2017.09.17

仮面ライダービルド(9月2週目)

 第2話 無実のランナウェイ

 戦兎と龍我の漫才ナレーションで始まったビルド。こういうのは珍しいやんか。なかなかうまかったしね。

 オープニングテーマ、作詞作曲編曲が小室哲哉と浅倉大介で歌ってるのが女の子やから、ちょっと懐かしい感じがするぞよ。

 龍我をナシアに連れて帰った戦兎、惣一との話の中で、龍我も自分と同じようにモルモットにされかけた共通点があることを言う。
 でもどこでモルモットにされたのかアジトは覚えてないって。龍我がはめられた殺人事件を紐解いていけば蝙蝠男の組織にたどり着けるかもしれないと考える。
 龍我によると仕事をくれると言う科学者を紹介されたので、部屋を訪ねたらその科学者が死んでいて、そこに警察が現れた。
 ここで惣一マスターが、殺しの現場にそんなにタイミングよく警察が来るなんてでき過ぎと言う。

 その時フルボトルが一つできる、ゴリラだって。物理学者と言いながらフルボトル作るためには美空の能力が必要やんか。それって物理なん?って思っちゃうよね。そう言えば記憶喪失の戦兎、物理の知識は記憶喪失の前からあったのか無かったのか。

 話をしている最中、アジトに紗羽が入ってくる。惣一マスターアジトの扉を閉めるの忘れてた、そして戦兎が前夜変身解除したとき、ナシアのマッチを落としてた。今どき、あんなマッチを作ってる喫茶店って少なくなってるんちゃうん。
 紗羽に取材させてくれなかったら戦兎が仮面ライダーであることをばらすとかって言われちゃってるやん。

 スマッシュの目撃情報があったので出動したビルド。そこでビルド捕獲部隊に囲まれる。
 龍我はアジトで柱に後ろ手にして鎖につながれてるやん。元格闘家をどうやって鎖につないじゃったんやろ。

 ビルドの方は捕獲部隊を振り切って、物陰で戦兎に変身解除して、取り敢えず難を逃れる。
 研究所に何食わぬ顔で出ていったら、仮面ライダーが指名手配されたことが話題になってるやん。幻徳が政府を敵に回して逃げられると思うなよって、誰に聞かせるでもなく凄んでる。

 龍我は美空にスマッシュからの成分を浄化してフルボトルを作らせてる間に、美空のスマホを足で操作してかすみに連絡を入れるんやけど、その時かすみはモルモットにされかけてた。蝙蝠男がかすみに会わせてやると誘いをかける。

 幻徳が凄んでるところに、戦兎に美空から龍我が逃げ出したと電話が掛かってくる。私のスマホ持って行ったから、GPSで追ってという命令。またまた職場から呼び出されちゃってるやん。そんなことばかりしてたら、首になっちゃうやんか。

 龍我、バイクに乗ってるけど、免許とかどうなってるん、ナシアから一旦自分の家に戻ってバイクに乗って出たという解釈でええんかな。かすみのことを思い出してる龍我。凄いきれいな桜が散り始めてるやん、いったいいつごろ撮影してたんやろ。
 かすみの病気の治療にお金がかかるので八百長試合をしてしまい、それで格闘の世界から追放されてしまった。それでかすみに葛城と言う科学者が助手を探しているという話を聞いて、葛城の元を訪ねて行ったら亡くなっていて、そこに警察がなだれ込んだという。
 
 龍我のバイクが捕獲部隊のバイクに追いかけられ、廃工場に逃げ込む。捕獲部隊も後から入ってくるんやけど、ビルドのバイクもやってくる。廃工場の中でひと暴れし、工場の外に出て来たら30人ぐらいの捕獲部隊の人間が行進してる。
 なんとこの捕獲部隊の奴ら、ロボットやんか。それが組体操みたいに肩の上にどんどん乗っかって行くと巨大なロボになって、機関銃みたいなので攻撃してくる。
 慌てて建物の中に逃れて、新しいフルボトルを実験してみる。ゴリラとダイヤモンドのフルボトルはベストマッチってことで再変身。

これで巨大ロボを粉砕する。

 一段落したところでかすみについて聞く戦兎。でも戦兎を気絶させて、かすみのいるビルが見えるところまで来た龍我。
 ビルが爆破され瓦礫からスマッシュがやってくるんやけど、どうもかすみの可能性がある。
 後から追いかけてきた戦兎の前に現れる蝙蝠男、それを見てハリネズミとタンクのフルボトルで変身する。

 蝙蝠男に俺の体に何をしたって言うんやけど、いちいちモルモットの顔なんか覚えていないって。

 攻撃してくるスマッシュの成分を抜こうとするんやけど、体の弱い人間はガスを注入した時点で死に至る。スマッシュの成分を抜き取れば魂と共に肉体も消滅すると言う蝙蝠男。
 そんなこと聞かされたら、攻撃をためらっちゃうよね。でも攻撃しようとしたビルドからスマッシュを守ろうとして間に入る龍我。

 龍我が撃たれるやんって思ったら、自分を攻撃し始めるスマッシュ。スマッシュにされれば自我が無くなるはずなのに、龍我を傷つけまいとして自分を傷つけてる。その姿を見て、龍我はビルドに助からないのなら元の姿に戻してやってくれと頼む。

 スマッシュの成分を仮に抜き取られたかすみは鍋島という男に龍我を科学者の部屋に行かせたら格闘家に戻してやると言われたことを打ち明けて消えていく。スマッシュの成分を回収する戦兎。

 龍我を連れてアジトに戻ってきた戦兎はかすみから抜き取った成分でフルボトルを作る。それはドラゴンだったので龍我に渡す。

 紗羽が龍我を気絶させた男が鍋島だと分かったと教えてくれたところで次回へ。

 龍我ってただのおバカでは無く、恋人への思いを背負って生きていくんや。まだ2回目にして重たい話が出てきて、小さいお友達は置

いてけぼりな感じがしたな。エグゼイドやとデータ化された人間はいつか戻ってこられるかもしれないという小さな希望があったけど、ビルドは弱い人間がスマッシュにされてしまったら消えてしまう。
 今のところ、スマッシュにするには一人ずつやけど、後半になってきたら大量生産できるようになってるんちゃうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.13

宇宙戦隊キュウレンジャー(9月2週目)

 Space.29 オリオン座、最強の戦士
 
 壊れたオリオン号の中に入って行ったけど、誰も乗ってない。過去で何があったのか、ラッキーがみんなを助けて一緒に帰ってくることに、シシボイジャーに乗って時計キュウタマを使ってワープする。

 やってきたのは333年前。ふと気が付くとみんなが地面に倒れてるやん。
 そこにオリオン座の戦士・オライオンが現れる。こんな現れ方したら、みんなをやっつけたのかと思っちゃうよね。オライオンがラッキーに向かって武器を振り上げたんで、敵なのかと思ったら、ラッキーの後ろにデスワーム立ってるやん。

 司令達をオリオン号の中に収容する。オライオンに小僧扱いされてるラッキー。オライオンもドン・アルマゲを倒したと信じてるんや。でもツルギの口から未来がドン・アルマゲに支配されていることを聞かされる。

 なんとオリオン号を攻撃してきたのもドン・アルマゲって司令が言うてるし。オリオン号が不時着して外に出てきた司令達に、ドン・アルマゲが攻撃してきた。ツルギがドン・アルマゲを倒すのを失敗したって言う言葉を驚いた表情で聞くオライオン。さすが宍戸開さん

