期待を裏切るんだって叱責されてる飛彩のところに、院長から大我の手術の件で電話が掛かってくるんやけど、着信の画面が父だけというのも飛彩らしいかな。
 大我の手術に戻って来いと院長命令が下される。正宗と父の間に挟まってつらい立場やな。正宗に電話取り上げられて切られちゃってるし。

 でも飛彩は病院にやってくる。その姿を見て院長たちは安心する。

 パラドとグラファイトが飛彩を始末しようと話しているところに、クロニクルがやってくる。自らの手でパラドを絶版にしようとしてる。
 グラファイトがクロノスのバグバイザーにゲムデウスウイルスを撃ちこむ。ポーズだけがクロノスの力だと思ったかといって、エナジーアイテムを収めたケースを開ける。これからはエナジーアイテムもクロノスが管理するって。ゲーム会社の社長だけあって、自分がルールってことかよ。

 パラドとグラファイトがやられそうになった時、黎斗と貴利矢が駆けつける。そしてパラドとグラファイトを逃がす。
 パラドにもなぜ自分が狙われてるかばれちゃってるし。

 ゾンビとレーザーターボがクロノスと戦ってる時に、正宗が飛彩に手術を失敗しろでないとサキのデータを消すと脅して病院に向かわせたことを話したので、貴利矢が病院に戻って報告する。

 それを聞いてニコが大声で暴れ始めたから、永夢がニコを落ち着かせるために手術室から出る。永夢、まだ研修医やから抜けても大丈夫やもんな。
ニコを慰めてから手術室に戻らず、走り去って行ったけど。

 クロノス相手に、一人で戦い続ける黎斗。正宗と黎斗って子供のころからどんな親子関係やったんやろって思うよね。

 永夢がやってきたことで黎斗は一旦退却、正宗にサキのデータを返すように交渉してみるけど、永夢にも変身したらサキのデータを抹消するって脅してくるんか。永夢優しいから変身できなくて、正宗に殴られたり蹴られたり。

 手術室から出てきた飛彩。無表情やったから、成功したのか失敗したのか分からへんやん。そのまま正宗の前に姿を現した時も無表情やったから、どうしたのかと思ったら、「俺に切れないものは無い」って。さすが私情を押さえて医者としての自らの信念を取り戻したんや。サキの世界で一番の医者になってという言葉、きっと何千回も聞き続けたんやと思うけど、それがサキの望みだったんだと覚悟を決めることができたんやろうな。

 瀕死の重傷で大変な手術やったのに、大我が戻ってきたのが一般病棟かよっと突っ込んじゃったけどね。

 飛彩は永夢に一緒に戦ってくれと頼む、そして飛彩は涙を流すんやけど、地面に落ちた涙の意味、惑星1個分の大きさってことなん?どう解釈したら良かったんやろ。

 宗はサキのデータを消してしまう。そして変身して戦い始める。クロニクルもハイパームテキとタドルレガシーの二人を相手にするのは不利やよね。2人一度にライダーキックを浴びせられたら、いくらエナジーアイテム使っても防ぎきれへんやん。
 それで退却しちゃう。とうとう一人になっちゃった正宗。

 覚悟を決めたとはいえ、サキが消えてしまったことで一人現場に残った飛彩は雨に濡れながら号泣。

 無事に永夢チームに戻ってきた飛彩。大我を見舞って謝る。頭下げたことのない男が頭下げてたからなぁ。ぼちぼち広げた風呂敷を畳み始めた感が漂う第38話でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.15

宇宙戦隊キュウレンジャー(7月2週目)

 Space.21 さらばスコルピオ!アルゴ船、復活の時!

 スコルピオに対してスティンガー・コタロウ・ラッキーの3人が攻撃してるところから。
 いくら強いスコルピオとはいえ、3人を相手にするとなると守勢に立っちゃうよな。俺が負けるだとと気合いが入って仮面が外れてしまう。

 スコルピオに向かって行こうとしたときに、スティンガーは自分の毒でちょっとしびれが出たり、スコルピオの強烈なキックで3人揃って変身解除したところにチャンプが戻ってくる。
 先週起動した時映画までには戻ってくるやろと思ってたら、案外早かったやんか。相棒が戻ってきたらスティンガーも心丈夫やん。チャンプが戻ってきてスティンガーと話してる間、待っててくれるスコルピオ(笑)。

