« 宇宙戦隊キュウレンジャー(9月4週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(10月1週目) »

2017.10.01

仮面ライダービルド(9月4週目)

 第4話 証言はゼロになる

 ナシアの地下アジトで目覚める戦兎。惣一マスターが倉庫で倒れてたから連れてきた、毒を盛られたらしいって言うてたけど、なぜ戦兎が倉庫で倒れてたの分かったんやろ。なんか怪しいよね。

 戦兎は倒れてる間に思い出したことがある、ファウストのアジトにパンドラボックスと同じ柄のパネルがあったこと。人間をスマッシュのような超人にするのは現代科学では不可能。だけどパンドラボックスまたはそれがあった火星の力だと考えれば合点がいく。 パンドラボックスの解明がファウストの存在を暴くことにつながる。戦兎はスカイウォールの惨劇の情報を集めて欲しいと美空にお願いする。

 ファウストの方では鍋島を再びスマッシュにしてしまう。蝙蝠男は二度目の投与は破壊力が違うと満足してるやん。究極の生命体を作ることは我々の目的の一つ、スマッシュの成分を注入した人間に再び人体実験をしたらどうなるか試さない手はないって考えてる。

 久しぶりに東都先端物質学研究所に出勤した戦兎は幻徳にあの日の映像を見せる。特殊な加工を施してパンドラボックスの光を取り除いた映像には、宇宙飛行士が箱を開けようとした瞬間、箱の側面に色が付いた。さらにそこから2枚のパネルが外れた。箱の形状はそのままだったので箱が2重構造になってたことを示してる。

 幻徳は2枚のパネルは存在しないって突っぱねようとするんやけど、戦兎はファウストに盗まれたのではと疑ってる。幻徳の部下・内海が戦兎の話をさえぎろうとしたけど、そんなことしたらかえって疑われるやん。

 幻徳の方から戦兎の話を肯定してくる。パネルが2枚盗まれたことが表ざたになったら大問題になる。戦兎は厳重な警備をファウストがどうやって抜けてきたのか疑問を呈する。
 幻徳は当時内通者がいたと言って、パンドラボックスを開けようとした宇宙飛行士の映像を見せる。ビルドの初回を見たとき、このパンドラボックスを開けようとした男のこと、私はガードマンやとばっかり思ってた(笑)。宇宙飛行士やったんや。

 西都に行った龍我と紗羽は宅配業者を装って鍋島の家族のところにやってくる。持ち込んだでかい箱に妻と娘を入れて団地の外に来たとき、捕獲部隊が襲って来る。何やっても筒抜けやんか。

 そこに紗羽が軽ワゴンでブロック塀を突き破ってきてくれる。さすがにドラマやからできることやなぁと思ったやん。
猛スピードで波止場までいくんやけど、車の上に爆弾の付いたロボットが張り付いてきたんで、車ごと猛スピードで海に向かって飛びこませるんやけど、船の上に龍我たちが飛び降りる。船は動いてて、車は海に突っ込んだところで爆発って、西部警察並みのアクションですなぁ。

 ナシアでは惣一マスターがバイトに行ってくるって出かけようとしてる。マスターがバイトに行かないといけないほど、お客さん来ないのか、それはちょっとやばいよね。

 戦兎は1年前に惣一マスターに拾われて、言われるがままにビルドになって戦ってきたけど、惣一マスターのこと何も知らないことが気になる。惣一マスターはなんか言い逃れして出かけちゃう。
 戦兎は以前マスターが宇宙飛行士やった映像を持ってる。
 美空がスマッシュの出現情報を持ってきたけど、知らせてきたのがブラッドスタークと言う名前。それでも出動するビルド。

 相手の力加減を見てコンボを決めるビルド、ゴリラとダイヤモンド。必死で戦うビルドとスマッシュの様子を遠く離れたところから観察して、もうそろそろかなって幹部スマッシュがロケット砲みたいなのを発射したらそれがスマッシュに当たり、スマッシュは人間サイズの3倍ぐらいの大きさに巨大化する。そこで組み合わせをウサギとガトリンに替える。

 戦ってるとどこからか声がして、そのスマッシュには新たなガスを注入した助かったとしても後遺症は残るだろうせいぜい奮闘してくれよだって、完全にビルドはスマッシュの戦闘能力をテストする相手にさせられてるやん。

 もう少しでビルドが最悪の事態にというところで、スマッシュの腰に剣がささる。あれなんでやろと思ったら、龍我が立ってるやん。

 次にビルドは鷹とガトリンになるんやけど、ガトリンって結構どのボトルでも相性がいいんやな。倒したスマッシュから成分を吸いだすと鍋島が倒れてた。

 ナシアのアジトで目を覚ました鍋島は完全に記憶喪失になっていた。家族のことも覚えていなかったんやけど、これから新しい思い出を作っていこうねという戦兎の言葉にほっこりさせられたな。

 でも鍋島はアジトの壁にかけてあったボトルを見て、これはファウストにもあったと言い出す。どこまでの記憶があってどっからの記憶が無いねん。
 ファウストの方では、蝙蝠男がなぜビルドをやっつけなかったんだって声をかけたのがブラッドスターク、ブラッドって言うくらいやから確かに赤かったな。スタークはゲームメーカーであらゆる角度から鑑みて最上の戦略を考える、全ては計画通りだって。

 ボトルを作れるのは美空だけのはずだったのではということで、ボトルをかけていた壁を壊したらパンドラボックスのパネルが1枚出てきた。ちょうどその時惣一マスターがのんびり帰ってきて、戦兎にマスターはファウストなのか問い詰められたところで、次回へ。

|

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(9月4週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(10月1週目) »

スーパーヒーロータイム2017」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10431/65858981

この記事へのトラックバック一覧です: 仮面ライダービルド(9月4週目):

« 宇宙戦隊キュウレンジャー(9月4週目) | トップページ | 宇宙戦隊キュウレンジャー(10月1週目) »