の演技力、隣で立ってるラッキーとは一味も二味も違ってるよな。

 外から爆発音が聞こえたので外に出てみると、ドン・アルマゲの3人の副将軍が立っている。現代とは様子が違ってる、アキャンバーのスカートが長いやん。333年前にミニスカートは無いもんな。副将軍たちも倒したはずってツルギは言うてるな。

 副将軍相手に戦い始めるけど、オライオンは変身しなくてもめっちゃ強い。ラッキーは変身したけど、オライオンにちょっと助けられたりしてるやんか。時間稼ぎができたんでオリオン号が出発したのを見計らって、オライオンとラッキーも退却する。

 作戦会議を始めるツルギ達。このまま宇宙全体がドン・アルマゲに支配されるんだったら、もう一度あの戦いの時に戻って、みんなで協力し合ってドン・アルマゲを倒そうという意見も出るんやけど、時計キュウタマは一度使うと消えてしまう。みんなが現代に戻るためのエネルギーを残しておかないといけない。

 それなら手負いのドン・アルマゲを今倒すのはどうかと言う話になるんやけど、こっちも手負いなのでこんな状況で勝てるほどドン・アルマゲは甘くないというオライオン。実際にドン・アルマゲと戦ったから言える言葉やな。
 ラッキーはオリオン座最強のオライオンもいるしって言うけど、こちらの戦力の回復を待つのが得策だと言い返されてまう。オライオンの言葉は説得力あるけど、ラッキーはみんなの戦力の回復を待ってたらドン・アルマゲも回復してしまう。そんなの待ってられないと出かけてしまう。

 オライオンがツルギと話しているときに、生まれたばかりの子供がいて、奥さんの故郷のしし座系に避難させているって言うてたやんか、それってひょっとしてラッキーはオライオンの子孫という伏線っぽいんだが。

 ラッキーがやるなら俺らもやるとツルギを始めキュウレンジャーのメンバーは戦うことを選択する。
 副将軍3人とインダベーたちを相手に戦い始めるラッキー、そしてキュウレンジャーたち。その戦いを陰から見てるオライオン。

 変身解除させられたラッキーへの攻撃を防いでくれたオライオン。ラッキーたちは再変身。
 
 テッチュウが巨大化したので、司令・スパーダ・ラプターでリュウテイオーに。

 アキャンバー相手に、ラッキーとオライオンが戦ってたけど、その時トランプのスペードみたいな光が輝いて、BGMも厳かな感じやったやんか。それについてツルギがひょっとしてあれはなんて、なんか知ってそうなことつぶやいてたやん。
 アキャンバーは倒される。

 リュウテイオーが押され気味になってきたので、ツルギがそっちに回ることに。ギガントホウオウが登場して、あっさりテッチュウも終了。

 ククルーガをキュウレンジャーが取り囲んだところで、ドン・アルマゲが邪魔してくる。みんなの力でドン・アルマゲに向かって攻撃したのでドン・アルマゲが消える。これでやったと思ったら…。

 黒い手が映って、空中に浮かんだ黒いシミみたいなのをはじくとそれがラッキーの腹部を貫通して後ろで爆発がおきる。そして倒れるラッキー。

 そこに本物で人間サイズのドン・アルマゲが登場したところで、次週へ。歩いてる姿見たら、全然手負いって感じしてへんやん。

 キュウレンジャーってベテラン俳優さんがレギュラーで出てへんやんか。なので宍戸開さんのベテランの味が際立った気がする。ウルトラマンで隊長やってはったから、ヒーロー物の気合いの入れ方掴んではるし、安心して見てられるよね。

 そう言えば、イカーゲンとマーダッコ出て来なかったけど、333年前にはまだいてなかったんやろか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.10

仮面ライダービルド(9月1週目)

 第1話 ベストマッチな奴ら

 先週までサブタイトルに必ず英語が入ってたこと思うと、楽ちんになったなぁ。

 10年前、我が国の有人探査機が初めて火星の着陸に成功。そこで謎のパンドラボックスを発見した。それが悪夢の始まりだった、と氷室の解説から始まったビルド。

 火星の何らかの文明が作っていたと思われるオブジェ・パンドラボックスを持ち帰り、それのお披露目をしていたら、ガードマンの振りをしていた男がそのボックスにかぶせてあったガラスのおおいを払いのけ、ボックスに触ったら謎の光が放出され、突如巨大な壁が出現した。
 その壁スカイウォールは国を3つに分けたっていうのを見てたら、ふと日本が第二次世界大戦で負けた後、連合国軍に分割されたかもしれないって話を思い出しちゃったよ。

 社会福祉の充実を図る北都。経済の復興を目指す西都。従来の平和主義を掲げる東都。互いに対立を深め、我が国はバラバラになった。

 パンドラボックスのお披露目式をあんな野外の露天でやっちゃうのもどうかしてるやろって思ったなぁ。宇宙からどんなものくっつけてきたのか分からへんし。

 今ではもう誰も触れないようにはしてるけど、それでも展示だけは続けてる。パンドラボックスのところに駆け寄って覗き窓から中を見て大興奮してる男が登場。こんな素材初めだって言うてたけど、あんな小さなのぞき窓から見ただけで、地球上には存在してない成分なんて分かるかぁ?ガードマンのお兄さんにこの成分は何ですかって聞いてたけど、ガードマンのお兄さんは知らんよね。
 それで近くに机を置いて座ってる人に聞いてたけど、怪しいんでガードマンのお兄さんに不審がられてるし。

 研究者の途中採用は無いかと聞いてきたんで、試しにテストを受けさせたら全問正解だったという。

 幻徳に話を聞きに来ていたジャーナリストの紗羽、ナンパされかかったのを断って帰ってきたんやけど、夜の帰り道、スマッシュに遭ってしまう。気絶しちゃって右手の指先の尖った爪で刺されそうになったところに仮面ライダーが現れる。ビルドは戦って倒したスマッシュから手に持ってる小瓶みたいなのに成分を吸い取ると人間が現れる。

 今回の主役は桐生戦兎。東都先端物質学研究所・研究員。全問正解したから、雇ってもらえたんや。
 
 怪人から吸い取った成分を美空の能力でビルドに使えるパワーアップアイテムにしてしまう装置を作った戦兎。
 
 この研究室はナシタっていう喫茶店の地下にあって、その出入り口は怪しまれないように冷蔵庫のドアになってる。
 喫茶店が登場するのは鎧武以来かぁ。

 戦兎は記憶喪失、思い出したのはガスマスクの科学者・人体実験・蝙蝠男。あの敵幹部みたいなのは蝙蝠男なんや。
その蝙蝠男を探すためにビルドをやってる。
 研究員やってるとはいえ、今日が初出勤なのか。遅刻しそうになってるんでスマホ風アイテムとフルボトルでバイクができちゃう。これも戦兎の発明品やって。

 その頃地下水路を走ってる龍我。ゴミの集積所みたいなところでシャツを拾って着てるところに追手がやってくる。

 場面は変わって、東都先端物質学研究所で仕事の内容について幻徳から説明を受けてる戦兎。まだ役名が慣れてないなぁ、幻徳と入力しようとして、幻と入れたら次に夢と勝手に手が動きそうになっちゃってる。