 今度は4人揃っての変身。ここでCMが入って、戻ってきたらサブタイトルが出たけど、長くて2行になっちゃってるやん。でもどっちもキュウレンジャーにとっては大事なことやから外せないよね。

 コタロウもお兄ちゃんたちがいるからスコルピオと戦っちゃってる。でもメインはスティンガー対スコルピオ。スティンガーが有利に戦いを進めてるんやけど、とどめを刺そうすると身体の中で発作が起きちゃうんで隙が生まれてしまう。そこを付いてくるスコルピオ。スティンガーの剣が弾き飛ばされて危機一髪になったんやけど、そこにチャンプが自分の剣を放り投げてくれる。
 チャンプの剣でスコルピオを倒すことができたスティンガー。スティンガーにとどめを刺してくれと頼むスコルピオ。スティンガーが発作を起こしたので、スコルピオはスティンガーの体内から毒を吸い取ってくれたので、スティンガーの顔から毒に侵されている印が消える。でも今度は人間スコルピオの顔に印が出てきたってことは、吸い取った毒が影響してるんやろか。それとも怪人スコルピオになる前からあったんやろか。どっちなんやろ。

 スコルピオがスティンガーにお前は生きて誰かを守り続けろ、仲間と一緒になという言葉を残し、キュウタマをスティンガーに返す。
 そこにドン・アルマゲの映像が浮かび上がって、少しは役に立つと思ったがなって言うたよね。私としてもスコルピオがドン・アルマゲをどうやって攻略していくか見たかったな。ドン・アルマゲと戦って倒されたところにスティンガーが駆けつけるなんてストーリーも有り得たんちゃうん。

 ドン・アルマゲは地球に襲来したモライマーズを起動させる。そしてエネルギーの塊みたいなものを地球にぶつけてきたので、最後の力を振り絞ってそれを押しとどめて消えていくスコルピオ。ビッグモライマーズを破壊したら、すべてのモライマーズも止まるとも言うてたな。

 オリオン号にボイジャー出撃を頼むんやけど、オリオン号の方も何かに襲われてるみたいで、司令・スパーダ・ハミィはオリオン号に戻ることに。
ラッキーはアルゴ船の復活を試みることに。コタロウはどうやったらって聞いてたよね、これって視聴者の代わりに聞いてくれたようなもんやん。それに対してラッキーはやってみるしかねぇって、相変わらず強気で押し通しちゃってる。

 帆キュウタマ・艫キュウタマ・竜骨キュウタマを並べただけで、三つのキュウタマが光って星空にアルゴ船が浮かび上がり、そこから1つのキュウタマがラッキーのところに降りてくる。それがアルゴキュウタマ。それをセイザブラスターで起動させたら夜空にアルゴ船星座が浮かび上がり、そこから光のエネルギーが海中に照射すると、地上は昼間に戻って、川の中からでっかい船が1隻浮かび上がってくる。ゴーカイジャーが乗ってた船よりもでかそうに見えたんやけど。

 船に乗り込んで、様子を探るラッキーたち。光キュウタマを懐中電灯代わりに使ってるやん。海の中に沈んでたのに蜘蛛の巣が張ってるし、家具には白い布がかけられてるみたいやな。このロケした場所、結構スーパー戦隊とか仮面ライダーで使ってる結婚式場(キリスト教式)やろ。なんか見たことあるやん。
 祭壇の場所にコールドスリープカプセルが置かれている。この中に入れば長い時間冬眠状態になっていられる。

 ラッキーとコタロウ、開けてみようぜって嬉しそうに赤いボタン押しちゃったやん。いかにも押してくれって言わんばかりの赤いボタンやったしな。

 中から出てきたのは、貞子みたいにロン毛で顔を隠した男。伝説が始まると言いながら、剣を振り回してるし。俺様が目を覚ました時、すなわち伝説が始まるということだって。ラッキーも結構俺様なのに、それを上回る俺様野郎が出てきちゃったやん。
 なかなか話を聞いてもらえないし、剣を振り回して危ないんで、変身するラッキーたち。その姿を見て、やっとキュウレンジャーだということを認識して、話を聞いてくれるようになる。伝説の救世主、地球生まれの地球育ち、鳳ツルギと名乗る。

 モライマーズが林立する様子をビルの屋上から見て、ラッキーがアルゴ船の力を使ってモライマーズを壊せないかなと聞いたら、アルゴ船にそんな力は無いぜって言う。そして剣から炎を出して自分の体を炎に包み一瞬で毛むくじゃらやったのが、すっきり通り越して引き締まった身体のお披露目しちゃってる。

 去年ジュウオウジャーで門藤操がガリガリやったのは衝撃やったけど、今年の鳳ツルギは普通に引き締まってるやんぐらいかな。これって毎年恒例にするつもりなんやろか?