 戦兎の仕事はパンドラボックスの解析。この中には核より強大なエネルギー物質があると言われている。パンドラボックスの光を浴びた人間もおかしくなった。まるで好戦的な気質をむき出しにされたような。その結果、この強大なエネルギーを巡って対立し国が三つに分かれた。

 龍我が脱獄したニュースが流れてる。研究員を殺害していた。龍我に関してナシタの店長・惣一から連絡が入る。龍我にはスマッシュ反応がある。元格闘家、八百長試合で永久追放され、1年前科学者を殺害した容疑で懲役10年を食らった。センサーは反応してるけどスマッシュの目撃情報が無いので、まだスマッシュになる前かと思われる。

 龍我が盗んだバイクのGPS情報をハッキングしたから、その情報を送るということでバイクで追いかける戦兎。
 研究所に初出勤して、上司に全く無断で抜け出して龍我を追いかけるって、勤め人としてそれはあかんやろ(笑)。

 龍我を工場内で追い詰めたんやけど、元格闘家相手に、結構戦えてまう戦兎ってただの物理学者ではないよね。

 龍我は刑務所でスキンヘッドの看守が後ろから近づいてきて首に何かの薬液を注射され、気が付いたらガスマスクの男たちに囲まれて人体実験のモルモットにされかけてた。元格闘家なので暴れて実験用のケースから暴れて逃げ出すことができた。

 戦兎が蝙蝠男のことを知らないかと尋ねているときに、スマッシュが龍我を狙ってくる。

 人目のないところまで龍我を連れてきたスマッシュ、そこに戦兎がやってきて初変身。
 エグゼイドの時は、hitの文字とか邪魔するものがいっぱい出てきてアクションシーンが邪魔されてたけど、やっとちゃんと見られるようになって、私のニタニタが止まらない。決めポーズがおしゃれやし。フルボトルの内容物を撹拌するのに手動やけど、ストーリーが進んでくる半年後ぐらいには回してるのが間に合わなくなってくるんちゃうんと思ってまうな。

 ライダーキックは相手の背の高さとパワーに合わせて、計算された曲線が出てくるのか。

 ビルドが倒れてるスマッシュから成分を抜き取ると、龍我が人体実験されそうになったとき同じ部屋にいた囚人だったことを思い出す。でもその囚人は記憶が無い。
 その姿を見て、自分も記憶喪失で路地に雨に濡れながら座っていて、惣一に見つけてもらったことを思い出す戦兎。俺は誰だって言ってるところを見ると、桐生戦兎という名前も仮名なんかな?

 そんな話をしているところに、黒っぽい一群がやってくる。その車の中から出てきたのが幻徳。龍我をこっちに引き渡してもらおうって。

 バイクを出して、龍我を連れて逃げることにした戦兎。そりゃぁ後悔するやろな、就職先の上司に逆らったんやから(といってもまだ素性は知られてないけど)。
 龍我を捕まえようとしてるということはスマッシュと関係してるのか?って思っちゃうんやけど。

 おぉ初回からバイクのデッドヒート。スカイウォールの上を走って、そのあと壁を垂直に走り降りていく。戦兎は仮面ライダーやからできるのは当然としても追いかけてくるバイクもそれやっちゃうということは普通の人間ではないよな。

 戦兎は龍我を信じることにしたということで相棒になったんかな。

 久々に演技ができる主役を据えて始まった仮面ライダービルド。しょっぱなから話が複雑なんで、どう1年で展開させていくか面白そうやな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.08

宇宙戦隊キュウレンジャー(9月1週目)

 Space.28 怪盗BN団、解散…

 今週はナーガの話。

 ナーガを捜すために、バランスがろくろっ首みたいに首をびよーんと伸ばしてるし360°回転しちゃうんや。

 街でナーガが暴れてるとの連絡が入る。そこに駆けつけるラッキーたち5人。

 迎えに来たというバランスに向かって軽く攻撃してくるナーガ。そしてコンビ解消って言ってくる。ナーガが変身して攻撃してくるんで、ラッキーたちも変身して対抗するけど、ただ抑えるだけじゃナーガが元に戻るわけないよね。
 
 バランスが怪盗BN団のキャッチフレーズを言って、二人で仲良く活動してた頃のことを思い出させようとするけど、バカにしてるのかとナーガはバランスの太ももに武器で傷を負わせる。これはバランスにとって肉体的にも精神的にもこたえるやろな。

 ラッキーたちはアキャンバーからナーガを元に戻すにはどうすればよいでしょうと聞かれる。答えもアキャンバーが言うてたけど、すべてを忘れるぐらいの激しい痛みを与えれば良いって。それ聞いたとき、これは嘘ついてるなってすぐに思ったもんな。だいたい敵キャラは嘘つくのがお決まりやんか。
 でもそれを信じちゃうキュウレンジャー側。

 それなら俺がやってやるとガルが飛びかかっていくんやけど、倒れてるバランスがガルの足を掴んで、ダメだよなんでナーガと戦うんだよって止める。切ないよねぇ。

 ナーガの胸のへびの目が輝くと変身解除するぐらいの衝撃波がでるんやな。キュウレンジャー側は全員変身解除して倒れる。

 たぶんナーガを元に戻すにはあの目を眠らせるしかないような気がする。攻撃すると心臓に近いので危ないやんか。

 倒れこんでるキュウレンジャーたちにとどめを刺そうとするナーガ。そこにナーガにそっくりな女性が走ってきて、ナーガとアキャンバーの動きを止めてくれる、その隙に一旦シシボイジャーで退避する。

 へびつかい座の人間はみんな同じ顔してるからなぁ。名前はエキドナ、ナーガを抹殺しに来た。感情を持つそれは我が一族の危機だから。
 なんとエキドナがバランスの秘密を明かしちゃう。ナーガをそそのかして、外に連れ出しちゃったんや。

 その頃、オリオン号はタイムホールを抜けようとしてた。その衝撃で司令の腰痛治ってる。
 ドン・アルマゲと戦った最終決戦場。クエルボがツルギの盾になって死ぬ。そこでツルギが全精力を振るって、ドン・アルマゲを一刀両断してるやん。バカな、この私がって言って爆発炎上してる。そのあとオライオンがツルギを連れてその場を去っている。

 謎が深まったんで、オライオンに接触しようと進路を変更したところに、オリオン号が何者かに攻撃を受けたんで、緊急で地球に戻って行く。
 オライオン役が宍戸開さんやんか。ウルトラマンとスーパー戦隊にご出演。オライオンも変身するんかな?

 バランスとナーガの出会いについて、昔バランスがへびつかい座系でお宝を盗んで追いかけられてた時、たまたま道でナーガに出会う。出会った途端、俺は感情が欲しい、感情があれば平和になる、皆が笑って喜びあえる世の中にできるって話しかけてくるナーガ。それもちょっと変わってるよね。
 その言葉を聞いて、こいつを利用すれば逃げられると考えたバランスは僕について来れば君に感情を教えてあげるって騙しちゃう。

 だいたいナーガはすぐに人を信用しちゃうんや。バランスは自分がやってることはアキャンバーと変わらないって悔やんでたけど、ラッキーはバランスがナーガを連れだしてくれなかったら、ナーガと会えなかったって言ってくれてるやん。

 バランスはナーガを取り戻す決意を固める。そして街で暴れてるナーガのところに行く。

 ナーガが変身したので、ラッキーたちも変身する。そしてバランスがヘビツカイメタルと戦う。
 バランスはナーガの隙を突いて、地面に引き倒したナーガに向かって射手キュウタマを使って出した武器を首に付きつける。
 ナーガに撃てないのかと言われて、撃てるよ、君だけにいたい思いはさせないと空に向かって撃つ。
 すると空から光の矢がじゅうたん爆撃のように落ちてくる。自分を守ろうとうつぶせになったナーガを仰向けにして一緒にその爆撃を受けるバランス。
 あまりの衝撃に二人とも変身解除しちゃう。バランスもナーガも身体の自由が効かないぐらいの状態になっちゃったんやけど、ナーガは元に戻らないどころか、バランスに、この痛みを怒りに替えて必ずてめぇを葬るって言う。
 
 アキャンバーも嘘だってこと言うてるし、一度解放された感情は絶対元に戻らないって。

 アキャンバーの嘘のお蔭で、えらい目にあったのに、アキャンバーは手当てしてあげるってナーガを連れてどっかに消えちゃう。

 追いかけられたくないアキャンバーは巨大ダイカーン二人を置いていったんで、巨大化するために双子キュウタマを使ってハミィとガルを二人ずつにする。ハミィとガルが二人ずつなら、二人が乗るヴォイジャーも2つずつでてきたやん。

 コタロウにこんなこともできるんだって言うてもらってる。

 ちょっとキックを入れたぐらいで、すぐに爆弾でダイカーン木っ端みじんになっちゃった、約2分。

 今週はストーリーが長かったんで、巨大ロボ戦ないんちゃうんって思ってたら、2分間だけ無理矢理突っ込んだ感あったな。

 ナーガをどうするかの相談、元に戻らないというアキャンバーの言葉信じてるけど、それかて嘘かもしれへんよね。エキドナはナーガを抹殺してへびつかい座系の平和を守るって言うてるし。エキドナが感情を抑える方法を知ってるのかと思ってたんやけどな。

 バランスはナーガを必ず取り戻すって決意表明してくれて、ホッとしたところに衝撃波が。

 なんとオリオン号の救難信号、みんなが走りだす。あれだけぼろぼろに傷つけられてたバランスも何事もなかったように走ってるやん。
ラッキーたちが見たものはぼろぼろになったオリオン号。

 そしてオライオンと地面に倒れてる司令達。何があったんや…。今週は見ごたえあるストーリーやったなぁ。ナーガが元に戻るにはあと何話費やされるんやろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.03

仮面ライダーエグゼイド(8月4週目)

 最終話 終わりなきGAME

 正宗がバグは削除だと言い、クロノスに変身。
 永夢を除く4人が変身してクロノスと戦い始める。それを見てる永夢の哀し気な悔し気な表情を見てると、1年でこんな表情ができるようになったんやと成長度合いを感じたな。1年前って笑ってるか、転んで痛がってるかしか表情できなかったような記憶がある。

 4人がクロノスに翻弄されて変身解除、永夢は変身できずにそのままクロノスにぶつかっていったけど、全然無理やもんな。

 クロノスはポーズにしておいて君たちは絶版だと永夢に向かって剣を振り上げたとき、永夢が「語るな、お前が命を語るな」と目が赤く光って、クロノスのバグヴァイザ―を素手で殴るとそのままクロノスは後ろに飛んで行ってクロノスがでてくる時にいつも現れた時計を破壊しちゃう。
 ポーズが解除。永夢・飛彩・大我・貴利矢が変身。貴利矢はバイクになってたけど。永夢・飛彩・大我の目が光ってたやんか。これって最初で最後やん。
 バイクに乗ったエグゼイドがクロノスと戦ってる。
 あれっ黎斗どうしたんやろうと思ってたら、空中に現れた土管からゲンムの姿でライダーキックをクロノスにしてるし。

 クロノスがレベル2の永夢たちに苦戦してるのは、パラドが命をかけてクロノスの力を抑制したから。

 三浦大知の「EXCITE」がバックに流れる中、クロノスを攻撃しGAMECLEARするエグゼイド。

 変身解除して地面に倒れている正宗に向かって、あなたの処分は衛生省が下します、罪を償ってくださいと永夢は言うけど、審判を下すのは衛生省ではない、この私だ。君たちは命の管理者である私に盾つき、消滅者の命を復元する手段を放棄したのだ。自分たちこそが命の救世主だと自惚れ、消滅者の運命を壊した命の冒涜者だと吠えて、クロノスのガシャットを自分の胸に押し込むと、正宗は最後の審判は下されたと緑色の光となって消えていく。

 病院の屋上で日向審議官に報告する永夢。被害を最小限にとどめることができた、16年前ゲームが好きだった少年がりっぱになったなって感謝してくれる。
 日向はまだ残ってる微弱なバグスタウイルスに対抗して欲しいと考えてる、でも永夢にはやりたいことがあった。

 CRでは院長から新薬開発の予算がおりたんで、貴利矢に病理学の知識を生かしてほしいと仕事が与えられる。大我には特例としてゲーム病専門医としての活動が許可された。ニコはゲーム病ということで学校休んでたんや。無事学校に通うことができて友達と話してたけど、プロゲーマーとして一生遊んで暮らせるぐらい稼いだお金、株に突っ込んじゃったって。潰れて欲しくない会社って幻夢コーポレーション。

 衛生省での記者会見で消滅者の命が蘇っていないことについて語る永夢。永夢を後ろ姿で撮ってるんやけど、記者の後ろにいるカメラマンたちが来てるジャンパーの色が紫・赤・緑・黄・オレンジの鮮やかな色でなんか戦隊っぽく見えちゃったやん。

 記者会見の時、記者の皆さんは手帳とかにメモしてたけど、でも最近の記者会見って記者はパソコンに入力してて打ち込む音をマイクが結構拾ってたりするよね。そこらへんが昔ながらの演出になってたんちゃう。

 データが命と言えるんですかとの記者の問いに、たとえ今は治らない病気でも実験や研究・臨床を重ねていけば5年後10年後には治療法が見つかり根治する可能性はゼロではありません。未来への希望を捨てず患者と一緒に病と戦い続ける。それが僕たちドクターですって言いきる永夢。
 いやぁ、しっかりしたドクターになったよね。初めのころはベテラン看護師にあきれられてたのに。

 そして仮面ライダークロニクルのゲーム病と5年前のゼロデイで消滅した人々の名前を読み上げる永夢。それぞれ所縁のあった人たちが出てきたのが心温まる演出やったやん。

 幻夢コーポレーションの社長に小星が戻ってきてる。この辺から映画と繋がり始めてたけど、永夢が診察してたの女の人やったから、内科かな。でも映画は小児科の先生やったんであれ?って思ったんよね。そしたら映画ってここから1年後の話だったそうで。

 ポッピーが戻って来る。黎斗が自分の身体の中で培養してたって。ポッピーがいないとやっぱり寂しいもんね。
 パラドも永夢に感染してたからエグゼイドに変身できたし、そしてパラドも最後に戻ってくる。

 スピンオフVシネマのCMまでしっかり入ってるし。スピンオフVシネマの主役は黎斗ですか。なんだかスピンオフVシネマは3年後らしいんやけど、その時にはサキちゃん戻ってこられるんやろか?
 年末のエグゼイドVSビルドはどの時系列?って思ったけど、あんまりそこんところ突っ込んでも仕方ないかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.09.02

宇宙戦隊キュウレンジャー(8月4週目)

 Space.27 オリオン号でインダベーパニック!?