 そして早速鳳凰キュウタマで変身。アルゴ船の復活を心待ちにしてた司令にオリオン号に乗ってるナーガ・ラプター・ガルが一言ずつ鳳ツルギのことを報告してる。
 鳳ツルギ、一人でビッグモライマーズを片付けちゃったやん、お蔭で世界中のモライマーズが停止する。

 マーダッコが現れるけど、あっと言う間に倒されちゃう。ジャークマター、さらばって叫んで爆発していったけど、これってもう復活しないってことなんやろか?

 スティンガーはスコルピオを葬った場所に花を供えて、俺は生きる宇宙を守るためにと誓う。
 オリオン号に戻ってきたチャンプの復活を祝うパーティ中。コタロウがスティンガーの縫いぐるみを作ったと言って持ってくる。他のメンバーの分はチャンプが寂しくないようにってスティンガーが作ったことばらしちゃってるし。
 縫いぐるみ可愛いよねぇ。あの縫いぐるみを商品化せよとは言わないけど、縫いぐるみを描いたTシャツが出たら欲しいよなぁって思ってるんやけど。

 鳳ツルギの衣装、みんなと違ってコートタイプやん。そして裾がひらひらする様になってるし。それだけでみんなよりも偉いという立場になるんやなって見て分かるようになってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.09

仮面ライダーエグゼイド(7月1週目)

 第37話 White Knightの覚悟!

 エグゼイドを絶版にしろと命じられ、ドクターとして人の命を奪うことはできないと苦悩する飛彩。それを分かってパラドを消せと言ってくる正宗。
パラドを消せば永夢のゲーム病は治りゲーマドライバーの適合能力を失う。仮面ライダーには変身できなくなる。

 パラドを取りこんだ永夢がムテキゲーマーになってクロノス追い詰められたからなぁ。正宗はサキのデータをバグバイザーに取り込む。飛彩に対する強烈なしになってるよね。審判の時、恋人の運命かエグゼイドの運命か、どちらを選ぶと言い残して部屋から出ていく正宗。

 CRに収容されていた男性はサキの父親。ここで5年前のシーンに、そのころ大我がCRにいてサキを担当していた。雨の夜、レベル1のスナイプがグラファイトの一撃を食らって変身解除しちゃう。そして飛彩の目の前から消えていくサキ。

 グラファイトと決着を付けてやるとイラついてる大我。そこに緊急通報が入る。

 バグスターのカイデン。お寺の境内に幔幕みたいなのを張って床几に腰かけてるやん。その姿をスマホで写真撮ったりしてる野次馬が集まってきてる。バグスターがいるのにライドプレーヤーがいないっていうの珍しいやん。野次馬をかき分けて永夢がやってくる。

 大我のシーンで緊急通報が鳴ってたから、まずは大我から登場するのかと思ったら、永夢かよっと思ってもうたけどね。
 永夢が変身しようとしたら、パラドがやってきてお前の相手は俺だ、決着を付けるって言い出す。前回永夢の作戦に乗せられてむかついてたからなぁ。クロノス絶版にしてから永夢と決着付けるべきなんちゃうん。

 正宗の命によりお前を切除するとパラドの前に現れる飛彩。パラドは飛彩のレベルでは俺に勝てないと高を括ってる。
 でも飛彩はレベル100のタドルレガシーに変身。飛彩が強そうなんで、やる気が出てきたパラド。

 その間に、カイデンを倒すべくムテキゲーマーに変身した永夢。あっと言う間にカイデン倒しちゃう。初めてハイパームテキに変身した後パラドが抜けちゃったんでもうハイパームテキになれないのかと思ったら、そうでもないんやとちょっと肩すかしかな。

 タドルレガシーの決め技の力で地面に倒れたパラド。そこにニコが飛び出してきて最後は私がやるって言い出す。私がやると言うのなら、もう変身しとかなあかんよね。いくらタドルレガシーにやられてるとはいえパラドやしな。
 大我が遮ったんで、ニコと大我がもめてるのを見てしらけたパラドが消えちゃう。