 タイムホール内を過去に向かってどんどん進んでるオリオン号。ツルギの計画だと過去に着いたらドン・アルマゲのところに向かうとのこと。
 オリオン号ブリッジのシーンで、4~5人しか映ってなかったら凄いスカスカに見えるよね。

 警報が鳴り始める、どうもオリオン号に侵入者がいるということでみんなで探すことに。
 侵入者はインダベー。ツルギに蹴とばされて倒れたインダベーの頭からマスクが取れたのでしゃべり始める。へぇぇぇ、ツルギも驚いてたけど、見てた私もそう言う設定やったんやと思ったやん。
 マスクをつけると言葉が制限されるって。インダベーの話によると、自分はあの時やられたインダベーだって。スパーダもあの時ってどの時の?って、当然やん。みんな同じマスクかぶってるんやから、区別付けへんよね。

 4人で逃げてきたというインダベー。でも今のところ3人しか見つかってない。スパーダとツルギが話を聞いてるインダベーによるとジャークマターによって作られた生命体インダ、マスクをかぶらされてインダベーとして働かされてる。残業ばかりで休みももらえずつらいので、仲間たちとこの船に助けを求めてきた。

 ツルギにどうやってこの船に入ったって聞かれて、BBQしてる隙を狙って入ったみたいやねんけど。BBQのシーンを撮ってる時にこっちの撮影もこっそり行われてたんや。

 さてここから、キュウレンジャーの復習が始まったやんか。前回の時計キュウタマの時が前半の振り返りやと思ってたんやけど、違ったんや。ラッキーの登場からやってるし。みんなが初登場したシーンがチラチラ出てくるけど、ちょっと初々しかったやん。

 司令もインダベーを見つけて追いかけてたら、うっかり腰痛再発させちゃってる。仲間になりたいって言うてきたインダベーに立ち上がる時手伝ってもらってるし。

 どうも女の子らしいインダベーがすばしっこく逃げるんで、スパーダがキュウタマを使ってインダベーを捕まえたんやけど、それに絡んでキュウタマの解説。
 キュウレンジャーに変身するときに使うのがチェンジキュウタマ、選ばれたものだけしか使えない。それ以外はスキルキュウタマと呼んでいて、いろんな種類がある。攻撃するときに使うもの、補助的な働きをするもの。
 取り敢えず、チェンジキュウタマとスキルキュウタマという名前が付いてるってことにびっくりしたもんね。

 集めてきたインダベーをどうするか相談していたら、赤い衣装を着たインダベーの映像が流れ始める。実はオリオン号を乗っ取るために忍び込んでいた。赤いインダベーはメインコンピュータ室にいてるって、それはヤバいやんか。
 赤いインダベーが話てるのに、全く無視してBBQの時のことでもめてるキュウレンジャー。インダベーに話聞けって怒られてるし。

 インダベーの使命は目的の時代につかないようにすること。で到着したところにいたのは恐竜。ドン・アルマゲが本当に倒されたかどうか確かめるんやったら、300年前に行かなあかんのに、恐竜がいる時代ってことは行き過ぎってことになるよね。

 インダベーに名乗り上げのポージングさせちゃってるやん。折角一人ずつポーズしても、キュウレンジャーみたいにきれいにかっこよくっていうわけにはいかないよね、究極のインダベー・ダーク戦隊ゴニンダベーって名前まで作ってるし。バックでドン・アルマゲが指

をならしたら5色の粉が破裂してゴニンダベー吹き飛ばされちゃってるし。多分ドン・アルマゲは何を意気がってんねん、下っ端のくせにって思ってるんやろな。

 いよいよ司令・スティンガー・チャンプ・スパーダ・ツルギの5人で名乗り上げってなったとき、司令は腰痛が出て倒れちゃってるし

。普段は変身した後にするポーズを本人たちが原っぱでやってるのって珍しかったよね。で、変身するまでもないということなのか、そのままインダベーたちと戦ってるし。
 でも最後、ツルギが変身してインダベーをまとめてやっつけちゃう。

 オリオン号に戻ってきた5人。無事目的の年に向かって飛行し始める。ドン・アルマゲの秘密が目的の年にあるはずとやる気満々のツルギやったよね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.29

仮面ライダーエグゼイド(8月2週目・3週目)

 高校野球の雨順延が2日あったので、エグゼイドも2週連続延期になってしまった。ということで今週は3本連続でエグゼイドを見なければならないという忙しさです。

 第43話 白衣のlicense

 黎斗、前回バグヴァイザ―に吸入されて衛生省に渡されたと思ったら、ちゃんと表には自由に出られないような牢獄風のところに入れられてるやん。

 永夢に出してもらおうと思って改心した振りしてみたけど、貴利矢には騙されるな言われるし、ポッピーには衛生省の許可がないと出られない言われるし。
 出してもらえないと分かったら、いつもの黎斗に戻ってるやん。

 突然貴利矢が苦しみだす。ゲムデウスのゲーム病が再発してしまう。貴利矢だけじゃなく、前回治ったはずの患者たちが再び苦しみだしていた。それで病院もパニック状態になってるやんか。

 大我によると、原因はクロノスがゲムデウスを取りこんだせい。そこに正宗登場。そして変身したらクロノスが金色になって、目が血走ってるみたいになってるやん。
 大我が変身して攻撃してみるけど、ポーズ使っちゃうからなぁ。苦戦してるところにエグゼイドとブレイブやってくる。でも全然歯が立たないし。

 正宗は真のラスボスに挑戦できる資格を持つのはと言ってニコを連れて行ってしまう。

 CRに戻ってきた永夢たち。大我が黎斗になぜニコが連れて行かれたのかと聞く。仮面ライダークロニクルのルール:すべてのガシャットロフィーを集めたライドプレーヤーはラスボスへの挑戦権を得る。

 ニコが連れて来られた場所って既視感があるよなぁ。鎧武でしょっちゅう使ってたからね。
 正宗の目的はクリア寸前のプレーヤーを抹殺して、ゲームを振り出しに戻すこと。ニコがいるゲームエリアに行けるのはクロノスに変身できる資格を手にしていない。
 ニコが生き延びるためには仮面ライダークロニクルを起動させ、あらゆるバグスターウイルスに耐え、クロノスとなって正宗を効力すること。

 大我はCRに保存されていた患者から回収したクロニクルのガシャットを使ってクロニクルの世界に入っていく。
 大我は変身しようとしていたニコを止めて、自分がクロニクルに変身する。
 なぜ大我が変身できたのか。それは5年前からバグスターウイルスの苦しみに耐え続けてきたから。何も分かってねぇようだなぁゲーマドライバーの適合者となってライダーガシャットを使い続ける真の意味をっていうシーンが流れたけど、これって何回目ぐらいに放映された分なんやろ、その意味が43話になってやっと明らかにされてるし。

 大我が全部一人で抱え込んで戦ってることでCRで何もできずにいることでイライラしてる永夢。黎斗が自分の神の才能ならゲームエリアにアクセスするチートゴードを開発するのに5分もかからないから衛生省に掛け合って解放してくれと言ってくる。チートゴードなんてゲーム用語が出てきたんやけど、全く見たことも聞いたこともない単語で5回ぐらい聞きなおして、パソコンで検索してやっと簡単な意味が分かったという。

 パラドとポッピーはどうすれば償えるかということを話し合ってる、これ以上犠牲者を出さずにクロニクルを終わらせること、命を救うために。

 大我はクロニクルに変身して戦ったけど、クロニクルの力を出し切れていないって当然やん、さっきクロニクルになったばっかりでどんな力がどれくらい出せるのかまで試してないんやから。正宗の方はクロニクルとゲムデウスの力が合わさってるからなぁ。
 だいたい正宗が10としたら、それでも大我は7くらいの力で戦ってたように見えたけど。

 変身解除させられた大我。大我がたとえ免許が無くたって俺はドクターでありたいんだと本音をかっこよく決めたところに、永夢と飛彩がやってきてる。
 そしてここからはチーム医療だと3人が変身して、ゲムデウス並びにクロノスの切除手術を開始する。

 ついこの回の前半までは正宗相手に3人で歯が立たなくて苦労してたのに、後半にあって圧倒し始める。正宗がなぜこの私が圧倒させられるって聞いたときの永夢の答えが俺たちが最強の医療チームだからだって、それって答えになってないような気がする。
 まぁだいたい正宗の戦い方がポーズを多用してるんで、慣れてきたとも言えるような。

 3人からの必殺技を受けて、ゲームエリアから現実に戻ってきた5人。永夢にクロノスもうゲームは終わりだって言われても、不敵に笑ってる正宗。君たちはラスボスを倒すことの意味が分かっていないと言うと、ゲムデウスウイルスに感染していた人々の頭が手下クラスのバグスターウイルスになって、次々と感染者を増やし始める。

 真のラスボスとは一度倒され最凶の進化を遂げる、それがゲームと言うものだと巨大怪物・超ゲムデウスになっちゃう。両手が竜で目だらけやん。

 仮面ライダーエグゼイド(8月3週目)

 第44話 最期のsmile

 街にバグスターウイルスの感染者が溢れ出している。
 正宗は、仮面ライダーの相手をさせるため4体のソルティ・アランブラ・カイデン・リボルダーを出して戦わせようとしてたけど、手下のバグスターの感染が増え始めているのを見たら、そっちの感染をどうにかしなければって医者やから思っちゃうよね。
 でも正宗は神の戦士となりし者を倒せば、その命は消滅するって言うから、バグスターウイルスの方に手を出すことができなくなっちゃうし。
 バグスターウイルスに邪魔されながらもなんとかソルティたちをやっつけたけど、もうバグスターウイルスだらけでごちゃごちゃしてるから、それも分かりにくくなっちゃってるやん。
 
 黎斗も懐かしき黒いエグゼイド・ゲンムの姿で登場。そしたらそこにビルドがやってくる。どうもエグゼイドの成分をもらいに来たらしい。なんかビルドの決めゼリフをちょこちょこ披露してくれてたやんか。
 ゲンムとちょっと戦って、うっかり倒したもんやからびっくりしてたけど、例のごとく黎斗の姿で復活したの見て、あっさりまちがえちゃったとかって。
 ビルドのアフレコ聞いてると、まあまあセリフとしてちゃんとしゃべれてるかな。こりゃやばいって感じはしなかったけどね。

 ハイパームテキがビルの陰から顔を出してバグスターウイルスをのぞき見し、どうすればいいのか悩んでるところ、完全に永夢やんか。ハイパームテキの姿で悩んでるなんてところ見られるのも珍しいよね。
 ゲムデウスワクチンを使えばって思いついたところにポッピーがやってきて、一人一人治していてもきりが無いよとガシャットを持ち去る。
 ビルの屋上にやってきたポッピーはこのガシャットを自分の身体に刺して、ゲムデウスワクチンをすべての患者の人に届けて、パンデミックを止めるという。そんなことをしたらポッピーは消えてしまう。これが前回からポッピーが考えていたこれ以上犠牲者を出さず、命を救うためのことやったんや。

 ポッピーはいつかこんな日が来るって考えていたのか。永夢のいつか一緒にドレミファビートをやろうっていう夢を果たしてないというセリフ、ちょっと泣かせるなぁ。そして命と笑顔を守るドクターになってと言って、金色の粉となって消えていったポッピーのお蔭で患者たちは元に戻る。

 そして永夢チームのメンバー一人一人にポッピーは言葉を残して行く時、黎斗にはみんなに迷惑かけちゃだめだよ、これからはプレーヤーを笑顔にするゲームを作ってと言ったあと黎斗の頬を触りながら微笑んでたけど、もう完全に母親目線になっちゃってるやん。元々黎斗のお母さんの姿を借りてるし、お母さんの記憶も共有してたから、お母さんっぽくなったんやろうな。

 正宗の前に飛彩・大我・貴利矢・黎斗が立っている。その前で再び超ゲムデウスに変身する正宗。
 永夢はポッピーの死を無駄にしないためクロニクルを終わらせる覚悟を決めて現場に向かう。

 飛彩達が超ゲムデウスに苦戦しているところにやってきた永夢はレベル1に変身する。患者からバグスターウイルスを分離できるのはレベル1だけ。そうやぁ、この番組が始まったころ、しょっちゅうレベル1が登場してきて切除手術やってたよな。

 永夢以外の4人もレベル1に変身して、戦い始めるんやけど、めっちゃ可愛いやん。見ててニタニタしちゃうよね。

 エグゼイドが超ゲムデウスの剣の形をした胴体で攻撃されそうになったところをパラドクスが防いで超ゲムデウスの動きを押さえてくれる。そこに5人揃ってライダーキックし、ゲムデウスと正宗の分離が成功。

 パラドはゲムデウスワクチンのガシャットを使ってたので、ゲムデウスを消滅させるとともに自分も消滅してしまう。

 こうなってもまだ運命は私に味方したようだと、ほんま前向きな男やなぁ正宗は。パーフェクトノックアウトは完全に消滅し、ハイパームテキは変身能力を失った。もはやクロノスを攻略するすべはない、君たちの運命はバッドエンドだと言って、クロノスのガシャットを構えたところで最終回へ。
 永夢チームの5人は打つ手無しみたいな顔してるやん。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.24

宇宙戦隊キュウレンジャー(8月3週目)

 Space.26 闇の戦士、ヘビツカイメタル
 
 キュウタマジンがモライマーズロボと巨大ロボ戦を戦ってるところから始まったんやけど、左足担当のナーガが悩んでるし、ツルギの命じたように動かせない。
 ツルギはキュウタマジンの合体を解除して、3体のロボで戦い始めるんやけど、ナーガはボイジャーからも離脱して地上にいてるやん。戦いに勝ったのを見て、自分は足手まといだと思ってしまうナーガ。

 その姿を見た副将軍のアキャンバーはナーガを利用しようとたくらみ始める。
 ジャークマター側のマーダッコにしてもアキャンバーにしても、よくよく見ると造形がお子様番組とは思えないほどセクハラに近いぐらい無駄に色っぽいよね。

 過去に戻ってからの作戦会議中、ナーガはこのチームに来てから感情を手に入れられていないとイライラして発言すると、司令が悩んでイライラする、これも立派な感情の一つだよって慰めてくれてるやん。