 戦いが終了したんで、飛彩も永夢も変身解除。飛彩は戻って行く。カイデンが倒されたんでサキの父親はゲーム病が治る。サキの父親曰く、飛彩は5年間、月命日お参りしてたんやて、5年経ったのでこれ以上サキのことを背負う必要はないと。サキの父親の気持ちも分かるよね。

 一段落したところで、ポッピーと貴利矢がCRに戻ってくる。消滅した人たちのデータを復活できるかどうか、ゲームの中で調査していた。データはロックがかかっていて復元できる状態では無かった。正宗に手を打たれていた。黎斗によるとライダークロニクルのマスターガシャットを使って、全ての消滅者の命を管理しているんだろうなとのこと。
貴利矢は正宗の手下の振りをしてたから、管理からはずれて自由になれたって解釈したら良いのかな?

 正宗が持っているライダーガシャットが無いとサキを復活することができない。正宗のところに乗り込もうと考える永夢に貴利矢とポッピーも参加する。

 パラドはタドルレガシーにやられたのではなく、実力を試しただけって、確かにお手合わせ程度やったみたいやな。グラファイトも野放しにしておけば、あとあと面倒になるってやる気だしてるみたいやん。

 サキとの思い出の場所(と言っても楽しい思い出じゃなく、哀しい思い出の場所やんか、自分の心の傷を深めちゃってるやん)に座っている飛彩のところにパラドとグラファイトがやってくる。戦い始めたら、大我がグラファイトにお前の相手はおれだと言って登場。

 永夢たちは正宗からライダークロニクルのマスターガシャットを奪うべく戦ってる。貴利矢とポッピーが邪魔だとポーズしてもハイパームテキが動けるから、ベルトをキックしてポーズを解除しちゃってるやん。永夢に向かってタドルレガシーがパラドをやっつけたら変身できなくなるって手の内見せちゃってるし。

 大我とグラファイトの戦いはグラファイトが変身解除した大我を吹き飛ばすほどの衝撃を与える。その姿を見た飛彩は医者の本能でパラドとグラファイトを退散させて向かおうとするんやけど、永夢たちがやってきたので引きさがっていく。

 かなり重たいストーリーやったんやけど、ちょこちょこ諸田監督らしいくすぐりも入ってて、久々にずっこけ永夢も見られたし、さすがです。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.07

宇宙戦隊キュウレンジャー(7月1週目)

 Space.20 スティンガーvsスコルピオ

 スコルピオを倒すためにやってきたスティンガー。変身してない状態であれだけ戦えたら凄いけど、スコルピオに軽くあしらわれてるってところなんかな。
バランスはオリオン号に戻って、操縦を他の4人はスティンガーの元へ飛んで行く。

 スティンガーは自分の体にサソリの毒を注入する。さそり座系の一族に伝わる秘術アンタレス。自らを猛毒と化し戦闘能力を飛躍的に向上させる。
 ただしその代償は自らの命。だがスコルピオの強さには届かない。

 スティンガーの顔に黒い模様が入ったのはそのしるしなんや。物凄い戦闘能力アップしてたけど、柱のところまで追い詰められて腹部に膝蹴りが入って気絶しちゃう。
 スコルピオはキュウタマ2個が入った容器を拾い上げるんやけど、そこにラッキーたちが駆けつけて、銃撃で容器を撃ち落とす。床に落ちた容器がバラバラになってキュウタマも転がってる。

 キュウタマを拾い上げようとしたスコルピオ。1個はスコルピオが、そしてナーガのお蔭でもう1個はラッキーが拾う。でもスコルピオの怒りをかっちゃったからナーガはスコルピオの手にした槍で胸を刺されて倒れる。
 スコルピオはスティンガーを連れて退却する。いやぁ、チャンプにスティンガーにナーガがスコルピオによって傷つけられたり破壊されたりしちゃってる。

いくらメンバーの数が多い戦隊でも手薄に見えてくるやんか。

 オリオン号に戻ってきたキュウレンジャー。ナーガは傷はそれほど致命的でも無かったみたいやんか。コタロウ登場。すぐにスティンガーを助けに飛び出して行っちゃう。モライマーズの大艦隊は地球に到達し始めるし。
 スコルピオは地球人に向かってキュウレンジャーが地球に来たから破滅することになった、キュウレンジャーを恨めとか差し出せとか放送で流す。

 スティンガーが子供のころの話をしてたけど、スティンガーがいじめられた原因はスコルピオにあったんちゃうん、スコルピオの弟やからいじめられたとしか思えんな。だって結構大人やったやんか。いじめられてたスティンガーを助けて、いじめてた奴らをぼこぼこに殴りつけてたのがスコルピオやったし。
 スティンガーは俺の弱さが兄貴を狂わせたって言うてたけど、それは考え過ぎやと思うなぁ。

 スコルピオもおれは自分のために強さを手に入れた、お前の存在など初めから興味ないって言うてるやん。
 スティンガーに毒針を突き刺したスコルピオ。

 地球にやってきたら、地球人に石やペットボトルを投げつけられるキュウレンジャーたち、コタロウが俺地球人として恥ずかしいよって涙ぐむけど、やっぱり芝居がうまいよねぇ、感情の入れ方抜群やん。

 スコルピオとの待ち合わせ場所にやってきたキュウレンジャーたち。地球の爆発を止める気など初めから無いやろうから艫キュウタマは渡せないって言いきってるし。
 キュウレンジャーが変身したので空から手下をいっぱい振らせてくるし、司令・スパーダ・ハミィはリュウテイオーで巨大ロボ戦に回る。

 ラッキーとコタロウに操られてるスティンガーが殴りかかって登場。スティンガーのスタントされてる方、凄いやん。スーツ着てないんで動きやすいんやろうな。

 修理中のチャンプの目が光った。無事戻ってくるのも近そうやな。映画が始まる頃には戻ってくるやろか。

 スティンガーにコタロウをやっつけさせようとするスコルピオ。スティンガーが毒針攻撃をガンガンしかけてくるけど、コタロウは素早くすり抜けていく。
 コタロウにとって、スティンガーは兄貴的存在になってるんや。

 解毒剤を注入しようとしてるコタロウに殴りかかろうとしたスティンガーの手がコタロウのジャケットに当たったので、チャンプのキュウタマが飛び出してしまう。それを見たスティンガーはチャンプの記憶がよみがえり、暴れていたのがおさまる。その隙に解毒剤を注入することができたコタロウ。

 正気に戻ったスティンガーにユニフォームとセイザブラスター・キュウタマを差し出して一緒に戦おうと言うラッキー。この3人の様子を何もせずにじっと見てたスコルピオ。何を考えてるんやって思っちゃったやんか。
 3人で変身してスコルピオをに向かって行くところで次回へ。

 コタロウがスティンガーを助けようと奮闘するのが良かったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.01

仮面ライダーエグゼイド(6月4週目)

 第36話 完全無敵のGAMER!

 なかなか利用者が増えないんで、ネットCMを流し始めた幻夢コーポレーション。消滅者の命を取り戻す、それは全人類の希望とかって、めっちゃ煽ってるやん。仮面ライダークロニクルを全世界に展開するのは正宗の希望やのにね。

 黎斗、やっと新しいガシャット完成させたのか。

 クエスト開始まであと1時間37分、なんかめっちゃ中途半端な時間やんか。
 正宗のいるところにエグゼイド・ゾンビ・スナイプがやってくる。CMではクロノスを倒してヒーローになろうなんて煽ってるけど、プレーヤーを増やすことが正宗の目的であることを知っているエグゼイドたち。

 正宗は飛彩を呼び出すときタドルレガシーって言うてたよね。正宗によるタドルレガシーの解説。タドルレガシーとは勇者と魔王両方の力を手にした主人公が城に幽閉された姫を救うゲーム。飛彩の設定そのもののゲームやな。レベル100。

 飛彩がガシャットのスイッチを押すんやけど動いてくれない。正宗曰く、それは飛彩に迷いがあるから。貴利矢を呼び出し、3人で変身する正宗チーム。飛彩はタドルレガシーが動いてくれないんで、いつものギアデュアルのガシャット使ってたけど。

 エグゼイドはクロノスと戦ってるんやけど、黎斗の作ったガシャットを使おうとしてみるんやけど、使えない。そこで黎斗が自分で使うことに。クロノスがポーズボタンを押す。しかし黎斗は一瞬止まるんやけど、すぐに動きだしてポーズボタンを押してポーズ解除にしちゃう。