 バランスは時計キュウタマの組み込み作業でオリオン号をタイムマシンに改造中。バランスって元々お宝にしか興味が無いキャラやったのに、いつの間にかエンジニアキャラになってるやん。

 過去に行ってバランスを倒せばよいと言う訳ではなく、過去が変われば未来が変わってしまうので、まずはツルギが過去に本当にドン・アルマゲを倒せていたのかどうかを確かめることに。

 オリオン号をタイムマシンにするまでには時間がかかるので、その間みんなで何かすればと司令が言ってくれたんで、BBQをすることに。みんなは楽しく食事してるのに、みんなと一緒に笑うことができないと悩んでるナーガ。

 ハミィにバランスにくっ付き過ぎ、だからダメなの自分で考えてチャレンジしなさいと言われちゃう。

 この場所にアキャンバー登場。ダイカーン二人連れて、ブルゾンちえみっぽい動きしてる。以前、マーダッコにブルゾンちえみみたいな動きさせたら面白いんちゃうんってここで書いたことあったけど、アキャンバーのためにとってあったみたいやな。

 アキャンバーは人々を感情的にしてしまう。人々を避難させてラッキーたちは変身。
 アキャンバーの狙いはナーガなので、ナーガに近づいて行って、感情が眠っている、感情を解放してみないって誘いをかける。
感情を解放したかったら私のところに来れば、新しい自分を見つけられるって。

 その誘いに揺れ始めたナーガ。みんなもナーガの感情について話し合いを始める。ツルギによると元々へびつかい座系の一族は元々激しい感情を持っていたが感情も個性も捨てることで平和を保ってきた。過去には憎しみや怒りに任せて争いを続けていたらしい。
 ラッキーたちはアキャンバーがナーガを利用しようとしていると気づいてるやん。

 ナーガに直接忠告に行ったハミィ。アキャンバーのところに行こうとしているナーガを止めようとしたら、ハミィは自分で考えろと言ったと言い残して、走りだしてしまう。ハミィが言ったあの言葉がこんな形で言われるとは本人も思ってなかったから、かなりショックやろうな。

 ラッキーたちはナーガを捜す方と、感情を解放されて暴れている人々を落ち着かせる方に分かれる。

 アキャンバーによって感情を解放したナーガ。衣装も黒マント風でビジュアル系やん。セイザブラスターも変ってるし、変身したらヘビツカイメタルって言うてる。
 感情を取り戻すことを邪魔してくれたなってナーガが攻撃してきたので、変身するラッキーたち。
 ナーガを正気に戻そうと、目を覚ますんだって言うたら、俺は目が覚めたんだって言われてるやん。なかなか面白いセリフの掛け合いやんか。
 ナーガの胸にへびの目が現れて、それがピカッと光ってる。今まで眠ってた力までも解放されて、物凄いパワーで攻撃されるキュウレンジャーたち。ひょっとするとラッキーよりも強いかもやんか、キュウレンジャーの側としても攻めきることでけへんし。

 ひとまずアキャンバーと立ち去っちゃうナーガ。アキャンバーのお付きのダイカーンだけでも片付けんと気が済まないよね。

 オリオン号に戻ってきたキュウレンジャーたち。バランスもナーガの状態を聞き、過去に行かずにナーガを取り戻すと言う。ラッキーとハミィ、ガルとコタロウも残ることに。
 残りのメンバーは過去に向かう。宇宙空間に時計が現れて時刻を知らせる鐘の音も鳴るんやけど、ちょっと仮面ライダークロニクルにかぶってるよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.20

宇宙戦隊キュウレンジャー(8月2週目)

Space.25 惑星トキ!少年の決意

 ラプターとスパーダからの要請で惑星トキに向かっているキュウレンジャー。
 宇宙の時間を司ってる時計キュウタマを使えば、時間がさかのぼれるはずだと解説するツルギ。それを聞いてコタロウが時間を遡れるとができるなら死んじゃった人にも会えるということだよねと言い始める。
 そう言う話ができるのはスティンガーだよねぇ。ここでコタロウはお母さんが亡くなってることを打ち明ける。

 惑星トキが近づいてくる。その頃トキではテッチュウが大暴れ中。それをラプターとスパーダがなんとか食い止めてた。
 そこにキュウレンジャーが全員で助けに来る。全員集まったところでテッチュウは消えちゃう。

 ここで時計キュウタマの手に入れ方の方法についてのレクチャーをラプターが始める。
 惑星トキは文字通り時計のような形をしていて、文字盤の数字に当たる場所にぜんまいが12個ある。そのぜんまいを30分以内に全部巻かないといけない。それ以上時間がかかると全部やり直し。ラプターとスパーダ2人では何度やっても駄目だった。

 ちょうどツルギを入れて、全部で12人。時計の文字盤に12個の数字があるのとうまく合わせられたよね、というかこのストーリーはキュウレンジャーでないとできないし。
 そして亡くなったお母さんが出てくるというストーリーもお盆の季節に合わせてあるやん。

 キュウレンジャーたちが数字の場所にあるぜんまいのところに行くと、それぞれ因縁のあった倒したはずのジャークマターのダイカーンとかが現れる。
 ラッキーの前に現れたのはダイカーンやったけど、スティンガーのところにはスコルピオ、ハミィのところにはゴネーシ、スパーダのところにはマーダッコ、ツルギのところにはクエルボ。

 ツルギによるとおそらくさっきの爆発でこの星の時間が歪んだ。目の前にいるのはそのせいで実体化した記憶の一部でそれを乗り越えない限りぜんまいをまくことはできない。
 私はてっきりテッチュウが仕掛けてきたのかと思ってたよ。記憶が実体化するって、今回がちょうど25話で半分ぐらいまで来たから前半の回顧みたいな感じもあるかな。

 ツルギの話を聞いて、ラッキー・スティンガー・ハミィはあっさり目の前の敵を片付けてぜんまいを巻く。

 スパーダの相手マーダッコはしつこいやんか。倒されても倒されても復活してくる。それも記憶の一部やから仕方ないけど。
 テッチュウがマーダッコの足の切れ端持ってたから、記憶のマーダッコ以外にも登場しちゃってるし。

 司令が向かったぜんまいのところにはビッグベア総司令がいた。司令は若かりし頃のスタイルに戻ってるし。

 ガルの前には女装したガル、キック一発で終了しちゃったやん。バランスの前に現れたのはナーガで戦うこと無くぜんまい巻いちゃってるし。
 チャンプの前にはアントン博士。博士に近寄ろうとしたらジャークマターが2人。アントン博士は攻撃力ないもんね。
 チャンプが攻撃されそうになった時、スティンガーが来て助けてくれる。

 ナーガのところには誰も出て来なかった。俺に心は無いということかって言うてたけど、ナーガの元に来たバランス、ちょっと気まずいよねぇ。
 マーダッコ相手に苦戦してたスパーダのところにラッキー・ガル・ハミィが手伝いに来てくれる。歌劇調のマーダッコに、さっきテッチュウが出した新しいマーダッコも登場。
 新しいマーダッコ、ハミィに萌えてるオタクってことかな。ハミィの写真を貼りつけた自作のうちわ持ってるし。

 コタロウの前に現れたのは亡くなったお母さん。コタロウがぜんまいを巻きかけると、お母さんが薄くなっていく。

 司令はビッグベア総司令と酒を酌み交わしながら談笑してるやん。それを見たナーガが落ち込んでるんで、司令に早くぜんまいを巻いてくれと頼むチャンプ。
 ぜんまいを巻くと消えていく総司令、それを敬礼で見送る司令。軍人らしいなぁ。
 ラプターはキュウレンジャーの男性4人からプロポーズして困ってる。
 スパーダのところはハミィにあとから出てきたマーダッコが引っ付いてきて困ってる。

 ぜんまいを巻くとお母さんが消えることが分かってどうしようか悩んでるコタロウの前にテッチュウ登場。弱いところをついてきたなぁ。そこにスティンガーとチャンプが駆けつけ、ツルギもやってくる。

 スティンガー・チャンプ・ツルギの3人相手では不利だと思ったのか、テッチュウどこかへ消えてしまう。ぜんまいを巻かずにテッチュウの後を追いかけようとするコタロウ。コタロウを心配する母。コタロウの芝居、堪能できるやんか。

 スパーダの方は、ぜんまいの前に立ちふさがってたマーダッコは消せたけど、ハミィに萌えてるマーダッコの方は相変わらず抱き着いてきたりしてうざい。なんとラプターは4人からのプロポーズを断ってぜんまい巻いてきたみたいやな。
 5人のキュウレンジャーに囲まれたマーダッコは多勢に無勢逃げるでござるとドロンしちゃう。

 それにしてもスパーダのところでこんなに時間を取られるとは誰も思わんかったやろな。

 テッチュウを追いかける振りをして、お母さんのところから一度離れたんや、コタロウは。ぜんまいを巻くとお母さんが消えてしまう

、どうすればいいのか、ツルギに聞いてみるけど、ツルギはそれはお前しか決められないって答える。

 なかなか大人の会話やん。コタロウはツルギの言葉で決心したやんか。平和な世の中やったらお母さんは病院に行って助かったかもしれない、なのでジャークマターを倒して平和な世の中にするって。

 コタロウとツルギの前にテッチュウが現れる。マーダッコを追いかけてラッキーたちが、司令・ナーガ・バランスもやってきて、スティンガーとチャンプはお母さんと共に現れる。
 コタロウはお母さんに宇宙を守る俺の戦いを見ててと言って、ラッキーとガルの間で変身。真ん中とは言えないけどラッキーの隣って良い場所やん。

 まずは6人がかりでマーダッコ片付けちゃう。そして全員でテッチュウの周りを囲んで攻撃しかなりのダメージを与える。
 テッチュウ、巨大化。こっちはキュウタマジンで対抗。
 戦う場所は月の表面みたいなところになってるやん。そこでテッチュウを倒す。

 ぜんまいのある場所に全員で戻ってくる。そこでお母さんからみんなにコタロウのことをよろしくお願いしますと頼まれる。コタロウは覚悟を持ってぜんまいを巻く。そして巻き終わった時、消えていく母に向かって絶対に宇宙を救うからと誓う。

 こうして時計キュウタマを手に入れ、ツルギは過去に行って真実をこの目で確かめるという。

 ドン・アルマゲは二人のフクショーグンにキュウレンジャーを倒すことを命じたところで次回へ。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.13

仮面ライダーエグゼイド(8月1週目)

 第42話 God降臨!

 街中で人々が倒れ、病院に次々とやってくるが病室に空きが無く、ロビーにまで具合が悪くなった人々で溢れている。

 なぜこんなことになったのか、衛生省でも掴んで無くて、明日那に問い合わせてくる。患者からゲムデウスウイルスが検出されていた。
原因は仮面ライダークロニクルのラスボスの誕生。ゲムデウスが自らウイルスをまき散らすなんてプログラムを作った覚えはないって言い張る黎斗。

 正宗の仕業、感染者を増やして人間の命をデータ収集し私こそが世界のルールになるって一人で吠えてるやんか。

 ゲムデウスのところにハイパームテキなエグゼイドとパラドがこれが最後の戦いだとやってくる。ゲムデウスの中には色々なバグスターウイルスが集約されていてアランブラの魔法を使ったり、カイデンの剣裁きを見せたりしてくる。

 CRにいた貴利矢と黎斗。貴利矢はポッピーが持っていたゲムデウスウイルス入りのバグヴァイザ―を手に、二度と悲劇を繰り返さないためにできることが見つかったと変身する。そして戦う場所を地下駐車場みたいなところに移す。

 貴利矢は黎斗に向かってゲムデウスウイルスを発射する。黎斗もゾンビに変身して戦い開始。ゾンビになってからもゲムデウスウイルスを発射させてるやん。黎斗も貴利矢に抱き着いて肩にせおったりすることで貴利矢にもゲムデウスウイルスを感染させてる。

 貴利矢はゾンビのゲーマドライバーのガシャットを自分が持ってるのと入れ替える。そしてグラファイトがゲムデウスウイルスに順応しているのを見て確信する。バグスターの身体こそがゲムデウスウイルスの抗体を作るための実験体になることを。ゲムデウスウイルスに順応し生き残った方がゲムデウスを制する。

 感染させながら戦い続けたゾンビはとうとうゲムデウスウイルスを克服する。そして貴利矢も。そこで黎斗にドクターマイティダブルXガシャットを作らせ、完成したところで貴利矢は黎斗をバグヴァイザ―に吸い込んじゃう。それを衛生省の係官に引き渡してまう。

 ずーーーっとゲムデウスと戦い続けてたハイパームテキに先ほどのガシャットを届けに来た貴利矢。貴利矢が乗ってきたバイクって仮面ライダーレーザーのレベル2やん。どうやったら乗れるん?同じデザインのバイク特注したんか?って思うよねぇ。

 貴利矢から受け取ったガシャットをガシャコンキースラッシャーにセットしてゲムデウスを斬りつけたら、ゲムデウスの体内に抗体が入ってゲムデウスウイルスがどんどん抗体に取りこまれていく。
 なんとゲムデウスウイルスに感染した人間も病気が治ってきてるやん。(早っ!!)

 ゲムデウスのステータスが弱ってるのを見て、ゲムデウスだけは断じて攻略されてはならないと吠えてる正宗。

 弱ってきたゲムデウスに超強力プレーで攻略してやるぜと向かって行くハイパームテキとパラドクス。でもかなり弱ったところまで追い詰めたのに、クロニクルが間に割って入ってくる。
 仮面ライダークロニクルは終わらせないと言って、決め技を回し蹴りでゲムデウスに食らわせて爆破してしまう。さすがラスボス扱いのゲムデウスやから火炎の大きさが通常の2倍はあるな。それも山の中では無くて、工場の隣の空き地みたいなところでやっちゃってるし。

 GAMECLEARとなった時まだ燃えてる火に向かってバグヴァイザ―を向けゲムデウスウイルスを集め、それを自分の身体に注入しちゃった正宗。
 自らバグスターになってしまう。

 クロノスとゲムデウスの両方の力を手に入れた私こそが仮面ライダークロニクルの運命にして真のラスボスと言って消えていっちゃったよ。

 一段落して、貴利矢はCRの正式のメンバーとして参加する許可が日向から降りる。

 黎斗、ゲームの世界で牢屋に入れられてるやん。そして檀黎斗神って名前も替えちゃってるし。サブタイトルのGod降臨って黎斗のことじゃぁないよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