 ハイパー無敵はあらゆる攻撃が一切効かない主人公最強の武闘ゲーム。お前のポーズはもはや無意味だって高笑いしてたら、ハイパー無敵も終了しちゃってるやん。有効時間は10秒ほどかって正宗から馬鹿にされた上に、ポーズされちゃってガシャット抜かれて持って行っちゃってるし。

 攻撃されて地面に転がされたエグゼイド・ゾンビ・スナイプ。その間に正宗帰って行っちゃう。

 クエスト開始50分前。CRでハイパームテキガシャットを取られたと嘆いてる黎斗。大我に、ご丁寧にガシャットの解説してるから時間切れになったんだろうって言われちゃってるし。なぜ永夢が使えなかったのか、パラドをリプログラミングしたせいで天才ゲーマーエムの力を失ったからだって、それを先に言わんかいっ!!

 飛彩はタドルレガシーのガシャットを起動するためには覚悟が必要だと言われる。幽閉された姫を助けるため勇者と魔王の力を手に入れるためには心の迷いを消せという正宗。
 クエスト開始10分前、クロニクルを倒そうと人々が集まってきてる。プレーヤーは攻略不可能なクエストにバッドエンドを迎える。挑んでくるもの全員、正宗がゲームオーバーにさせてしまい、消滅した人々の命は正宗がバグスターのデータとして管理する。消滅した人々を復活させようと家族・友人・恋人たちが新たなプレーヤーとなって輪が広がる。
 貴利矢は報酬としてプロトガシャットを1個もらう。エグゼイドを倒したらハイパームテキガシャットをくれと正宗に言うたら、それは君の働き次第だって。

 永夢はパラドを呼び出して、クロノスの攻略法として永夢の持っているバグバイザーにパラドが入り、それを永夢が使ってパラドをクロノスのドライバーに潜入させる。そうしてパラドがクロノスを攻略すると提案する。

 クエストが開始される。ライドプレーヤーを止めに入る永夢。そこにレーザーターボがプレーヤーの邪魔をするなと現れる。エグゼイドに変身してレーザーターボと戦うけど倒されて変身解除しちゃう。トドメを刺すからとレーザーターボはクロノスからハイパームテキガシャットを受け取る。

 それを見て、永夢は自分の体にバグバイザーの中のパラドを注入して変身。なんとレーザーターボがエグゼイドにハイパームテキガシャットを渡しちゃったやんか。
 怒ったクロノスがレーザーターボを蹴とばしちゃう。変身解除した貴利矢。前回、永夢の耳元でささやいたのは俺の嘘に乗れ。永夢の解説によると、貴利矢は悪役を演じてたんやて。正宗が管理してるデータから復活した貴利矢やったけど、考え方は正宗の思い通りにならなかったってことは、正宗でも完全にデータ管理できてなかったってことになるよね。

 ハイパームテキガシャットをゲーマドライバーにセットしたとき、クロノスはポーズボタンを押すんやけど、ポーズすることなく金色に輝くムテキゲーマーに。10秒だけ我慢したら、ムテキゲーマーの力が無くなるのかと思ってたクロノス。残念なことにムテキゲーマーの力は10秒では消えなかった。

 ムテキゲーマーはクロノスに決め技ハイパークリティカルスパーキングという名のライダーキックを何発も受けて消えていく。

 変身解除した永夢の体の中からパラドが出てくる。永夢に乗せられたことでむかついてるパラド。永夢との決着が楽しみだと消えていく。
 ムテキゲーマーに変身するときはパラドに協力してもらわなければならないとなると、案外面倒くさいんちゃうん。

 CRに新たなメンバーとして貴利矢も加入。今まで悪役を演じていたのは正宗の持っているプロトガシャットを手に入れるため。報酬としてもらってたガシャット、かなり揃ってたよね。
 貴利矢を消滅させた黎斗がいるから、永夢やポッピーは大丈夫かなって心配顔。人数が増えていくと人間関係がややこしくなっていくよね。キュウレンジャーは最初から大人数の戦隊として始まってたけど、エグゼイドチームもだんだん人数が増えてきて、CRも狭くなっていくやん。私としてはちゃんと演技ができる貴利矢が戻ってきてくれたんで、嬉しいけど。

 怒り心頭に発してる正宗。飛彩にタドルレガシー・レベル100の力でエグゼイドを絶版にしろと命じる。でなければサキのデータを消去すると脅したところで次回へ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